Create issue ticket

考えれる370県の原因 副腎転移

  • 気管支原性癌
  • 気管支腺癌
  • 副腎転移

    肝内病変および肝外転移病変が制御され、肝機能が良好な症例においては、副腎転移に対する放射線治療も治療選択肢となりうる可能性が示唆された。[sites.google.com] このうち副腎転移する頻度は、非小細胞肺がん患者さんの約20%といわれています。 他の転移については以下をご覧ください。 脳転移・骨転移に対する放射線療法 肺がんが副腎転移したときの症状 副腎は、血圧を調整するホルモンや、血液中の糖や脂肪分を調整するホルモンなど、いろいろなホルモンを作っている臓器です。[haigan-tomoni.jp] を行ったところ,両側副腎に集積を認め肺癌の両側副腎転移と診断した.肺癌の副腎転移による出血はまれであり,これまでの報告は11例であった.今回我々は,本症例と合わせて12例の検討を行った.肺癌に罹患した患者が誘因のない腹背部痛や貧血をきたした際には,肺癌の副腎転移による出血も考慮すべきである.また,肺癌患者の副腎転移の診断にはPET/CTが有用[journal.kyorin.co.jp]

  • ホジキン病

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 ホジキン病 ホジキンびょう Hodgkin's disease 腫瘍, 悪性リンパ腫 の一種。臨床的には, 弛張熱 , 好酸球 増加,全身 リンパ節 の 腫大 などがみられる。特に頸部, 縦隔 ,腹腔,鼠径部の無痛性のリンパ節に初発することが多い。その他の症状としては,炎症と免疫不全がみられる。また,皮膚病変を伴わない皮膚のかゆみ,アルコール飲酒後のリンパ節の痛み,食欲不振などの症状もある。 脾臓 ,肝臓,骨髄も侵される。脾臓では小結節状の病巣が多数みられることが多く,これは 斑岩 脾と呼ばれている。組織学的には,単核および多核の 腫瘍 細胞,[…][kotobank.jp]

  • 副腎出血

    を行ったところ,両側副腎に集積を認め肺癌の両側副腎転移と診断した.肺癌の副腎転移による出血はまれであり,これまでの報告は11例であった.今回我々は,本症例と合わせて12例の検討を行った.肺癌に罹患した患者が誘因のない腹背部痛や貧血をきたした際には,肺癌の副腎転移による出血も考慮すべきである.また,肺癌患者の副腎転移の診断にはPET/CTが有用[journal.jrs.or.jp] の診断法とその典型・非典型 186(16) 副腎転移(肺癌の) 2015年6月号 (Vol.31, No.6) 副腎と腎臓の腫瘍性病変 画像・臨床・病理のtriangle 681(13) 副腎転移(肺腺癌の) 2015年2月号 (Vol.31, No.2) 臓器別転移性腫瘍の診断法とその典型・非典型 175(8) (右)副腎転移(右肺癌術後[medicalview.co.jp] 希少さと治療抵抗性から確立された治療法がなく,予後不良な疾患と考えられている.今回,われわれは副腎出血を契機に発見された肺多形癌および副腎転移に対して外科的切除を行うことで長期生存を得ることに成功した症例を経験した.[haigan.gr.jp]

  • 副腎不全

    血中コルチゾル低値, 血中ACTH高値などから, 急性副腎不全と診断した. 両側副腎に巨大な肺癌の転移巣を認めており, 副腎不全の原因と考えられた. ヒドロコルチゾン投与で症状は速やかに軽快した. 肺癌は高率に副腎転移を来すが, 両側副腎転移により副腎不全に至った報告例は少ない.[dspace.lib.niigata-u.ac.jp] 原発性副腎機能不全の原因は、自己免疫による炎症、結核などの感染、両側副腎出血、乳がんや肺がんなどの悪性腫瘍の副腎転移などがあります。慢性的に副腎全体の機能が低下したものをアジソン病といいます。先天性副腎過形成などの先天的な副腎機能不全もありますが、頻度はまれです。[saiseikai.or.jp] アジソン病の病因は、[1]特発性、[2]感染性(結核、真菌など)、[3]ガンの副腎転移、などが主であり、まれに先天性のものがありますが、大半が特発性と結核性によるものです。特発性とは原因不明の副腎萎縮をこう呼んでいましたが、最近では血中に抗副腎抗体がみられることが多いことなどから、自己免疫性副腎炎であるとも考えられています。[miyagi.doctor-search.tv]

  • 副腎皮質癌

    (右)非機能性副腎腺腫:内部は不均一・粗で、当初、 副腎癌 か 褐色細胞腫 が疑われました。 転移副腎腫瘍と手術適応 転移副腎腫瘍は、肺がんなどの副腎転移です。時に 副腎出血 を起こす事があります。[nagasaki-clinic.com] 副腎がんの転移先として多い部位 副腎がんは進行が早く、比較的転移しやすいのが特徴。腎臓や脾臓、肝臓などの副腎に近い臓器やリンパに転移しやすいです。 副腎がんは見つけにくいがんのため、発見された頃にはステージ2以上になっている場合が多く早急な手術が必要となります。 また再発の可能性も高いため、定期的な検査を受けることが大切です。[wakarugantenittmgd.com] 副腎皮質癌か転移性癌か? 副腎は,肺,肝,骨とともに他からの腫瘍転移をきたしやすい臓器として知られる。転移副腎腫瘍は60 80歳代に多く,癌で死亡した剖検例の27%で副腎転移巣が観察されたとの報告も過去にあるほどである[ 13 ]。[jstage.jst.go.jp]

  • 肺癌

    PET/CTは、肺癌のリンパ節、骨、副腎転移の検出に優れる。 また、癌性心膜炎の診断にも有用である。 図 4a MIP画像 図 4b 左肺癌および縦隔リンパ節 転移のPET画像 図 4c 左副腎転移のPET画像 図 4d 腰椎転移のPET画像 図 4e 癌性心膜炎のPET画像 患者背景 80歳代、男性。主訴は血痰。[nmp.co.jp] 癌は他の臓器やリンパ節に転移する病気です。肺癌は脳、肺、全身の骨、肝臓、副腎などの臓器や気管支近傍のリンパ節に転移することがあります。 肺癌は顕微鏡で見た癌の形から、小細胞肺癌と非小細胞肺癌の2つに大きく分類されます。サイズの小さい癌が小細胞肺癌ということではありません。[med.nagoya-cu.ac.jp] 肺がんは血の流れやリンパの流れに乗って色々な臓器に転移する事があり、転移した臓器を侵し臓器の働きを障害します。 肺がんが特に転移・再発しやすい臓器は肺、脳、骨、腎、副腎、肝臓などがあります。 実は転移・再発巣は初回手術時から秘かに存在しているのです。[kindai-geka.jp]

  • 褐色細胞腫

    I-123に比べ分解能が低く、SPECTも撮れないため、心臓病名で123I-MIBGシンチグラフィ(腹部SPECTも)を撮る方が勧められる(I-131での転移リンパ節見落とし例あり)目的 副腎外原発巣や転移巣の場所を調べること。 原理 アドレナリンを分泌する本腫瘍細胞は、アドレナリンの原料としてノルアドレナリンを取り込んでいる。[ja.wikipedia.org] 判定 副腎外に陽性 (hot spot) 描出される。 PET:MIBGで取り込みがなくともPETで陽性となることもある。転移巣の検索に有用。 スクリーニングとしては随時尿中メタネフリン、尿中ノルメタネフリンを測定し、尿中クレアチニンで補正する。正常上限の3倍異常、またはメタネフリンとノルメタネフリンの和が1を超えたら精密検査を行う。[ja.wikipedia.org]

  • アジソン病

    その他癌の副腎転移、代謝異常などによる副腎の 変性 ・萎縮を起こす副腎白質ジストロフィー、Wolman 病などがある。 5. この病気は遺伝するのですか 特発性アジソン病で他の自己免疫性の内分泌疾患や病気と合併するものの中には遺伝子の関与が示唆されているものがある。 6.[nanbyou.or.jp] アジソン病の病因は、[1]特発性、[2]感染性(結核、真菌など)、[3]ガンの副腎転移、などが主であり、まれに先天性のものがありますが、大半が特発性と結核性によるものです。特発性とは原因不明の副腎萎縮をこう呼んでいましたが、最近では血中に抗副腎抗体がみられることが多いことなどから、自己免疫性副腎炎であるとも考えられています。[miyagi.doctor-search.tv] 後天性の原因としては結核、自己免疫による副腎萎縮、悪性腫瘍の副腎転移、出血、感染症などによる病変がある。 先天性副腎低形成(先天性アジソン病)は極めて稀で、これまでに数十例の報告があるにすぎない。原因としては先天性副腎低形成、副腎ホルモン合成酵素欠損、家族性グルココルチコイド欠損などがある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状