Create issue ticket

考えれる115県の原因 動作失調症

  • 緊張性尿失禁

    3.緊張病 緊張病は、興奮・昏迷を基本として、①カタレプシー(同じ姿勢を固持する)、②反響言語(相手の言葉をオウム返しする),反響動作(相手の動作を反復する)、常同(同じ動作をつづける)、拒絶(態度や行動で拒否を示す)、無言など、特徴的な症状を示す症候群です。[comhbo.net] 統合失調症のみならず、うつ病、双極性障害、脳炎などによる器質性精神病などが原因のこともあるため、慎重な診察が必要となります。[comhbo.net]

  • 急性過換気

    全身に血を送ろうとするために心臓が活発に活動するので、ちょっとした動作でも脈が速くなったり、動悸が起こる他、冷え、倦怠感、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛などの症状が起こります。 9自律神経失調 ストレスなどが原因で自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。[tsuzuki-clinic.com]

  • 多発性神経炎

    脊髄小脳変性・多系統萎縮 運動失調(四肢・体幹動作の調節障害)を主症状とする神経変性疾患です。正確な診断は予後推定や治療にも役立つため、一部遺伝子診断を行っています。 多発性硬化症・視神経脊髄炎 中枢神経系の自己免疫疾患です。視神経脊髄炎ではアクアポリン4の測定も行います。[hospital.luke.ac.jp] また過呼吸や動作時などに急に構音障害や失調、手足のしびれや痒みなど突発性発作が現れることがあります。 MSの初発症状は脱髄病巣の部位によって多彩です。神経学的所見では無症状であると考えられた部位にも異常が認められることがあります。実際に自覚症状が片側であっても、神経学的所見では両側に異常が認められることもあります。[mbiotech.org]

  • 心因性過換気

    全身に血を送ろうとするために心臓が活発に活動するので、ちょっとした動作でも脈が速くなったり、動悸が起こる他、冷え、倦怠感、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛などの症状が起こります。 9自律神経失調 ストレスなどが原因で自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。[tsuzuki-clinic.com]

  • 心臓性喘息

    全身に血を送ろうとするために心臓が活発に活動するので、ちょっとした動作でも脈が速くなったり、動悸が起こる他、冷え、倦怠感、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛などの症状が起こります。 9自律神経失調 ストレスなどが原因で自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。[tsuzuki-clinic.com]

  • 脱髄疾患

    また過呼吸や動作時などに急に構音障害や失調、手足のしびれや痒みなど突発性発作が現れることがあります。 MSの初発症状は脱髄病巣の部位によって多彩です。神経学的所見では無症状であると考えられた部位にも異常が認められることがあります。実際に自覚症状が片側であっても、神経学的所見では両側に異常が認められることもあります。[mbiotech.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    また過呼吸や動作時などに急に構音障害や失調、手足のしびれや痒みなど突発性発作が現れることがある。 初発症状は脱髄病巣の部位によって多彩である。神経学的所見では無症状であると考えられた部位にも異常が認められることがある。実際に自覚症状が片側であっても、神経学的所見では両側に異常が認められることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 淡蒼球錐体症候群

    失調、難聴、視神経萎縮を伴い、6p21-p23に連鎖する家系が報告されている。 上肢に時々動作時振戦、器を落とす。 歯状核、およびこれと連絡する神経路の障害による振戦は運動時に著明である。[ameblo.jp] ミオクローヌス ミオクローヌスてんかん 動作時ミオクローヌス 口蓋ミオクローヌス*** Creutzfeldt-Jakob病 てんかん・小脳失調・痴呆 脳アノキシア後遺症・低血糖 血管障害が多い。[ibaraisikai.or.jp] ARSACSの患者は平均41歳で車椅子生活となるが認知機能はよく保たれ晩期までにづ上生活動作は可能である。 その他の常染色体劣性遺伝性小脳失調 日本から精神遅滞と末梢神経障害、著しい小脳萎縮を伴う失調症が報告されている。[ameblo.jp]

  • 前脊髄動脈症候群

    ミオクローヌス ミオクローヌスてんかん 動作時ミオクローヌス 口蓋ミオクローヌス*** Creutzfeldt-Jakob病 てんかん・小脳失調・痴呆 脳アノキシア後遺症・低血糖 血管障害が多い。[ibaraisikai.or.jp]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    また過呼吸や動作時などに急に構音障害や失調、手足のしびれや痒みなど突発性発作が現れることがあります。 MSの初発症状は脱髄病巣の部位によって多彩です。神経学的所見では無症状であると考えられた部位にも異常が認められることがあります。実際に自覚症状が片側であっても、神経学的所見では両側に異常が認められることもあります。[mbiotech.org]

さらなる症状