Create issue ticket

考えれる145県の原因 単球数増加

  • 伝染性単核球症

    異型リンパ球はその他のウイルス感染症や重症感染症、自己免疫疾患や薬剤性でも出現することがある反応性のリンパですが%の増加にとどまることが多いですが、伝染性症では10%以上になることが多いです。伝染性単核球症は発熱や咽頭痛、咽頭炎や肝障害等症状、所見が軽快するのに数週間から一ヶ月程度かかることが多いです。[ohashinaika.jp] 検査 血液検査 ・白血球は1 2万に増加。 ・異型リンパが血中に認められる。なかでも、が60%以上に増加する。 ・血小板は減少する。 抗EBウイルス抗体価 ・特異血清反応として、抗EBウイルス抗体価が上昇する。 ・初感染では、VCA-IgM抗体が上昇することがある。 ・再発では、VCA-IgG抗体が認められる。[jomf.or.jp] このような伝染性症の患者(とくに若い世代)が発生、増加する背景として、5歳未満の乳幼児期に、何らかの理由(食生活習慣の変化で市販離乳食の利用など)で、EBウィルスに感染する機会が無かった若い人達が増えていることや、伝染性単核球症に関する知識の欠如や関心の低下などが一因になっていると思われます。[pro.saraya.com]

  • トキソプラズマ感染症

    トキソプラズマ感染症に対するワクチン製剤 Download PDF Info Publication number WO2014034046A1 WO2014034046A1 PCT/JP2013/004928 JP2013004928W WO2014034046A1 WO 2014034046 A1 WO2014034046 A1 WO 2014034046A1 JP 2013004928 W JP2013004928 W JP 2013004928W WO 2014034046 A1 WO2014034046 A1 WO 2014034046A1 Authority WO WIPO (PCT) Prior art[…][patents.google.com]

  • 慢性腎不全

    Home CKD(慢性腎臓病) 東葛クリニック病院 慢性腎不全に取り組んで45年 東葛クリニック病院は1973年の開業以来、慢性腎不全( CKD)をはじめとする腎臓病とその周辺領域、特に透析医療については、本院と7つの関連透析施設を擁して数多くの成果を挙げてきております。 その最大の特徴は、透析医療に至る前に、疾病の予防、早期発見と早期治療に全力を挙げて取り組み、それでも腎機能の低下が見られた場合には、腎機能維持のために専門スタッフがチームの総力を挙げて治療に取り組む、一貫した医療体制にあります。[…][tokatsu-clinic.jp]

  • 帯状疱疹

    帯状疱疹(たいじょうほうしん、英: Herpes zoster, Zoster)とは、水痘・帯状疱疹ウイルス(英: Varicella-zoster virus)によって引き起こされるウイルス感染症の一種。 「1年の中で特に起こりやすいという時期はない」とされていたが、宮崎県内の医療機関(開業医39施設と総合病院7施設)が1997-2006年に行った4万8388例(男2万181人、女2万8207人)に対する調査では、8月に多く冬は少なく、帯状疱疹と水痘の流行は逆の関係にある。この現象は、10年間毎年観測されたとしている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 前立腺腺癌

    前立腺癌取扱い規約第版 2001年4月 病期A A1 A2 偶発癌 限局性、高分化 中 低分化あるいは複数の前立腺内病巣 病期B B0 B1 B2 前立腺に限局した腺癌 直腸指診陰性、PSA高値にて発見 片葉内単発 片葉全体または両葉 病期C C1 C2 前立腺周囲にとどまり、前立腺被膜を超えるか精嚢浸潤 臨床的に被膜外浸潤 膀胱頚部浸潤あるいは尿管閉塞 病期D D0 D1 D2 D3 転移を有する 転位所見を認めないACPの持続的上昇 所属リンパ節転移 所属リンパ節以外のリンパ節転移、骨その他臓器転移 D2に対するホルモン療法後再燃[uro.med.tohoku.ac.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち、約800万人が死亡していると報告されている。 国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。細菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状