Create issue ticket

考えれる34県の原因 動脈血 pH 低下

  • ビタミンD欠乏症
  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第5回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年11月4日 14:30 16:30 場所 厚生労働省専用18会議室(厚生労働省17階) 議事 高城生活習慣病対策室長補佐 それでは、若干定刻まで時間がございますけれども、本日御参集の委員の皆様はすべてそろわれておりますので、ただいまから第5回の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきます。[…][mhlw.go.jp]

  • 無気肺

    無気肺(むきはい、英: atelectasis)は、気管支異物、腫瘍による閉塞、肺や主気管支などの呼吸器外科手術に伴う合併症として発症する呼吸器疾患。 気管支の内部に外科的処置による出血により進入した血液や、気管・気管支内にある線毛が機能しないことにより貯留した痰、誤嚥した異物、気道を閉塞する腫瘍などが原因となり、それよりも末梢の肺に空気が入っていないため、肺の一部が虚脱した状態にある。 放置しておくと肺炎なども引き起こすため、早期の治療が必要となってくる。痰による場合、強い咳嗽によって排痰などを促していくようにするが、排出できない場合には吸引を行い強制的に排出する。[…][ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    生体の血液の酸塩基平衡は一定のpH (7.4) になるように保たれている。平衡を酸性側にしようとする状態をアシドーシス (en:acidosis)、平衡を塩基性側にしようとする状態をアルカローシス (en:alkalosis) と言う。 血清pHが7.4未満になった(低下した)状態をアシデミア、7.4より上になった(上昇した)状態をアルカレミアと言う。ともに全身の細胞にとっての環境の異常であり、上昇(低下)量が増大すると呼吸抑制から死に至ることもあるとともに、これらのpH異常は呼吸不全や腎不全など重篤な疾患の結果として生じるため治療の指標になる。このpHの測定は血液ガス分析によってなされる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全
  • 急性腎不全

    急性腎不全 ブックマーク: 1) 急性腎不全とは 2) 急性腎不全の様々な原因 3) 急性腎不全の起こり方 急性腎不全とは 急性腎不全とはその名の通り 急激に腎機能が低下する 状態です。通常、尿の出が悪くなったり( 乏尿 )、あるいは全く出なくなったり( 無尿 )します。一般には余りなじみの無い病気のように思われがちですが、高齢者や糖尿病、高血圧など動脈硬化の強い人が増加しつつあるわが国では、ちょっとしたことでも急に腎臓の働きが低下することも多いのです。死亡率の高い病気です。 このページの先頭へ 急性腎不全の様々な原因 狭心症などの心臓病の診断や治療時によく行われる 造影検査[…][plaza.umin.ac.jp]

  • 心筋梗塞

    副院長 心臓血管内科 部門長 安田 聡 倒れている人を発見したら... もくじ 心臓のはたらき 冠動脈とは? / 動脈硬化とは? 心筋梗塞は増加している:早朝・冬場にご注意 狭心症と心筋梗塞との違いは? / 狭心症とは? / 心筋梗塞とは? 病院を受診すべきタイミングは? 心筋梗塞では早期の受診が重要です 意識がない場合の応急処置 / 心筋梗塞の治療:再灌流療法 冠動脈疾患用集中治療室(CCU) 天皇陛下が狭心症のため、冠動脈バイパス手術を受けられ、手術は無事終了、公務に復帰されました。この経過を伝える新聞やテレビの報道で、狭心症、心筋梗塞(こうそく)[…][ncvc.go.jp]

  • 急性心筋梗塞
  • 下痢

    下痢(げり、英: diarrhea)は、健康時の便と比較して、非常に緩いゲル(粥)状・若しくは液体状の便が出る状態である。主に消化機能の異常により、人間を含む動物が患う症状であり、その際の便は軟便(なんべん)、泥状便(でいじょうべん)、水様便(すいようべん)ともいう。東洋医学では泄瀉(泄は大便が希薄で、出たり止まったりすること。瀉は水が注ぐように一直線に下る)とも呼ばれる。世界では毎年17億人が発症し、また毎年76万人の5歳以下児童が下痢により死亡している。発展途上国では主な死因の1つとなっている。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状