Create issue ticket

考えれる253県の原因 単球増加, 疹, 脾腫

  • 骨髄異形成

    不応性貧血 (RA) 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 (RARS) 芽増加を伴う不応性貧血 (RAEB) 移行期の芽増加を伴う不応性貧血 (RAEB-t) 慢性骨髄性白血病 (CMML)その後、1999年から2001年にかけてWHOにて提唱され、WHO分類第3版として出版された分類では、慢性骨髄単球性白血病 (CMML) は骨髄異形成[ja.wikipedia.org] また、機能が異常の白血球が作られることで、原因のわからない熱が続いたり、関節が腫れたり、広い範囲に皮がでることもあります。 7. この病気にはどのような治療法がありますか 骨髄異形成症候群の患者さんは、血球減少による種々の症状以外にも、急性骨髄性白血病になりやすいという問題点があります。[web.archive.org]

  • リステリア症

    学名はげっ歯類での感染実験で 増加が観察されたことにちなむ。 1911年 には動物に感染することが知られていた。 本稿では主にヒトのリステリア疾病症状についてを解説する。日本では1958年の報告に始まり1970年代前半まで年間数例の散発例がみられていたが、本症に対する関心が高まるにつれ報告数も徐々に増加している。[ja.wikipedia.org] あるいは、羊、ヤギ、牛などの流産で胎児等と接することにより、獣医師などで丘や小膿庖を生ずることがあります。また、Listeria monocytogenes 結膜炎が家きんの処理工場の従事者で報告されています。[city.yokohama.lg.jp]

  • 急性白血病

    M5 単球性白血病 [ 編集 ] 急性性白血病 (AMoL)ともいわれる。分化型と未分化型に細分化される。血中、尿中のリゾチーム活性が増加すること、白血病細胞に核の切れ込むがあり、皮疹、歯肉腫脹が起こりやすいということ以外他のAMLとの差は特にない。[ja.wikipedia.org] さらに白血病が進行し、各臓器への白血病細胞の浸潤があると、各臓器が傷害あるいは張し圧迫されてさまざまな症状がありうる。腫瘍熱、骨痛、歯肉腫脹、肝、リンパ節腫脹、皮膚病変などや、白血病細胞が中枢神経に浸潤すると頭痛や意識障害などの様々な神経症状も起こりうる。[ja.wikipedia.org] 血中、尿中のリゾチーム活性が増加すること、白血病細胞に核の切れ込むがあり、皮、歯肉腫脹が起こりやすいということ以外他のAMLとの差は特にない。M5a(未分化型)では単球系の80%以上が単芽球で、M5b(分化型)では分化傾向がみられるという細分類もある。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    WHOによる 持続的な増加 1000/μl BCR/ABL融合遺伝子を認めない。 末梢血・骨髄の芽球は20%以下 1系統以上の異形成を認める。あるいは1.後天性の染色体異常を認める(クローン性の証拠)、2.3ヶ月以上にわたる増加症、2.他の原因による増加の除外の3条件を満たす。 不明である。[ja.wikipedia.org] LD 140IU/l 末梢血所見 芽の出現と増加(5,658/μl)がみられた。[midb.jp] […] aCMLは稀な疾患であり、末梢血白血球数の増加(13000/μl以上)があ り、分類上、前骨髄、骨髄、後骨髄が10%以上認められます。好塩基増加は 顕著ではなく、増加している場合もありますが、その比率は10%未満であり、芽 球は末梢血、骨髄ともに20%未満と定義されています。[med.osaka-cu.ac.jp]

    不足:
  • 若年性骨髄単球性白血病

    小児、特に3歳未満に発症し末梢血と骨髄において、骨髄系細胞である顆粒がクローン性の増加を見る。末梢血では特に好中増加し、幼若な顆粒増加するが、芽は通常は5%以下である。[ja.wikipedia.org] この他、先述したように発熱・感染・貧血・出血傾向があることが多く、リンパ節腫脹・皮などを認めることもあります。 診断 JMMLという病気の概念自体がここ10年ほどで確立されてきたものであり、1996年にヨーロッパのグループによって診断基準が作成され、2005年に診断基準が改訂されました。[blogs.yahoo.co.jp] 持続的な増加 1000/μl BCR/ABL融合遺伝子を認めない。 末梢血・骨髄の芽及び前は20%以下 上記3項目に加え下記のうち2項目以上を満たす。 HbFが年齢から見て増加している。 末梢血で未熟な顆粒球が見られる。 クローン性の染色体異常が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    リンパの著しい増加、異型リンパの出現(5 %以上になることが多い)が特徴的である。伝染性核球症の鑑別において平均リンパ球/白血球比(L/WBCC)を用いると、cut off 0.35とすることで、特異度100 %、感度90 %との報告がある。[ja.wikipedia.org] が強い例では、腹部への衝撃により破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染性単核球症それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org] 年長児から青年期、あるいはそれ以上の年齢で初感染した場合、発熱・全身倦怠感のほか、口蓋扁桃の発赤腫脹・咽頭痛、アデノイド腫脹による鼻閉、全身特に頚部のリンパ節腫脹、肝がみられる。発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。[ja.wikipedia.org]

    不足:
  • 全身性エリテマトーデス

    ループス頬部皮(頬部円板状皮は含まない)、水疱性ループス、SLEに伴う中毒性表皮壊死症、斑状丘状ループス皮、光線過敏ループス皮。あるいは、亜急性皮膚ループス(瘢痕を残さずに治る非硬化性の乾癬状あるいは標的状皮。炎症後の色素沈着異常や毛細血管拡張症を伴うことはある。) 2.[med.osaka-u.ac.jp] 凍瘡様皮: 手指末梢に凍瘡のような外観を呈することがある。爪周囲に紅斑が観察されることもある。 レイノー症状: SLEに特異的ではないが、寒冷刺激によって手指の色調が白色化・青紫色化するレイノー症状が観察される。 リベドー: 四肢に淡褐色の網目状皮が見られることがある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 発熱 易疲労感 体重減少 多臓器病変 皮膚・粘膜症状 蝶形紅斑(バタフライ・ラッシュ) 頬から鼻にかけてかかる丘状の紅斑で特異的な症状であるが、感度は高くなく、半分程度である。狼のような外見を呈するというが、そこまで至る例は稀。[ja.wikipedia.org]

    不足: 単球増加
  • 肝炎

    B型肝炎では、他の肝炎ウイルスの場合より、関節痛やかゆみを伴う赤いじんま(膨)がよくみられる。 B型肝炎ウイルスに感染した成人は、その約5 10%がB型慢性肝炎を発症するか、キャリアになる*。しかし、新生児が感染すると最大90%、幼児が感染すると最大50%がB型慢性肝炎を発症する。年齢が低いほど、B型慢性肝炎を発症する確率が高い。[msdmanuals.com]

    不足: 単球増加
  • サルコイドーシス

    瘢痕浸潤は膝などに昔すりむいた痕にできてくる皮で、やはり肉芽腫が生検で認められます。結節性紅斑は病気のはじめに下肢にできる紅斑で、生検しても肉芽腫は認められず、ほとんど早期に消えてしまいます。[nanbyou.or.jp] 紅色の丘、結節で、鱗屑や血管拡張を伴うことが多い。顔面、四肢に好発するが顔面では鼻周囲に生じることが多い。組織像では真皮全層に大型の結節が認められる。 局面型水平方向に伸展する病型であり環状の形態を示す場合と斑状の病変とがある。環状病変が多い。環状病変は辺縁がやや堤防上に隆起し、中央部は正常皮膚色でやや萎縮性である。[ja.wikipedia.org] たとえば、眼にブドウ膜炎があって、肺にBHLがあって、皮があって、サルコイドーシスを疑われて受診しても、医師は「ああ、サルコイドーシスでしょう」ということでいろいろな検査をするばかりで何も症状を聞かないで終わってしまう場合があります。[nanbyou.or.jp]

    不足: 単球増加
  • 慢性リンパ性白血病

    初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、肝脾腫、皮、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。[ja.wikipedia.org] さらに白血病が進行し、各臓器への白血病細胞の浸潤があると、各臓器が傷害あるいは張し圧迫されてさまざまな症状がありうる。腫瘍熱、骨痛、歯肉腫脹、肝、リンパ節腫脹、皮膚病変などや、白血病細胞が中枢神経に浸潤すると頭痛や意識障害などの様々な神経症状も起こりうる。[ja.wikipedia.org] 初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、肝、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。[ja.wikipedia.org]

    不足: 単球増加

類似した症状