Create issue ticket

考えれる177県の原因 単麻痺

  • 末梢神経障害

    手根管症候群、肘部管症候群、撓骨神経麻痺 腓骨神経麻痺、足根管症候群 帯状疱疹など 多発神経障害 血管炎、膠原病関連疾患 サルコイドーシスなど 多発神経障害 糖尿病、尿毒症、ビタミン欠乏、アルコール多飲 ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎 Charcot-Marie-Tooth病 家族性アミロイドポリニューロパチー、アミロイドーシス[neurology-jp.org] 整形外科では、主に「末梢神経障害」の治療が行われます。 主な末梢神経障害には、「橈骨(とうこつ)神経麻痺」「正中(せいちゅう)神経麻痺」「尺骨(しゃっこつ)神経麻痺」「腓骨(ひこつ)神経麻痺」などがあります。今回はこの4つについて、それぞれ解説します。[saiseikai.or.jp] 糖尿病性ニューロパチー ニューロパチーがおこる。脳神経領域で瞳孔回避を伴う動眼神経麻痺などが有名である。 甲状腺機能低下症 [ 編集 ] 甲状腺機能低下症では近位部のミオパチーとよく関連するがニューロパチーをきたす場合もある。典型的には手根管症候群の症状を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 前大脳動脈梗塞

    半身知覚麻痺 ・脳葉型出血(左右大脳半球のどちらが出血するかにより症状が異なる):言語障害、失認症、麻痺(四肢の1つの麻痺) ・橋出血:縮瞳、急激な昏睡、バビンスキー反射(足底の刺激で指がそる) ・小脳出血:めまい、歩行障害。非病巣側への共同偏視(両眼が非病巣側に向く) 診断 CT写真で高吸収域(HDA、白っぽく見える部分)を認める。[www-yaku.meijo-u.ac.jp] (1)小児例は大脳の虚血による神経症状を初発とするものが多く、意識障害、脱力発作(四肢麻痺、片麻痺麻痺)、感覚異常、不随意運動、けいれん、頭痛などが生じる。虚血発作は過呼吸(啼泣など)で誘発され、反復発作的に出現し、時には病側の左右が交代することもある。症状は、その後継続して生じる場合と、停止する場合がある。[nanbyou.or.jp] 皮質枝領域の梗塞ではその動脈が支配している皮質が運動機能を担っていれば、その機能範囲の麻痺を生じます。中心枝領域の梗塞で随意運動の神経線維(錐体路)の束が走っている内包部分に障害が波及すれば一側の片麻痺を起こします。左右の錐体路は延髄でその多くの神経線維が交叉をします。そのため大脳の病変側と症状が出る側が逆になります。[jsnp.jp]

  • 一過性脳虚血発作

    内頚動脈領域症状…麻痺ないし片麻痺、感覚異常、構語障害、失語 椎骨脳底動脈領域症状…めまい、同名半盲、運動失調、半身ないし両側の筋力低下・感覚障害、構語障害これを分かりやすい言葉で表現すると、片目が見えなくなったり、ものが二重に見えたり、転倒しやすくなったり、顔や手足がしびれたり、急に言葉が不自由になる(ろれつがまわらない、言葉がでなくなる[ja.wikipedia.org]

  • 片頭痛

    片頭痛の症状については 『頭痛の分類:片頭痛』 にあるとおりですが、診断基準を十分に満たす患者さんばかりではありません。典型的な「頭の片側でズキンズキンと痛む拍動性頭痛」であるとは限らないのです。緊張型頭痛に多いと考えられていた随伴症状の一つ、肩凝りを有する片頭痛患者は、実に75%にのぼるとの報告があり、肩凝り 緊張型頭痛と安易に決め付けることはできません。また、片側だけでなく両側性の頭痛が40%、非拍動性が50%、ストレスによる誘発(緊張型頭痛に多いとされる)が72%もあるといいます。診断の際には、丁寧な問診が必須となります。[…][eisai.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    多発性硬化症(MS)を有する人々の推定85%が最初に再発寛解型MS(RRMS)と診断されている。これらの人々の大部分は、最終的に二次進行型MS(SPMS)を発症します。これはより安定した症状と障害の進行およびより少ないまたは全く再発しないことを特徴とします。 疾患修飾治療が広く利用可能になる前は、RRMS患者の約90%が25年以内にSPMSを発症し、10年以内に約半分を発症しました。疾患修飾療法がMSの進行にどのような影響を与えるかは現在不明であるが、この割合がより低いこと、そしてSPMSの開発がより遅いことを仮定している(そして望んでいる)。 誰が危険にさらされている[…][ja.diphealth.com]

  • 横断性脊髄炎

    3.症状 MSの全経過中にみられる主たる症状は、視力障害、複視、小脳失調、四肢の麻痺麻痺、対麻痺、片麻痺)、感覚障害、膀胱直腸障害、歩行障害、有痛性強直性痙攣等であり、病変部位によって異なる。この他、MSに特徴的な症状としてUhthoff(ウートフ)徴候がある。[nanbyou.or.jp] 6日目に発熱、10日目に 神経症状(上行性麻痺)が出現し、脳脊髄液の核細胞上昇(112/mm3)、蛋白増加が認められた。外傷部皮膚には水疱も生じた。17日目に痙攣・昏睡 状態となり、呼吸不全(呼吸筋麻痺)にて死亡した。剖検時、神経系組織には急性横断性脊髄炎と、前頭葉、橋、延髄にも炎症性変化が認められた。 表.[niid.go.jp]

  • 麻痺

    また運動麻痺の症候と大脳皮質の関連は下記のようにまとめることができる。 麻痺上肢、下肢の中の一肢の運動麻痺麻痺という。麻痺は末梢神経系の病変でしばしばみられる(神経叢病変、末梢神経病変)。その一方で大脳皮質病変でも麻痺を呈することがある。その分布形式が一見末梢神経麻痺の分布に似ることから偽性末梢神経型麻痺とよばれる。[ja.wikipedia.org] また運動麻痺の症候と大脳皮質の関連は下記のようにまとめることができる。 麻痺 上肢、下肢の中の一肢の運動麻痺麻痺 という。麻痺は 末梢神経 系の病変でしばしばみられる(神経叢病変、末梢神経病変)。その一方で大脳皮質病変でも麻痺を呈することがある。その分布形式が一見末梢神経麻痺の分布に似ることから偽性末梢神経型麻痺とよばれる。[ja.wikipedia.org] 不全麻痺(paresis)は運動麻痺分布が部分的であったり、運動麻痺の程度が不完全な状態を示す。分布では麻痺(monoplegia)は四肢のうち一肢のみの運動麻痺である。片麻痺(hemiplegia)は身体の一側に限局する運動麻痺であり、運動麻痺の頻度としては最も多い。[ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語: Amyotrophic lateral sclerosis、略称: ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    多発性硬化症(たはつせいこうかしょう、英: multiple sclerosis; MS)とは中枢性脱髄疾患の一つで、神経のミエリン鞘が破壊され脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多様な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患で、日本では特定疾患に認定されている指定難病である。 病名は、神経を包む組織(ミエリン鞘)が破壊されて生じる硬化が多数の領域で発生することに由来している。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊髄腫瘍 

    Intelligence (各種の情報とよくある質問) 脊髄腫瘍は脳腫瘍より数が少なく、一年間に10万人当たり1 2人程度の発生頻度といわれています。腫瘍の発生する部位によって硬膜外腫瘍、硬膜内髄外腫瘍、髄内腫瘍の3つに分類されます。 硬膜内髄外腫瘍は、硬膜内発生ですが、脊髄自体の内部には存在せず、脊髄を外から圧迫する形で発育し、運動麻痺や感覚障害、膀胱直腸障害といった症状を呈します。[…][hama-ortho.jp]

さらなる症状