Create issue ticket

考えれる189県の原因 単球増加, 疹, 脾腫

  • 伝染性単核球症

    血液検査では異型リンパと呼ばれる大型のリンパ)が増加することが特徴であり、伝染性症の病名の由来となっています。 さらに多くの例でAST、ALT、LDH上昇など肝機能障害があります。 症状および検査値の異常はほぼ1ヵ月程度の経過で改善します。[watanabe-md.com] (ただし症状の発 と関係のない皮 を起こす関係から ペニシリン 系・セフェム系は添付文書にも使用禁忌と書かれている。) 重篤な合併症が発生した場合には ステロイド 薬 を使用する。[dic.nicovideo.jp] が強い例では、腹部への衝撃により破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染性単核球症それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    WHOによる 持続的な増加 1000/μl BCR/ABL融合遺伝子を認めない。 末梢血・骨髄の芽球は20%以下 1系統以上の異形成を認める。あるいは1.後天性の染色体異常を認める(クローン性の証拠)、2.3ヶ月以上にわたる増加症、2.他の原因による増加の除外の3条件を満たす。 不明である。[ja.wikipedia.org] 白血病をはじめ血液疾患では原病の発熱、貧血、肝脾腫など、LCHやECDでは皮、骨病変、後腹膜や血管周囲の繊維化など中枢神経以外の部位に多彩な症状が表に出るので、これらの多様な症状に紛れて尿崩症の症状を見落とさないようにすることが肝要です。[tokushukai.or.jp] こることが多く,播種性血管内凝固症の併発などにより重篤な出血をきたしやすい. 4)腫瘍崩壊症候群: 白血病細胞の崩壊により腫瘍崩壊症候群をきたし,凝固線溶異常,播種性血管内凝固症,高尿酸血症や腎障害を招くことがある. 5)臓器浸潤: 白血病細胞は中枢神経や皮膚,消化管,肝臓,脾臓など,さまざまな臓器に浸潤しうる.その結果,歯肉腫脹,肝脾腫,皮[kotobank.jp]

  • 若年性骨髄単球性白血病

    小児、特に3歳未満に発症し末梢血と骨髄において、骨髄系細胞である顆粒がクローン性の増加を見る。末梢血では特に好中増加し、幼若な顆粒増加するが、芽は通常は5%以下である。[ja.wikipedia.org] JMMLの診断基準 診断を示唆する臨床症状 (症状を呈する割合) 肝脾腫( 90%)、リンパ節症(75%)、蒼白(70%)、発疹(60%)、皮(40%) 診断に必須の検査所見 (3項目すべて必要) Ph染色体もbcr-ablも検出されない、骨髄の芽球の割合 20%、末梢血の単球 1 109/L 確定診断に必要な検査所見 (2項目以上必要)[kodomo.eek.jp] JMMLでは作られた血液細胞が十分に機能しないため、どんどん作り出そうとするとともに、肝臓や脾臓に捕捉されるため、肝が生じてくると考えられます。この他、先述したように発熱・感染・貧血・出血傾向があることが多く、リンパ節腫脹・皮疹などを認めることもあります。[blogs.yahoo.co.jp]

  • 全身性肥満細胞症

    全身性疾患の不活性型の患者において、末梢血はほとんどの場合は正常であるが、少数の症例は好中増加症、好酸増加症、好塩基増加症、増加症、血小板増加症、またはリンパ球増加症を有する(Travisら、Cancer、62:965-72(1988);Hornyら、Br J Haematol.、76:186-93(1990))。[biosciencedbc.jp] 次に、肥満細胞が皮膚のあちこちに蓄積して、小さくて赤みがかった褐色の発疹や丘をつくる色素性じんまがあります。成人では色素性じんまが全身性肥満細胞症に移行することはまれです。さらに、肥満細胞が皮膚、胃、腸、肝臓、脾臓(ひぞう)、リンパ腺、骨に蓄積する全身性肥満細胞症があります。[mh.rgr.jp] 抄録 出版社版58歳男.全身の軽度痒みを伴う赤褐色紅斑を認め,皮膚肥満細胞症と診断しbath-PUVA療法を行った.全身検索を行ったところ,CTで質的診断には至らない程度の軽度を認めた.初診から4年後,皮疹のコントロールが不良となり全身に拡大してきた.全身検査を行い,骨髄に肥満細胞の浸潤と二次性骨髄線維症を認め,の増悪,肝臓辺縁の鈍化[ci.nii.ac.jp]

  • 種痘様水疱症様リンパ腫

    末梢血 や 骨髄液 中のリンパ増加、 血球貪食症候群 を呈している症例では、血球減少と骨髄中への( ではなく)の増生、可溶性 IL-2レセプター 高値、血清 フェリチン 高値などが見られる。 肝障害症例 - 肝生検 で肝実質へのリンパ球の集積がみられる。これらのリンパ球はEBER-1などの 免疫染色 でEBウイルス陽性を示す。[ja.wikipedia.org] 昭和55年4月右頬部に種痘様水疱症様皮を生じ, 次第に顔面全体次いで四肢にも拡大し, 昭和62年4月の時点で「血管炎を主体とするリンパ腫様丘症」と考えた1例を報告した。皮は軽度のそう痒を伴う米粒大から小豆大の皮下硬結に始まり, 増大とともに中心部は潰瘍化し瘢痕を残して治癒し, 出現, 消退を繰り返す。[jstage.jst.go.jp] 一般的には予後良好ですが、一部のものでは発熱が続き、肝やリンパ節腫脹を伴い、数年の経過で悪性リンパ腫に移行したり、血球貪食症候群を合併して予後不良となります。 アジア、南米に患者は集中し、小児から青年に多く発症します。[shinagawaseasideclinic.com]

  • 骨髄異形成関連変化を伴う 急性骨髄性白血病

    を伴う過形成の骨髄 芽がNMCの5 20% 1.5 慢性骨髄性白血病 血中の芽増加および絶対的増加を伴う不応性貧血と同じ 骨髄前駆細胞の著しい増加 1.5 転換期に芽球増加を伴う不応性貧血 芽球増加および以下の1つ以上を伴う不応性貧血 血中の芽球が5%以上 骨髄中の芽球が20 30% 顆粒球前駆細胞のアウエル小体 0.5 NMC[msdmanuals.com] 気分障害(うつ・双極性障害) お薬を探す よく検索されてるお薬 ロキソニン レバミピド アムロジピン 年令や性別からお薬を探す 子ども お年寄り 女性 男性 体の部位からお薬を探す 目 皮膚 アレルギー 食中毒 新着お薬 オラセフ錠250mg 強力バロネス内服液 1本 症状・病状から病気を探す よく検索される疾患 糖尿病 ヘルペス じんま[qlife.jp] 原発性骨髄線維症では貧血の改善、軽減などの作用を示すことが 報告されています。レナリドマイドとプレドニン併用療法では30%に貧血の改善、42%に の軽減が得られています。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 家族性血球貪食性リンパ組織球症

    リンパ組織増多症 異型リンパ増加症 好酸減少症 好中増加症 骨髄性類白血病反応 性類白血病反応 増加症 白血球増加症 本態性白血球増多症 無リンパ球症 類白血病反応 D728 その他の明示された白血球の障害 白血球機能障害 D729 白血球の障害, 詳細不明 摘脾による無脾 脾萎縮 脾機能低下症 D730 脾機能低下症 脾機能亢進症[kegg.jp] 主な症状 抗生剤不応性で持続する発熱、皮、肝脾腫、リンパ節腫張、出血症状、けいれん、肺浸潤、腎障害、下痢、顔面浮腫、など多彩である。 5. 主な合併症 感染症、DICを併発することが多い。[nanbyou.or.jp] 疾患概念・疫学・診断基準 血球貪食症候群(hemophagocytic syndrome、HPS)あるいは血球貪食性リンパ組織 球症(hemophagocytic lymphohistiocytosis、HLH)は発熱、肝、血球減少(2系統 以上)、肝機能障害(AST ALT)、高LDH血症、高フェリチン血症、高トリグリセリド血 症、高[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 特発性好酸球増加症

    リンパ減少症 リンパ増加症 好中増加症 白血球増加症 類白血病反応 増加症 異型リンパ増加症 骨髄性類白血病反応 性類白血病反応 プラスマ細胞増加症 本態性白血球増多症 無リンパ球症 リンパ球異常 リンパ球性類白血病反応 リンパ組織球増多症[scuel.me] 特徴は、掻痒性、多発性、丘状痂皮として認められる。病変部に小さな硬い丘状痂皮が、種子をまぶしたように、手で不快な感触として触ることができ、多くは、皮膚がざらざらすることに猫の飼主が気づいて来院する。掻痒はない場合もあるが、痒みが強い場合、自己損傷による、脱毛、紅斑、出血、びらんが同時にみられる。[tckw.sunnyday.jp] HESは慢性好酸性白血病(CEL)と同一項目として取り扱われ、骨髄増殖性疾患(CMPD)の1つに分類された.Chusidら(1975)HESの基準を以下に述べる. ①好酸球の持続性増加(1,500/μl以上が6ヶ月以上)あるいは6ヶ月以内に死亡、②好酸球増加の基礎疾患(寄生虫感染、アレルギー性疾患など)がない、③好酸球浸潤による症状や徴候(肝[midb.jp]

  • 骨髄異形成

    を伴う過形成の骨髄 芽がNMCの5 20% 1.5 慢性骨髄性白血病 血中の芽増加および絶対的増加を伴う不応性貧血と同じ 骨髄前駆細胞の著しい増加 1.5 転換期に芽球増加を伴う不応性貧血 芽球増加および以下の1つ以上を伴う不応性貧血 血中の芽球が5%以上 骨髄中の芽球が20 30% 顆粒球前駆細胞のアウエル小体 0.5 NMC[msdmanuals.com] また、機能が異常の白血球が作られることで、原因のわからない熱が続いたり、関節が腫れたり、広い範囲に皮がでることもあります。 7. この病気にはどのような治療法がありますか 骨髄異形成症候群の患者さんは、血球減少による種々の症状以外にも、急性骨髄性白血病になりやすいという問題点があります。[web.archive.org] ]15% RAEB-1 芽増加を伴う不応性貧血-1 (RAEB-1:RA with excess blasts-1) ・血球減少 ・芽5%未満(※4) ・アウエル小体(※5)なし ・1 10 9 /l未満 ・1 3血球系統に異形成 ・芽球5 9% ・アウエル小体(※5)なし RAEB-2 芽増加を伴う不応性貧血-2 (RAEB-[ganjoho.jp]

  • 骨髄増殖性疾患

    (HU)にて治療を行うも不応性であり脳出血を起こし死亡した.CMMLの症例は当初は骨髄線維化を伴うMDSとして発症したが後に著明な増加を伴うCMMLへと病型移行した.CA療法, VP-16を投与するも効果なく肺真菌感染症にて死亡した.形態学のみでこれらの疾患の診断を行うのは完全ではない.将来的には分子生物学的異常が解明され, それに基[petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp] しかし、倦怠感や食欲低下、微熱、体重減少といった症状や、丘(きゅうしん)や帯状疱疹(たいじょうほうしん)ができるなど皮膚に変化が見られることもあります。病気が進行すると、慢性骨髄性白血病と同様に貧血などの症状が現れます。 治療法 慢性白血病の治療法には、薬物療法と移植療法(造血幹細胞移植)の2つがあります。[doctor-map.info] Abstract 骨髄増殖性腫瘍(myeloproliferative neoplasms;MPN)は,融合遺伝子の形成や遺伝子変異によりチロシンキナーゼが恒常的に活性化され,好中球,赤血球,血小板,肥満細胞などの骨髄系細胞のうち1 系統以上の細胞が,末梢血あるいは骨髄においてクローナルに増殖する造血器腫瘍である.髄外造血や,それに伴う肝[pieronline.jp]

類似した症状