Create issue ticket

考えれる55県の原因 化膿性心膜炎, 菌血症

つまり: 化膿, 心膜炎, 菌血症

  • 肺炎レンサ球菌

    鹿児島県の小児侵襲性肺炎球菌感染の現状 肺炎球菌による髄膜炎・など侵襲性感染症(以下IPD)は、5歳未満の子どもと高齢者に多くみられ、死亡や合併症もみられる重症の感染症です。小児IPDの予防のために、2010年に7価小児用肺炎球菌ワクチン(PCV7)が導入され、2013年4月には定期接種となりました。[kufm.kagoshima-u.ac.jp] 肺炎球菌による肺炎の合併症としては、胸膜炎・膿胸・などがあります。 アメリカ合衆国では、毎年、50000人以上の肺炎球菌による菌血症(敗血症)の患者が発生しています。肺炎球菌による肺炎患者の25-30%に肺炎球菌による菌血症(敗血症)が見られます。菌血症(敗血症)による全体の致死率は、20%ですが、高齢者では60%と高いです。[city.yokohama.lg.jp] 本来無菌であるはずの血液中で肺炎球菌が増殖している状態()および、の合併症として発症する臓器・器官の感染を侵襲性感染と呼ぶ。 乳幼児で多く見られ、細菌の進入経路としては鼻咽頭から流中へとが直接進入すると考えられている。[ja.wikipedia.org]

  • 黄色ブドウ球菌

    これらの疾患で生じる膿瘍内で細菌は増殖するが、さらに細菌の増殖が進むと、スタフィロキナーゼや各種プロテアーゼなどの働きによって病巣周辺の組織を破壊しながら周囲に浸潤し、ときに流に入って、や敗血症、急性心内膜炎、肺炎などを引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 黄色ブドウ球菌による疾患は、感染病原性と毒素病原とに大別される。前者はブドウ球菌が体内で感染・増殖することによる疾患であり、各種の化膿疾患や肺炎、急性、菌血症が含まれる。[ja.wikipedia.org] 前者はブドウ球菌が体内で感染・増殖することによる疾患であり、各種の化膿性疾患や肺炎、急性心内膜炎、が含まれる。後者は感染や増殖そのものよりも、ブドウ球菌が産生する毒素による症状であり、食中毒、毒素性ショック症候群(Toxic shock syndrome, TSS)、熱傷様皮膚症候群がこれにあたる。[ja.wikipedia.org]

  • セザリー症候群

    本症が菌状息肉の進行したものと考える説もあるが、状息肉が全例セザリー症候群となるわけではない。末梢中に出現する異常リンパ球はセザリー細胞と呼ばれる。 比較的まれ。50〜60歳以上に好発。 紅皮症、リンパ節腫大、末梢血異型リンパ球の出現がある。これをセザリー症候群の3主徴という。強い全身症状を伴わずに慢性的に経過することが多い。[ja.wikipedia.org]

    不足: 化膿性心膜炎
  • 心膜炎

    慢性収縮性の原因も半数以上が不明であるが、原因のはっきりしたものの中では結核性が最も多い。 急性 [ 編集 ] 急性 ( 英 : acute pericarditis )とは、に 急性炎症 を生じたもの。 病理学 的には、線維素性、漿液化膿性、出血性、肉芽腫性などに分けられる。[ja.wikipedia.org] 左心不全 右心不全 感染性心内膜炎(IE) 非細菌性血栓性心内膜炎(NBTE) 僧帽弁狭窄症 僧帽弁閉鎖不全症 三尖弁狭窄症 三尖弁閉鎖不全症 大動脈弁狭窄症 大動脈弁閉鎖不全症 急性 慢性収縮性 心房中隔欠損 心室中隔欠損 心内膜床欠損症(ECD) 動脈管開存 ファロー四徴症 極型ファロー四徴症 完全大血管転位症 総肺静脈還流異常症[ja.wikipedia.org] 例えば化膿の場合、ドレナージを行なうとともに、起因菌に対し有効な 抗菌剤 を投与する。疼痛に対しては場合は非ステロイド系消炎鎮痛薬を投与する。また、症状が強ければステロイド剤投与が検討されるが、感染性のものを否定することが必要であり、また短期間の使用にとどめることが望ましい。[ja.wikipedia.org]

    不足: 菌血症
  • 歯周病

    遺伝的因子 環境因子および全身的因子 年齢、性別 メタボリックシンドローム歯周病箇所から口内細菌が流に乗りが生じ、全身の健康状態に影響を与え基礎疾患に関与する、特に心筋梗塞やバージャー病、肋間神経痛、三叉神経痛、2型糖尿病、関節リウマチと密接な関係にある。妊娠合併症、骨粗鬆症との関与が報告されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 化膿性心膜炎
  • 肥満

    健康診断や思春期以降の女子中学生及び女子高校生の健康診断(※両方とも1年生が対象)で行われる心電図検査の受診では、受診結果で散発性上室性及び散発性心室性期外収縮や洞性徐脈による、不整脈と診断されたり、また、低電位差では、四肢低電位や左軸偏移などと診断される場合があり、などの疾患を起こしやすくなる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 菌血症
  • 産褥期

    その場合は潜在性、尿路感染症、潜在性肺炎、悪性腫瘍や膠原病が考えられる。特に前二者は抗菌薬による治療にて早期介入可能なことから注意深い診察が必要となる。潜在性は全身状態良好な良好であるのにもかかわらず血液培養にて細菌が検出されることである。3か月から3歳くらいで頻度が高いと言われている。[ja.wikipedia.org] 体温39度以上で白血球数15,000/μl以上であると潜在性の可能性が高くなる。尿路感染症も1歳以下の男児や2歳以下の女児では見つけにくい疾患となる。尿検体をカテーテルや膀胱穿刺で無菌的に摂取すると診断できる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 化膿性心膜炎
  • 出生

    その場合は潜在性、尿路感染症、潜在性肺炎、悪性腫瘍や膠原病が考えられる。特に前二者は抗菌薬による治療にて早期介入可能なことから注意深い診察が必要となる。潜在性は全身状態良好な良好であるのにもかかわらず血液培養にて細菌が検出されることである。3か月から3歳くらいで頻度が高いと言われている。[ja.wikipedia.org] 体温39度以上で白血球数15,000/μl以上であると潜在性の可能性が高くなる。尿路感染症も1歳以下の男児や2歳以下の女児では見つけにくい疾患となる。尿検体をカテーテルや膀胱穿刺で無菌的に摂取すると診断できる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 化膿性心膜炎
  • 胆管炎

    投与期間はドレナージの成功やの有無によって変わってくる。がある場合は10-14日、ドレナージ不可である場合は肝膿瘍に準じて4-6週間ほど治療することもある。[ja.wikipedia.org] 重症度判定 [ 編集 ] 重症 ショック、 、意識障害、急性腎不全 中等症 黄疸(ビリルビン 2.0mg/dL)、低アルブミン血症(アルブミン 3.0g/dL)、腎機能障害(クレアチニン 1.5mg/dL, 尿素窒素 20mg/dL)、血小板数減少( 12万/mm 3 )、39 C以上の高熱 軽症 重症、中等症に当てはまらない。[ja.wikipedia.org]

    不足: 化膿性心膜炎
  • 敗血症

    感染 化学療法 (細菌) 新生児敗血症 、敗血症および敗血症性ショック メルクマニュアル 家庭版 敗血症高松赤十字病院 (PDF) 敗血症.com 日本集中治療医学会 敗血症情報サイト[ja.wikipedia.org] これに対し、傷口などから細菌が血液中に侵入しただけの状態はと呼ばれ区別される。また、敗血症と全身性炎症反応症候群(SIRS)は似た概念だが、全身性炎症反応症候群は感染によらない全身性の炎症をも含む概念である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 化膿性心膜炎

さらなる症状

類似した症状