Create issue ticket

考えれる1,780県の原因 動脈瘤

  • 脳卒中

    3.くも膜下出血 脳動脈にできたこぶ(動脈)が破れて、脳の表面(くも膜下腔)に出血するものです。大部分は先天性の動脈ですが、高血圧によって大きくなるといわれています。 くも膜下出血が起こると、猛烈な頭痛と吐き気、おう吐を伴い、多くはそのまま意識を失ってしまいます。[ncvc.go.jp] くも膜下出血 (詳細は別項目参照) 脳動脈の破れにより症状が出現しますが、破れる血管は脳の表面を走る主幹脳動脈で、血管の一部が状に膨れた脳動脈が破裂します。動脈が破裂すると、脳の表面を覆うくも膜という薄い膜の内側に出血します。くも膜下出血は脳卒中の中では死亡率が高く、重症な病態です。[ncvc.go.jp] 動脈が破れるクモ膜下出血も脳卒中に含まれる。 「卒中」の語源は「卒然として中(あた)る」から。「中風」と呼ばれたのは風が原因だと考えられたため。 脳卒中はしばしば重篤な後遺症を残す。[ja.wikipedia.org]

  • 血管筋脂肪腫

    TAEの適応は腫瘍径の大きさでわけられますが,そのカットオフ値は3 8cm以上と報告により様々なため,当科では腫瘍径ではなく,腫瘍内に発生する仮性動脈径が5mm以上になった時点でTAEの適応としています。[medical-saponet.mynavi.jp] 【質問者】 近藤浩史 帝京大学医学部放射線科学講座教授 【回答】 【仮性動脈径を測るため,ダイナミックCTによる腫瘍の血流評価が重要となる】 AMLは,全腎腫瘍の0.3 3%にみられます。男女比は1:4で女性に多くみられます。[jmedj.co.jp] どのように組み合わせて治療するかが課題 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫の今後の治療戦略として、野々村氏はまず、4cm以上の腫瘍では症状がなくても、動脈などからの出血リスクが高い場合には、エベロリムスあるいは塞栓術による積極的治療を実施することを提唱し、どちらを先に行うかはこれから解決すべき課題であると述べた。[carenet.com]

  • 動脈瘤

    動脈 (どうみゃくりゅう)とは、 動脈 の壁の一部が何らかの要因で薄くなり、その血管が膨らむことで発病する 循環器病 。同様の疾患が 静脈 に生じた場合は 静脈 と呼ばれる。 目次 1 原因 2 病態 3 検査 4 診療科 5 関連項目 原因 [ 編集 ] 動脈硬化 や 外傷 性のものが考えられる。[ja.wikipedia.org] 胸やお腹を切らずに、大動脈の遮断も人工心肺も必要がありませんので 手術としては侵襲度が小さくなりますが、動脈がなくならないため、 動脈内に血流が残る場合(エンドリーク)があります。 また、大動脈全てに行えるわけではなく、動脈の前後に拡張していない 正常な部分(ネック)がある程度必要です。[h.kawasaki-m.ac.jp] 目次 1.脳動脈とは何か 2.脳動脈の原因について 3.脳動脈の分類 4.どんな人が脳動脈になるのか 5.脳動脈の危険性について 6.脳動脈の症状について 7.脳動脈の診断について 8.脳動脈の治療について 9.脳動脈は予防できますか?[tomida-ikiiki.com]

  • 前大脳動脈梗塞

    (1) 脳底(後大脳動脈分岐部)動脈 最大径6mm (2) 左側内頸動脈 最大径3mm (3) 右側中大脳動脈 最大径6mm (4) 右側前大脳動脈遠位部動脈 最大径2mm X1の治療方針についてのカンファレンスが、教授以下、当時医局に在籍し臨床に携わっていた医局員が出席して開かれ、O医師は、その結果を踏まえ、X1およびX2(X1の[medsafe.net] 未破裂脳動脈が発見された場合、脳ドック学会では、脳動脈の最初の発見から数か月以内の3DCTアンギオやMRアンギオの再検により、脳動脈の増大がないことの確認を推奨しています。 脳動脈発生のメカニズムが解明されていないため、脳動脈発生の予防はできませんが、脳動脈破裂の予防は重要です。[tachikawa-hosp.gr.jp] 動脈に対しての治療法は、開頭手術によって動脈の根元を止めるクリッピング術とカテーテルで動脈の中にコイルを詰めて血栓化させてしまう塞栓術の二通りがあります。[hospital.fujieda.shizuoka.jp]

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    さらに高血圧や脳動脈のリスクも伴うため、若年でも高血圧を指摘されたり、脳動脈が大きくなると、吐き気・嘔吐や脳動脈破裂に伴う頭痛などが現れたりする場合もあります。 検査・診断 常染色体優性多発性嚢胞腎が疑われる場合には、 家族歴の確認、採血(血液検査)、尿検査、画像検査を実施します。[medicalnote.jp] 大動脈弁逆流は,動脈壁の変化(大動脈を含む)による大動脈基部の拡張に起因する。 冠動脈が発生する。 若年成人の約4%と高齢患者の最大10%は脳動脈を有する。動脈は,65 75%の患者で通常50歳までに破裂し,危険因子としては,動脈または動脈破裂の家族歴,大きな動脈,コントロール不良の高血圧などがある。[msdmanuals.com] (詳しくは [常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)の治療] の項目をご参照ください) 脳動脈 多発性嚢胞腎では、脳動脈の合併率が高く、さらに破裂を起こしやすいことが分かっています。若くても破裂することがあるので、嚢胞腎と診断をされたら、まず脳動脈の検査を受けることが大切です。具体的には、MRI (MRA)検査を行います。[juntendo-urology.jp]

  • 後大脳動脈の血栓症

    Q:脳動脈ってなに? Q:脳動脈の種類は? Q:脳動脈はどうやって見つけるの? Q:脳動脈を見つけることの利点は? Q: 脳動脈を見つけることの欠点は? Q:無症候性未破裂脳動脈の治療法は? Q:脳動脈が破れるとどうなる? Q:クモ膜下出血ってどんな病気? Q:クモ膜下出血になった場合の良くなり方は?[jsir.or.jp] 動脈とは 脳の動脈の分岐部にできた風船状の嚢状動脈と、脳の血管自体が膨らんでできた本幹動脈群があります。前者の動脈は破裂するとくも膜下出血を生じますが、破裂しない限りは基本的に無症状です。[showa-u.ac.jp] くも膜下出血の約9割は、脳の動脈にできた(脳動脈)が出血を起こすことによっておこるため、この動脈を出血する前に治療しようということです。[ntt-east.co.jp]

  • 大動脈瘤および解離

    2、動脈の形態 真性動脈は形態的に紡錘状動脈と嚢状動脈とに分けられる。紡錘状動脈動脈壁の脆弱化がやや広い範囲わたるために生じるもので、動脈硬化、動脈炎などによるものが多い。これに対し嚢状動脈は、中膜の傷害が限局している場合で、動脈硬化の他に外傷によるものがこの型をとりやすい。[shinshu-u.ac.jp] 全世界的にも高齢化社会の到来に伴い、動脈の老化によって発生する動脈の患者数は、確実に増大しております。 この需要の増大に対応するために、このたび 2004 年 8 月から心臓血管外科に動脈専門外来を開設いたしました。[hospital.osaka-med.ac.jp] 左鎖骨下動脈分岐直後の遠位弓部にEntryを認め、解離腔は大きく化しています。化した解離腔(偽腔)は従来の大動脈腔(真腔)を圧迫しています。 2)感染性動脈 感染に起因した全ての動脈及び既存の動脈に感染 が加わったものを感染性動脈といいます。比較的まれで、 全大動脈に占める割合は 0.5 1.3 %程度です。[yao-aorticcenter.com]

  • 腹部大動脈血栓症

    腹部内臓動脈 腹部大動脈から分枝する内臓を栄養する動脈を形成する病気です。きわめてまれな病気ですが、こちらも腹部大動脈同様に破裂する可能性があるために、注意が必要です。[keio-vascularsurgery.com] 大動脈瘤は、そのできる位置によって、胸部大動脈(上行大動脈、弓部大動脈、遠位弓部大動脈、下行大動脈)、胸腹部大動脈、腹部大動脈と呼ばれます。 動脈とは加齢や動脈硬化などにより血管壁を構成する組織が弱くなって、一部が飛び出すように膨らんだり(嚢状)、血管全体が膨らんだりするものです( 図2 )。[jhf.or.jp] 腹部大動脈・・・横隔膜から下の腹の大動脈にできる。 3. 内臓器動脈・・・肝臓、脾臓、腎臓などに向かう動脈にできる。 4. 末梢動脈・・・手や足の動脈にできる。 5. 脳動脈・・・頭の中の動脈にできる。 6. 冠動脈・・・心臓を養う動脈にできる。 B. 形 による分類 1.[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • クモ膜下出血

    なんといっても動脈は、大きいものほど破れやすいことは間違いありませんが、同時にその発生場所が大きな要素となります。動脈が発生した場所のおおもとの血管を母血管といいますが、これが太いものにできた動脈と細い母血管にできた動脈とでは、たとえそのサイズが同じでも、膨張率から考えて、その動脈の壁の厚さには違いがあるはずです。[nms.ac.jp] 動脈の好発部位としては前交通動脈 (Acom) 、中大脳動脈の最初の分枝部、内頸動脈-後交通動脈 (IC-PC) とされている。前交通動脈では前頭葉下内側および透明中隔に、IC-PCでは側頭葉に、中大脳動脈では外包および側頭葉、前大脳動脈遠位部動脈では脳梁から帯状回に脳内血腫を形成する。[ja.wikipedia.org] くも膜下出血を未然に防ぐ 未破裂脳動脈治療 -脳動脈クリッピング術に新システム導入- 脳血管の病気の中でも重篤な「くも膜下出血」。脳動脈の一部が膨らんで状になった「未破裂脳動脈」が破裂し、頭蓋骨と脳の間にある「くも膜」の下に血液が流れだす状態のことをいいます(図①)。[sk-kumamoto.jp]

  • 後大脳動脈閉塞

    7ミリ以上の動脈であれば、破裂率は0.5%/年以上であり、25ミリ以上の巨大脳動脈では8%/年と、動脈のサイズが大きくなるとともに、破裂率が高まります。 特定の部位(椎骨脳底動脈や、内頸動脈の後交通動脈分岐部)に発生した動脈では7ミリ未満でも0.5%/年、7ミリから12ミリで3%/年となると報告されています。[ncvc.go.jp] 動脈破裂は小動脈では0%、これに対して全動脈では0.6%。同側の頭蓋内出血は小動脈1.8%、全動脈2.4%。脳虚血の合併症は小動脈2.85%で全動脈5.0%であった。 死亡率は2.07%で全動脈では3.8%であった。全後遺症(死亡を含む)は5.44%で全動脈では8.4%であった。[takedahp.or.jp] 大きくなれば破裂しやすくなりますが、小さい動脈でも前交通動脈や後交通動脈、不整な形状のは破裂しやすいと思われます。 偶然発見された、未破裂動脈をどのように治療するかは、自然経過でくも膜下出血を起こす確率と、そして治療を行った場合に起こりうる合併症の確率を考えたうえで最善と思われる加療を考えます。[tokushukai.or.jp]

さらなる症状

類似した症状