Create issue ticket

考えれる318県の原因 創傷感染症

  • レンサ球菌感染

    掲載日:2018年3月26日 β溶血性レンサ球菌はグラム陽性、連鎖状の配列を有する細菌であり、血液を含んだ寒天培地で培養を行った時、菌が発育した周囲の赤血球を溶かし、図のような溶血環を形成することが特徴です。Lancefieldの血清群により分類され、ヒトの感染症に関与するものは主にA群、B群、C群およびG群です。 A 群溶血性レンサ球菌 特にA群溶血性レンサ球菌(Group A streptococcus: GAS)である Streptococcus pyogenes (図1)は、幼児の細菌性咽頭炎の主な原因菌として知られています。 「 A[…][iph.osaka.jp]

  • 結膜炎

    結膜炎(けつまくえん、Pink eye)とは、結膜にできる炎症のことをいう。なお、慢性化した結膜炎を「慢性結膜炎」ということもある。 感染症・アレルギー等を原因として結膜に炎症を生じる。 大きく分けると感染性(細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎)と、非感染性(アレルギー性結膜炎)に大別される。 様々な細菌によって結膜炎を生じる。原因となっている細菌に有効な抗生物質や抗菌剤の点眼液で、ウイルス性結膜炎に比べ、短期間に治癒しやすい。しかし、薬剤耐性を有する細菌によるものも報告されている。 フリクテン -[…][ja.wikipedia.org]

  • 悪性骨腫瘍

    悪性骨腫瘍末期の方へのターミナルケア 2009.12.23 佐賀県 T・Iさん(65歳、男性) 〔末期ガンのYさんを鹿児島療院へ案内〕 平成19年2月1日のことです。Yさん(56歳、女性)が妹さんと一緒にわが家に来られ、「今日、病院でガンと診断されました」と相談を受けました。医師の診断は「末期の骨盤腫瘍であり、進行が進んでいるために手術はできない」と言われたとのことでした。 私はYさんに鹿児島 療院 のことを紹介し、 岡田式健康法 を体験することを勧めました。[…][moainternational.or.jp]

  • ガス壊疽

    出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 ガス壊疽 がすえそ ガス壊疽菌の感染によっておこる創傷感染の一つ。ガス壊疽菌というのは嫌気性グラム陽性桿菌 (かんきん) 群の総称で、クロストリジウム属がもっとも多く、なかでも主役はウェルシュ菌である。ガス壊疽は、これらの混合感染による症候群である。[kotobank.jp] ガス壊疽菌は皮膚や腸管の創傷部位から感染し、血行が遮断され、嫌気的条件の成立した創傷部深部で増殖して、筋肉組織や皮下組織へと病巣が拡大する。多種の毒素・酵素を産生し、組織壊死やガス形成、さらには毒血症を引き起こす。[vet.osakafu-u.ac.jp] 獣医伝染病学各論A、感染症制御学、獣医衛生学実習 大学院担当授業科目 感染症制御学特別講義B オフィスアワー 月曜日(12:00〜13:00) りんくう・C511 メールアドレス [email protected] ウェブサイト 研究紹介 ガス壊疽はClostridium属のガス壊疽菌群によって引き起こされる致死性の高い人獣共通感染[vet.osakafu-u.ac.jp]

  • 点状角膜炎

    作者: Melvin I. Roat, MD, FACS, Clinical Associate Professor of Ophthalmology, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University; Cornea Service, Wills Eye Hospital 浅层点状角膜炎为角膜(虹膜和瞳孔前的透明层)表层细胞死亡所致。 眼睛发红、溢泪、畏光,视力可能有所下降。 大多患者可以完全康复。 症状可以缓解。 此病可能是由以下任何因素所致: 一种病毒感染 细菌感染(包括沙眼衣原体感染—见 沙眼 ) 干眼症 化学试剂入眼[…][msdmanuals.cn]

  • 上気道感染症

    【 劇型溶血性連鎖球菌 】 「人食いバクテリア」として恐れられた。咽頭炎、創傷感染、手術創感染などに引き続いて、突然の高熱、四肢の筋肉痛、嘔吐、下痢、血圧低下などの敗血症性ショックを呈する。早期に播種性血管内凝固症候群(DIC)から肝不全、腎不全、成人呼吸窮迫症候群(ARDS)などの多臓器不全を起こして死亡する。[biseibutu.co.jp]

  • 歯齦炎

    び火傷感染、髄膜炎、腹膜炎、細菌性心内膜炎、敗血症、耳下腺炎、梅毒、放線菌症、アメーバ赤痢、細菌性赤痢、疫痢、トラコーマ、歯肉炎、歯齦炎、リンパ節炎、炭疽、脾脱疽、発疹熱、歯髄炎、トリコモナス膣炎、乳幼児下痢症、眼瞼炎、角膜潰瘍[fpmaj-saihyoka.com] 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 熱傷後感染 ひょう疽創傷感染 化膿創 火傷 外科的感染の治療 鶏眼二次感染 手術後の二次感染 術後感染 術後創感染 植皮術における感染予防 創感染 創傷・熱傷の二次感染 創傷及び手術後の二次感染 熱傷感染 肛門部手術創 感染性褥創 びらん・潰瘍の二次感染 感染性褥瘡 皮膚潰瘍などの二次感染の治療 褥瘡[fpmaj.gr.jp] び火傷感染、髄膜炎、腹膜炎、細菌性心内膜炎、敗血症、耳下腺炎、梅毒、放線菌症、アメーバ赤痢、細菌性赤痢、疫痢、トラコーマ、歯肉炎、歯齦炎、リンパ節炎、炭疽、脾脱疽、発疹熱、歯髄炎、トリコモナス膣炎、乳幼児下痢症、眼瞼炎、角膜潰瘍 (筋注) (1)有効であることが実証されているもの 原発性非定型肺炎、鼠径リンパ肉芽腫、発疹チフス、つつが虫病[fpmaj-saihyoka.com]

  • 黄色ブドウ球菌感染症

    病原体の検出 血液、腹水、胸水、髄液など、通常は無菌的であるべき臨床検体から分離された場合(敗血症・心内膜炎、腹膜炎、胸膜炎、髄膜炎、骨髄炎など)で、以下の検査室での判断基準を満たすもの 喀痰、膿、尿、便など無菌的ではない検体からの分離では、感染の起因菌と判定された場合(肺炎などの呼吸器感染、肝・胆道系感染創傷感染、腎盂腎炎・複雑性尿路感染症[medic.mie-u.ac.jp] 胃炎 ヘリコバクターピロリー 腸管感染 赤痢菌、チフス菌、サルモネラ菌、コレラ菌、 腸炎ビブリオ菌、カンピロバクタ菌、大腸菌O157、 黄色ブドウ球菌、セレウス菌 皮膚感染 創傷感染 黄色ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌 破傷風 ウエルシュ菌 泌尿器感染症 膀胱炎 大腸菌、肺炎桿菌、エンテロバクター、セラチア、 黄色ブドウ球菌、緑膿菌 生殖器感染症[chuo.kcho.jp] 注射薬物使用者における黄色ブドウ球菌感染のリスクを低減するためには、医療従事者は彼らを薬物中毒の医療サービスに紹介したり、安全な注射器の使い方や創傷治療、感染初期の徴候に関する情報を提供したりすべきだと、CDCは指摘している。[carenet.com]

  • 皮膚感染症

    外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 熱傷後感染 ひょう疽創傷感染 化膿創 火傷 外科的感染の治療 鶏眼二次感染 手術後の二次感染 術後感染 術後創感染 植皮術における感染予防 創感染 創傷・熱傷の二次感染 創傷及び手術後の二次感染 熱傷感染 肛門部手術創 感染性褥創 びらん・潰瘍の二次感染 感染性褥瘡 皮膚潰瘍などの二次感染の治療 褥瘡[fpmaj.gr.jp] 口腔外科手術後の感染予防 抜歯創・口腔手術創の二次感染 抜歯後感染 抜歯創を含む口腔創傷の感染予防またはその治療 抜歯窩の感染治療及び抜歯窩の感染予防 ドライソケット ドライソケット びらん又は潰瘍を伴う口内炎 感染性口内炎 感染性口内炎 口内炎 舌炎 舌炎 猩紅熱 猩紅熱 リウマチ熱の発症予防 リウマチ熱の発症予防 炭疽 炭疽 ジフテリア[fpmaj.gr.jp] 歯冠周囲炎 歯冠周囲炎 智歯周囲炎 歯性上顎洞炎 上顎洞炎 上顎洞炎 顎骨周辺の蜂巣炎 顎骨周辺の蜂巣炎 頬部蜂窩織炎 歯骨炎 顎炎 顎炎 顎骨骨髄炎 顎骨骨膜炎 顎骨周囲炎 感染上顎のう胞 歯槽骨膜炎 (歯科・口腔外科)各種感染症の治療、抜歯・腫瘍摘出・のう包摘出・外傷治療・整形等の手術及び手術前後の局所に使用 歯科・口腔外科領域における各種感染[fpmaj.gr.jp]

  • 癤腫症

    Clinical Chart 体表創傷,異物,皮膚・軟部組織感染のいずれも臨床医である以上,遭遇する頻度の高い病態であることを銘記する.[primary-care.sysmex.co.jp] :毛包の化膿性炎症.感染性粉瘤との鑑別が必要 重症感染症については,早期に診断をつけることが治療上きわめて重要である.特徴的な症状や臨床経過が存在する疾患もあるので,これらを見逃さないように注意する. ①TSS: 発熱 ,血圧低下,全身の潮紅,消化器症状など ②TSLS:上気道炎症状, 発熱 ,血圧低下,筋肉痛 ③ビブリオ・バルニフィカス感染[primary-care.sysmex.co.jp] 体表創傷の診断においては,受傷部位ごとの重要組織損傷に注意する. ①顔面:骨折の有無,髄液漏の有無,涙小管・耳下腺管・顔面神経損傷 ②頸部:頸動脈・頸静脈損傷の有無,迷走神経・副神経損傷 ③四肢:大血管・腱・神経損傷 治療については,一次閉鎖(縫合)可能か否かを正しく評価して愛護的操作を心がける.一時閉鎖ができない場合は湿潤環境が維持できる[primary-care.sysmex.co.jp]

さらなる症状