Create issue ticket

考えれる10県の原因 卵子と寄生虫 陽性大便

  • 回虫症

    犬の回虫症 原因 犬回虫もしくは犬小回虫の感染によって病気が起こります。どちらも寄生虫もヒトに感染することがあります。 犬回虫 犬回虫は次の経路で感染します。 ① 犬回虫の成熟した虫卵を食べる。 ② 犬回虫に感染した小動物(ネズミなど)を食べる。 ③ 胎盤感染によって母犬から子犬に感染する。 ④ 乳汁感染によって母犬から子犬に感染する。 感染した犬回虫の幼虫は以下のように体の中を移動していきます。 生後5週齢以下:小腸で孵化(卵からかえる) 腸壁に侵入 肝臓 心臓 肺 気管 咽頭(のど) 食道 胃 小腸(成虫) 生後5週齢以上:小腸で孵化(卵からかえる) 腸壁に侵入 肝臓 心臓[…][noah-vet.co.jp]

  • ジアルジア症

    ジアルジア症 (ジアルジアしょう、 giardiasis )とは 鞭毛虫 である ランブル鞭毛虫 ( Giardia lamblia ) を原因とする 寄生虫病 である。食品や水に含まれる シスト を摂取することにより感染する。 人獣共通感染症 であり、ランブル鞭毛虫はヒトを含む多くの 哺乳類 の 消化管 で増殖する [1] 。ヒトでの一般的な症状は下痢性 胃腸炎 である。日本では 感染症法 施行規則により五類感染症(全数把握疾患)に指定されており、診断した医師には届け出が義務づけられている。 本稿では、主にヒトの感染症について記述する。 特徴 [ 編集 ] ジアルジア症はひどい 下痢 と腹部の[…][ja.wikipedia.org]

  • アメーバ赤痢

    下痢や血便などの症状を伴う赤痢は、衛生が行き届いていない途上国の病気という印象だが、過去10年間に、国内では「アメーバ赤痢」という恐ろしげな響きの名前を持つ赤痢患者の報告数が増加傾向にある。 従来、赤痢と呼ばれていた病気は、「細菌性」と「アメーバ性」に分けられている。細菌性は疫痢とも呼ばれ、1960年代までは日本でも子供に多く見られ、重症化すると高い割合で死亡すると恐れられたが、現代ではほとんどみられなくなっている。[…][hazardlab.jp]

  • 日本住血吸虫症

    概要 日本住血吸虫症とは、寄生虫の一種である日本住血吸虫に感染することで引き起こされる病気です。成虫が静脈内に感染することで発症する病気を包括的に「住血吸虫症」と呼びますが、日本住血吸虫症はそのなかのひとつです。住血吸虫症には、いくつものタイプが知られており、それぞれ流行地域が異なります。 日本住血吸虫症を発症すると、肝硬変を主体とした障害を引き起こし、最悪の場合、亡くなることもあります。そのため早期診断と早期治療が重要です。日本住血吸虫は、宮入貝と呼ばれる巻貝の中に生息していますが、宮入貝への対策が取られて以降、日本における新規発症例はほとんどありません。[…][medicalnote.jp]

  • シクロスポラ症

    サイクロスポラ症はサイクロスポラ(特にCyclospora cayetenensis)による原虫感染症である。ヒトの糞便や、それに汚染された飲食物を介して伝染する。旅行者下痢症の1つであるが、北アメリカ大陸では汚染された果実や野菜が輸入消費されることによるアウトブレイクが度々発生している。サイクロスポラは種によってモグラやサルに感染するが、ここではヒトの感染症について扱う。 サイクロスポラはアピコンプレックス門に属する単細胞生物である。ヒトにサイクロスポラ症を引き起こすのはCyclospora[…][ja.wikipedia.org]

  • 鉤虫感染症

    鉤虫(こうちゅう)感染症は腸の感染症で、かゆみを伴う発疹や呼吸と胃腸の障害がみられ、最終的に慢性失血による鉄欠乏性貧血が引き起こされます。 土の中にいる鉤虫の幼虫は、人間の皮膚を突き破って侵入することができるため、はだしで歩いているときに感染することがあります。 まず、幼虫が侵入した部分の皮膚にかゆみを伴う発疹が現れ、その後に発熱、せき、喘鳴(ぜんめい)、もしくは腹痛、食欲減退、下痢が起こります。 重度の感染症では失血と貧血が起こり、それがときに重症化して疲労を引き起こすことや、心不全や広範囲の腫れを引き起こすことがあります。[…][msdmanuals.com]

  • 無鉤条虫感染症
  • 肝蛭症

    肝蛭症 (かんてつしょう、fascioliasis)とは 寄生虫病 であり、 人獣共通感染症 の一つ。 目次 1 原因 2 疫学 3 症状 4 診断 5 治療 6 予防 7 関連項目 8 参考文献 原因 [ 編集 ] Fasciola hepatica 成虫 肝蛭 ( Fasciola hepatica )、 巨大肝蛭 ( Fasciola gigantica )の感染を原因とする。日本では日本産肝蛭( Fasciola sp.)が分布する。肝蛭とは厳密には Fasciola hepatica を指すが、前記の3つを合わせた用語として用いられる事が多い。 中間宿主 は ヒメモノアラガイ あるいは[…][ja.wikipedia.org]

  • 有鉤条虫感染症

    I. 原虫病 II. 蠕虫病 平成14年2月 目次 1. 蠕虫症とは a. 蠕虫とは b. 蠕虫症とは c. 蠕虫感染における免疫と感染予防 d. 人獣共通寄生虫症 2.蠕虫症(おもな蠕虫症の各論) a.アニサキス症 b.イヌ回虫症 c.住血吸虫症 d.日本海裂頭条虫症 e.エキノコックス症 1. 蠕虫症とは 目次に戻る a. 蠕虫とは: 原虫の1個は血球より小さいぐらいのサイズですが、人に感染しますと、分裂によって、無数に増殖して、細胞を破壊したり、有害物質を出したりして、宿主に病害を与えます。[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • バランチジウム症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 大腸バランチジウムの栄養体 糞便試料上の大腸バランチジウム。繊毛に囲まれている。 バランチジウム症 (ばらんちじうむしょう、英:balantidiosis)とは 繊毛虫 の一種である 大腸バランチジウム ( Balantidium coli )寄生を原因とする寄生虫病。大腸バランチジウムは ブタ 、 ヒト 、 サル 、 イヌ 、 齧歯類 に寄生する。寄生は シスト の経口摂取により成立し、腸管上部で脱シストして 栄養体 となり、大腸内で分裂増殖する。成豚では 不顕性感染 が多く、幼豚では 下痢 、 赤痢[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状