Create issue ticket

考えれる9県の原因 化学熱傷

  • 翼状片

    偽翼状片 目の外傷・熱傷化学眼外傷・角膜潰瘍などの回復過程で、翼状片に似た病状が出現することがあります。これを偽翼状片と呼びます。治療は翼状片に準じて行われます。[nichigan.or.jp]

  • クロロピクリンへの露出
  • 中耳炎

    慢性中耳炎は, 急性中耳炎 ,耳管閉塞,機械的外傷,熱傷もしくは化学熱傷,爆傷,または医原性の原因(例,鼓膜チューブ留置後)などに起因しうる。さらに,頭蓋顔面異常(例,ダウン症候群,猫鳴き症候群,口唇裂および/または口蓋裂,軟口蓋心臓顔貌症候群[Shprintzen症候群])の患者ではリスクが高い。[msdmanuals.com]

  • 小耳症

    新鮮熱傷(やけど) 小範囲熱傷 広範囲熱傷 電気熱傷(電撃傷) 化学熱傷 凍傷 顔面骨骨折、顔面軟部組織損傷 顔面骨折 顔面神経損傷 涙小管損傷 唇裂、口蓋裂 唇裂 顎裂 口蓋裂 手、足の先天異常、損傷 切断指再接着 合指症 多指症 裂手症 その他の先天異常(主に奇形が体表面の醜状を主訴とするもの) 漏斗胸 頭蓋骨早期癒合症 顔面裂 小耳症[ja.wikipedia.org]

  • 気胸

    化学熱傷をわざと起こす胸膜癒着術は、肺が萎縮しなくなるため根本治療となり得るが、癒着が不十分だと再発の可能性が残る。再発時は癒着しなかった部分のみ萎縮するため軽度・中程度の気胸に留まるものの、治療に際してドレーンを挿入できなくなる事がある。[ja.wikipedia.org]

  • カンタリジン

    カンタリジン(cantharidin)は、エーテル・テルペノイドに分類される有機化合物の一種。カルボン酸無水物を含む構造を持つ。含有する昆虫の一つジョウカイボン科(Cantharidae)にちなみ命名された。ピエール ジャン・ロビケが1810年に初めてカンタリジンを単離した。 昇華性がある結晶で、水にはほとんど溶けない。皮膚につくと痛みを感じ、水疱を生じる。 ツチハンミョウ類、ジョウカイボン類、カミキリモドキ類、アリモドキ類、ハネカクシ類などの甲虫類が分泌する体液に含まれる。日本では、夜間に灯火に飛来するアオカミキリモドキ(Xanthochroa[…][ja.wikipedia.org]

  • ジエチルトルアミド

    ディート(DEET)とは、昆虫などの忌避剤(虫よけ剤)として用いられる化合物である。IUPAC名は N,N-ジエチル-3-メチルベンズアミドだが、N,N-ジエチル-m-トルアミドとも呼ばれる。分子量 191.27。融点 45 、沸点 285 で、常温では無色液体である。水には溶けにくくアルコールなどの有機溶媒によく溶ける。CAS登録番号 [134-62-3]。消防法に定める第4類危険物 第3石油類に該当する。[…][ja.wikipedia.org]

  • グルコン酸カルシウム

    グルコン酸カルシウムのゲル製剤はフッ化水素酸の化学熱傷の治療に使用される。しかしゲル製剤は現在の日本では承認されていないため、院内製剤のようにそれぞれで調整する必要がある。また重篤な場合には、グルコン酸カルシウムを生理食塩水溶液として皮下注射する。[ja.wikipedia.org]

  • ポドフィロックス

    ポドフィロトキシン(podophyllotoxin, PPT、ポドフィロックス)は、ポドフィルム属植物の根および根茎に含まれる毒性リグナンである。局所ゲル剤がコンジロックスの商品名で、一部のヒトパピローマウイルスが原因の外性器尖圭コンジローマの治療に用いられる。ポドフィロトキシンおよびその誘導体(エトポシド、テニポシド、エトポホス)は、瀉下薬、発疱薬、抗リウマチ薬、抗ウイルス薬、抗腫瘍剤と幅広く応用されている。これらの抗がん活性は精力的に研究されており、肺がん、リンパ腫、生殖器腫瘍などに対する治療に使用されている。 ポドフィロトキシンは、ポドフィルム (Podophyllum peltatum)[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状