Create issue ticket

考えれる68県の原因 単一結合

  • モラクセラ・カタラーリス

    LCRでは、2対の相補プローブが調整され、標的配列の存在下で各対は隣接する反対の相補鎖に結合する。2対のプローブはリガーゼが存在すると結合して、単一の単位となる。PCRTMと同様に温度を周期的に変化させると、結合された結紮単位は標的から解離して、過剰なプローブ対の結紮のための"標的配列"としてふるまう。[biosciencedbc.jp] ハイブリダイズされたプローブと標的の間で、単一ヌクレオチド(あるいはそれよりも大きな)配列差がある場合、その位置でのWatson-Crick水素結合における結果的な分裂(ミスマッチ)が確認でき、場合によって一本鎖特異リボヌクレアーゼにより開裂される。[biosciencedbc.jp]

  • 神経症性障害

    選択的セロトニン再取り込み阻害薬は、セロトニントランスポーターという、神経細胞から 放出されたセロトニンを細胞内に取り込むタンパク質に選択的に結合し、セロトニンの細胞内への再取り込み を阻害する抗うつ薬。[nirs.qst.go.jp] ※9) SPECT 単一光子放射断層撮影 (Single photon emission computed tomography:SPECT) 人体の画像診断法の一つ で、通常は略してスペクト (SPECT) と呼ぶ。体内に投与した放射性同位体から放出されるガンマ線を検出し、 その分布を断層画像にしたもの。[nirs.qst.go.jp]

  • 混合性不安抑うつ状態

    ICD-10) F45身体表現性障害 身体化障害 鑑別不能型身体表現性障害 心気障害 身体表現性自律神経機能不全 持続性身体表現性疼痛障害 F41他の不安障害 パニック障害 全般性不安障害 混合性不安抑うつ障害 F32うつ病エピソード 軽症うつ病エピソード (身体性症候群をともなうもの) 他のうつ病エピソード (特定不能の「仮面」うつ病の単一[zutsuu-daigaku.my.coocan.jp] エピソード) top 文献 表1 おもな症候の頻度(佐賀医科大学附属病院結合外来初診患者6、021人、1988年)(福井次矢,1989)より上位3症状 1.腹痛 8.2% 2.頭痛 4.8% 3.咳 4.2% 全身倦怠感、頭重感・頭痛と不安状態、微熱は関連している 担当医師が「検査結果は異常ありません」と告げるだけではかえって患者の不満や不安[zutsuu-daigaku.my.coocan.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    後者の手法は、分子の各々の残基に単一のアラニン変異を導入する。ついで、得られた突然変異分子を、エピトープ結合性またはイン・ビトロ(in vitro)ADCC活性のような生物活性について試験する。[biosciencedbc.jp]

  • 非定型肺炎

    補体結合反応(CF)、間接赤血球凝集反応(IHA)にて、ペア血清で4倍以上の上昇を確認する。単一血清で診断するには、それぞれ64倍以上、320倍以上の抗体価が必要である。近年、粒子凝集法(PA )、蛍光抗体法(IF)あるいは酵素抗体法(ELISA)によるIgM、IgG抗体の検出も可能となっている。[niid.go.jp]

  • 大葉性肺炎

    補体結合反応(CF)、間接赤血球凝集反応(IHA)にて、ペア血清で4倍以上の上昇を確認する。単一血清で診断するには、それぞれ64倍以上、320倍以上の抗体価が必要である。近年、粒子凝集法(PA )、蛍光抗体法(IF)あるいは酵素抗体法(ELISA)によるIgM、IgG抗体の検出も可能となっている。[niid.go.jp]

  • IgE型骨髄腫

    単クローン抗体の作り方 このようにして得られた単クローン抗体は、特定の、しかも単一の抗原決定基とのみ結合するので、免疫組織化学法の強力な武器となるし、治療への応用も期待できる。 さらにハイブリドーマは凍結して保存できるので、必要に応じて保存しておいたものを取り出して利用できる。[tmd.ac.jp]

  • 細菌性肺炎

    補体結合反応(CF)、間接赤血球凝集反応(IHA)にて、ペア血清で4倍以上の上昇を確認する。単一血清で診断するには、それぞれ64倍以上、320倍以上の抗体価が必要である。近年、粒子凝集法(PA )、蛍光抗体法(IF)あるいは酵素抗体法(ELISA)によるIgM、IgG抗体の検出も可能となっている。[niid.go.jp]

  • 熱帯膵炎

    補体結合反応(CF)、間接赤血球凝集反応(IHA)にて、ペア血清で4倍以上の上昇を確認する。単一血清で診断するには、それぞれ64倍以上、320倍以上の抗体価が必要である。近年、粒子凝集法(PA )、蛍光抗体法(IF)あるいは酵素抗体法(ELISA)によるIgM、IgG抗体の検出も可能となっている。[niid.go.jp]

  • 悪性中皮腫

    本発明に用いられる抗GM2抗体としては、モノクローナル抗体、オリゴクローナル抗体、ポリクローナル抗体のいずれであってもよいが、好ましくは単一のエピトープに結合するモノクローナル抗体が挙げられる。[patents.google.com]

さらなる症状