Create issue ticket

考えれる1,457県の原因 動脈硬化症

  • 高血圧症

    の病態生理的意義が注目されている.筆者らは,重症肥満者と同程度に血中濃度が上昇するレプチン過剰発現トランスジェニックマウスでは,交感神経活動亢進による血圧上昇が認められることを明らかにしている.又,レプチンは血管内皮細胞に作用して血管新生を促進し,マクロファージ機能調節に関与すると報告されている.以上より,レプチンは肥満に合併する高血圧や動脈硬化[doi.org] 脂質異常を 治療せずにほうっておくと、血管の動脈硬化が少しずつ進行し、やがて心筋梗塞や脳卒中など好ましからざる深刻な病気 を引き起こしかねません。 脂質異常は、動脈硬化の発症に関わる最も関係の深い病気 です。 従って、 脂質異常の治療 動脈硬化の予防 と言えるでしょう。[okumaiin.jp] 動脈硬化による脳内酸欠:一般的に病院で「高血圧」と診断される大部分の原因は、上行大動脈の動脈硬化による脳内酸欠を防ぐための血圧上昇である。この動脈硬化の原因をさらに遡ると食生活や喫煙や運動不足である場合が多い。[ja.wikipedia.org]

  • 更年期障害

    点滴療法(自費診療) 高濃度ビタミンC点滴( 9000- 15000税抜き) 適応)がん(抗がん剤、放射線療法が無効)、アンチエイジング、抗がん剤の副作用軽減、重金属・化学物質のデトックス等 グルタチオン点滴( 5000- 7000税抜き) 適応)パーキンソン、閉塞性動脈硬化、慢性疲労、重金属・化学物質デトックス マイヤーズ・カクテル([jikihara.net] また、老年期にかけてエストロゲンの欠乏が続くと、高脂血(脂質異常)や動脈硬化などの生活習慣病、骨粗しょうや認知症など、その後の老年期の健康を脅かす疾患のリスクが高まるといわれています。 そういった意味でも更年期は心身ともに大きな曲がり角であり、この時期の過ごし方がとても大きなものとなります。[kosya-clinic.jp] 女性ホルモンの減少により動脈硬化、高血圧、骨粗しょうが起こりやすくこともあり、生活の改善は重要です。睡眠不足や運動不足は疲労がたまりやすくなり精神的にも不調をきたしやすくなります。ウォーキングなどの適度な運動やストレス発散をこころがけましょう。食生活を見直してみることも大切です。バランスのとれた食事を意識しましょう。[osaka-shinryounaika.com]

  • 肥満

    糖尿病に特異的な細血管である糖尿病網膜、糖尿病腎、糖尿病神経障害、そして動脈硬化による大血管(狭心症や心筋梗塞、脳卒中、末梢動脈疾患(糖尿病足病変))があります。糖尿病予備軍である境界型(耐糖能異常)の患者さんも動脈硬化のリスクが高いので治療します。[j-athero.org] の病態生理的意義が注目されている.筆者らは,重症肥満者と同程度に血中濃度が上昇するレプチン過剰発現トランスジェニックマウスでは,交感神経活動亢進による血圧上昇が認められることを明らかにしている.又,レプチンは血管内皮細胞に作用して血管新生を促進し,マクロファージ機能調節に関与すると報告されている.以上より,レプチンは肥満に合併する高血圧や動脈硬化[doi.org] 膵臓癌 胃癌 食道癌 直腸結腸癌( 大腸癌) 高脂血 高コレステロール血 高中性脂肪血 高血圧 動脈硬化 虚血性心疾患 脳卒中 閉塞性動脈硬化 糖尿病…インスリン抵抗性の獲得によると考えられている。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病

    大血管 高血糖は、血管がかたくなったり、狭くなったりする、「動脈硬化」(いわゆる「血管の老化」)を進める原因にもなります。 高血糖のほかに、高血圧や脂質異常(悪玉コレステロール[LDLコレステロール]が高い、中性脂肪[TG・トリグリセリド]が高いなど)、肥満、喫煙、加齢も動脈硬化につながります。[dmic.ncgm.go.jp] 抄録 概念:糖尿病は,インスリン作用の不足による慢性高血糖を主徴とし,種々の特徴的な代謝異常を伴う疾患群である.その発症には遺伝因子と環境因子がともに関与する.代謝異常の長期間にわたる持続は特有の合併症を来たしやすく,動脈硬化をも促進する.代謝異常の程度によって,無症状からケトアシドーシスや昏睡に至る幅広い病態を示す.[doi.org] 4 動脈硬化:糖尿病がなくても起きる病気ですが、糖尿病があると3 4倍危険性が高くなります。 心筋梗塞 や 脳梗塞 、 閉塞性動脈硬化 など、命や生活に関わる重大な病気です。 5 その他:感染症にかかりやすい、虫歯・歯周病、水虫になりやすい、傷が治りにくいなど全身に影響を及ぼします。[saiseikai.or.jp]

  • メタボリックシンドローム

    動脈硬化 高脂血症 高血圧症 糖尿病・耐糖能異常(境界型糖尿病) 心筋梗塞 脳梗塞 インスリン抵抗性・高インスリン血症 生活習慣病 肥満・痩身 健康管理システム 特定健診・特定保健指導 運動療法 ダイエット 食事バランスガイド 日本人の食事摂取基準 日本食品標準成分表 日本型食生活 松澤佑次 メタボレンジャー ジャンクフード 清涼飲料水[ja.wikipedia.org]

  • 高コレステロール血症

    時間学研究所の明石真教授と佐賀大学医学部の野出孝一教授の共同研究グループは、高コレステロール血のモデルマウスが体内時計異常を示すこと、さらに、体内時計異常は高コレステロール血による動脈硬化形成を促進する作用があることを明らかにしました。[yamaguchi-u.ac.jp] 家族性高コレステロール血では皮膚やアキレス腱等に黄色腫が発見することもあります。 脳梗塞、脳出血 心筋梗塞、狭心症 大動脈瘤、大動脈解離 閉塞性動脈硬化 腎臓障害 治療の方法は・・・ 動脈硬化を進めないようにすることが治療の重要な目的です。[mikura-clinic.jp] 特に、LDL受容体異常である 家族性高コレステロール血(FH) については、当院は動脈硬化学会より 家族性高コレステロール血の紹介可能な施設 として指定されており、アキレス腱肥厚の測定に加え、当院循環器内科の協力を得て、合併症としての早発性心血管疾患の評価を行っています。[kawasaki-hospital-kobe.or.jp]

  • 病的肥満

    では「肥満」と「メタボリックシンドローム」の違いは何かというと、肥満の健康への悪影響の中でも特に、命に直結しかねない動脈硬化に焦点を当て、その予防と早期治療のために診断するのがメタボリックシンドロームだということです。具体的には、前記の内臓脂肪型肥満に該当し、かつ、血圧や血糖値、血清脂質に‘軽度’の異常が重なっている状態を指します。[seikatsusyukanbyo.com] 肥満は各種の合併症を伴いますが、特に生活習慣病と呼ばれる2型糖尿病、脂質異常、高血圧などの原因となり、これらは動脈硬化を促進し将来的に心筋梗塞や脳卒中を起こすリスクを高めます(図2)。そしてこれら生活習慣病は成人のみならず子どもにおいても見られ、子どもの頃から動脈硬化は進行します。また脂肪肝や睡眠時無呼吸をおこすこともあります。[jspe.umin.jp] 高脂血とメタボリックシンドローム 6. 高脂血とメタボリックシンドローム Q&A 7. 糖尿病とメタボリックシンドローム 8. 糖尿病とメタボリックシンドローム Q&A 9. 動脈硬化とメタボリックシンドローム 10. 動脈硬化とメタボリックシンドローム Q&A 11. メタボリックシンドロームの検査と自己チェック 12.[seikatsusyukanbyo.com]

  • 家族性高コレステロール血症

    5.予後 FHホモ接合体は、出生時より著明な高LDLコレステロール血を呈し、皮膚黄色腫が特徴的である。アキレス腱黄色腫、角膜輪、全身性動脈硬化は、小児期において著明に進行する。動脈硬化は、冠動脈だけでなく大動脈弁にも進行し、特徴的な弁上狭窄、弁狭窄を形成する。  [nanbyou.or.jp] 5.治療と予後 FHの治療の基本は、冠動脈疾患など若年齢で起きる動脈硬化の発症および進展の予防であり、早期診断と厳格な治療が最も重要です。[j-athero.org] 家族性高コレステロール血では皮膚やアキレス腱等に黄色腫が発見することもあります。 脳梗塞、脳出血 心筋梗塞、狭心症 大動脈瘤、大動脈解離 閉塞性動脈硬化 腎臓障害 治療の方法は・・・ 動脈硬化を進めないようにすることが治療の重要な目的です。[mikura-clinic.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    軽症のものでも不妊症や子供の場合は発達障害を生じたり、心房細動や動脈硬化、骨粗しょう症や認知症などの様々な病気の原因となることもあります。 頻度の高い症状は、甲状腺機能亢進症では、甲状腺腫大、頻脈、多汗、暑がり、手の震え、動悸、体重減少、便回数増加や下痢、眼球突出、神経質やイライラ、月経異常などです。[phoenix.gr.jp] で最も問題となる症状は早老による動脈硬化などである。また子供のクレチンの場合は生育に必要な甲状腺ホルモンが欠如するので、発育障害や知的障害にいたる場合がある。 甲状腺機能低下症のその他の症状のうち、うつ症状、鼻閉、便秘/腸閉塞、多関節炎が非定型的で見逃されやすく、注意を要する。 もっとも多いのが橋本病である。[ja.wikipedia.org] 治療を受けない場合も、半年に一度の経過観察を 潜在性甲状腺機能低下は放置すると 動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞などの心血管イベントが増える と報告されているため、 治療を受けない場合でも、半年に一度、健診を受けた医療施設や甲状腺専門の医療機関などを受診して指導を受けると良いでしょう。[kmc-zushi.com]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、英: Polycystic ovary syndrome:PCOS)とは、女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。 卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞化している。エコー画像で見ると、卵巣の表面に沿って粒がぐるりと数珠つなぎになっている様子から、「ネックレス・サイン」と呼ばれる。 明確な原因は解明されていない。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状