Create issue ticket

考えれる82県の原因 協調運動不全

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 片頭痛

    先日の飲み会で、隣の人がタバコを吸い始めたとたん、こめかみがズキズキしてきちゃった。片頭痛じゃないの?って源木さんに言われたんだけど、片頭痛って男性もなるの? タバコに反応して起こるんじゃ、困るなあ[…][…]。 生活に支障が起きやすい片頭痛[…][sawai.co.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    基本概要 ホームページはこちら 診療科紹介 外来担当医表 専門医のご紹介 研究と教育 診療科紹介 脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経や筋肉の病気の診断と治療を行っています。 頭痛、物忘れ、性格の変化、理解力の低下、気を失う、目が回る、喋りにくい、手足に力が入らない、しびれる、痛む、筋肉が細る、足が前に出ない、立てない、転びやすい、ふらつく、手足が震えたり勝手に動く、顔や手足がけいれんするなどの症状です。 このような症状が出たときには脳神経内科を受診してください。 主な対象疾患 主な対象疾患[…][hosp.kyushu-u.ac.jp]

  • パーキンソン病

    パーキンソン病(パーキンソンびょう、英: Parkinson's disease)は、手の震え・動作や歩行の困難など、運動障害を示す、進行性の神経変性疾患である。進行すると自力歩行も困難となり、車椅子や寝たきりになる場合がある。40歳以上の中高年の発症が多く、特に65歳以上の割合が高い。 錐体外路症状を呈し、アルツハイマー病と並んで頻度の高い神経変性疾患と考えられている。日本では難病(特定疾患)に指定されている。本症以外の変性疾患などによりパーキンソン様症状が見られるものをパーキンソン症候群と呼ぶ。[…][ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病 3型

    パーキンソン病の患者様にアリセプトを投与する時は注意してください。パーキンソン病治療薬の1つである抗コリン剤は、アリセプトと作用が拮抗するため、「併用注意」です。日常生活動作が制限される、あるいは薬物治療を要する程度のパーキンソン症状を有する患者様へのアリセプトの投与は注意が必要とされています。パーキンソン症状の悪化にもご注意いただいて、慎重にお使いください。 アリセプトはパーキソンソニズムを悪化させたとの報告があるため 1) 3) 、錐体外路障害(パーキンソン病、パーキンソン症候群等)のある患者様には「慎重投与」と設定されています。[…][aricept.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    糖尿病 、 高血圧症 、喫煙、 脂質異常症 などの 動脈硬化症 の危険因子があり、 脳梗塞 をくり返すことによって認知症があらわれ、進んでいきます。 アルツハイマー病 との鑑別診断が重要になりますが、多発梗塞性認知症ではCT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像法)で脳梗塞の多発がみられ、病気の進行はゆっくりで、階段状に一歩一歩わるくなっていきます。CTでみて脳の100g以上に梗塞が起こると、認知症がはじまると考えられています。[…][medical.jiji.com]

  • 大麻乱用

    秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。6月30日(土)の放送では、厚生労働省 監視指導・麻薬対策課の牧角一信さんに、「身近にひそむ薬物乱用」について伺いました。 左から秋元才加、JOY、牧角一信さん[…][excite.co.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー(指定難病14) まんせいえんしょうせいだつずいせいたはつしんけいえん/たそうせいうんどうニューロパチー (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎とは 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: CIDP)とは、2ヶ月以上にわたり進行性または再発性の経過で、四肢の筋力低下やしびれ感をきたす 末梢神経[…][nanbyou.or.jp]

  • 多発性硬化症

    吉良 潤一 九州大学 大学院医学研究院 神経内科学 DOI: 10.14931/bsd.3696 原稿受付日:2013年4月15日 原稿完成日:2014年2月21日 担当編集委員: 漆谷 真 (滋賀医科大学 医学部 神経内科) 英語名:multiple sclerosis 英略名:MS 独:Multiple Sklerose 仏:sclérose en plaques 多発性硬化症は、時間的・空間的に多発する 中枢神経系 特異的な非化膿性炎症性 脱髄性疾患 である。中枢神経系の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患[…][bsd.neuroinf.jp]

さらなる症状