Create issue ticket

考えれる358県の原因 副腎皮質腺腫

  • 副腎皮質腺腫

    UMIN試験ID UMIN000005282 最終情報更新日: 2018年9月28日 公開日:2011年3月22日 登録・組み入れ開始日:2011年3月1日 基本情報 試験簡略名 副腎皮質腺腫治療とquality of life 試験進捗状況 試験終了 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 副腎皮質腺腫(Cushing症候群、Sub-Clinical[rctportal.niph.go.jp] 治療は、下垂体腺腫副腎皮質腺腫、癌異所性ACTH産生腫瘍に対しては、腫瘍の摘出を行う。下垂体腺腫が残存した場合は、下垂体照射、ガンマナイフなどを行う。[med.toaeiyo.co.jp] に類似した構造を呈していた.膵頭部に発生した異所性副腎皮質腺腫と診断した.きわめてまれな腫瘍と考えられた.[myschedule.jp]

  • クッシング症候群

    下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫副腎癌、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質小結節性異形成(PPNAD)など 異所性ACTH産生腫瘍 小細胞肺癌、気管支カルチノイド、胸腺腫、甲状腺髄様癌、膵癌、卵巣癌など 種々の原因により糖質コルチコイドが増加していることによって、引き起こされる。[ja.wikipedia.org]

  • 副腎皮質癌

    腹部超音波検査やCTで偶然(1-5%、高齢者10%)副腎腫瘍を発見される事があり、副腎偶発腫瘍(インシデンタローマ)と呼ばれます。50%はホルモンを作らない非機能性副腎皮質腺腫ですが、3cm以上の場合、 副腎癌 (副腎原発1%、転移性5%)の事があります。骨髄脂肪腫3%。[nagasaki-clinic.com] 副腎皮質癌におけるKi-67陽性率は幅が広いが,5%を超える症例は副腎皮質癌である可能性がきわめて高く( 図2a ),逆に腺腫ではほとんどが2%以内とされる。 図 2 . 副腎皮質癌に対する免疫染色。a:Ki-67。多くの癌細胞で核に陽性となっており,細胞増殖能の亢進がうかがえる。b:Ad4BP/SF-1。[jstage.jst.go.jp] に対して後腹膜鏡下副腎摘出術を施行された.病理診断は副腎皮質腺腫であり,1 年後の経過観察では再発を認めなかった.2005年 4 月,CTにて手術部位に後腹膜腫瘍が認められ,当院へ紹介となった.画像診断では腫瘍は手術部位を中心に,IVCを背側から巻き込む様に浸潤し,又肝・横隔膜・右腎・大腰筋への浸潤も疑われた.内分泌学的には非機能性腫瘍で,[js-phlebology.org]

  • 下垂体腺腫

    4)副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫 副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫は、クッシング病と呼ばれ、下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが過剰に分泌されます。若年から中年の女性に多く、肥満が特徴です。諸外国では小児例も比較的多くみられます。顔が満月様に丸くなり、手足に比べて胸や腹部が太る、いわゆる中心性肥満という体型になります ( 図 8) 。[square.umin.ac.jp] ホルモンにはプロラクチン、成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモンがあります。頻度が多いのはプロラクチン、成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン産生性下垂体腺腫です。プロラクチン産生性下垂体腺腫は、女性では、月経不順や無月経、乳汁分泌を呈し、男性では性欲低下や勃起不全をきたします。[kms.ac.jp] ホルモンを過剰に分泌するホルモン産生腺腫とホルモンを分泌しない非機能性腺腫に分けられ、ホルモン産生腺腫には、成長ホルモン産生腺腫(先端巨大症、巨人症)、プロラクチン産生腺腫(プロラクチノーマ)、副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫(クッシング病)などがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 高アルドステロン症

    原発性 副腎皮質からアルドステロンが自律的に過剰分泌されることによる。球状帯の過形成や腺腫などによる。本来の分泌組織である副腎皮質の異常なので原発性アルドステロン症と言う。 続発性 他臓器の障害によりレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系の亢進によってアルドステロンが高値となる病態。[ja.wikipedia.org]

  • 腺腫

    性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫 発生頻度は、非機能性腺腫 (約40%)、プロラクチン産生腺腫 (約30%)、成長ホルモン腺腫 (約20%)、副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫 (約5%)、甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫 (約1%)、その他 (約4%)です。[hama-med.ac.jp] 4)副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫 副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫は、クッシング病と呼ばれ、下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが過剰に分泌されます。若年から中年の女性に多く、肥満が特徴です。諸外国では小児例も比較的多くみられます。顔が満月様に丸くなり、手足に比べて胸や腹部が太る、いわゆる中心性肥満という体型になります ( 図 8) 。[square.umin.ac.jp] ホルモンを過剰に分泌するホルモン産生腺腫とホルモンを分泌しない非機能性腺腫に分けられ、ホルモン産生腺腫には、成長ホルモン産生腺腫(先端巨大症、巨人症)、プロラクチン産生腺腫(プロラクチノーマ)、副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫(クッシング病)などがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 副腎皮質刺激ホルモン-分泌下垂体腺腫

    副腎皮質ステロイド合成酵素阻害薬の投与 低値 (10未満) ACTH非依存性Cushing症候群 ・副腎皮質腺腫副腎癌 ヒドロコルチゾン投与 続発性副腎皮質機能低下症 ・脳腫瘍、下垂体腫瘍、炎症 デキサメタゾンなど投与 【参考】 ・臨床検査ガイド2015 ・臨床検査データブック2015-2016[crc-group.co.jp] Keywords 副腎皮質ホルモン,コルチゾール,クッシング症候群,骨粗鬆症,ACTH,副腎皮質刺激ホルモン,下垂体腺腫,クッシング病,医原性クッシング症候群,甲状腺,副腎 副腎 は左右2個、腎臓の上にあり、さまざまなホルモンを分泌します。[nagasaki-clinic.com] ACTHとコルチゾール値の解釈 血中コルチゾール(μg/dL) 高値(20以上) 低値(4未満) 血中ACTH値 (pg/mL) 高値 (60以上) ACTH依存性Cushing症候群 ・Cushing病 ・異所性ACTH産生腫瘍 偽性Cushing症候群 ・抑うつ状態、アルコール依存症 ストレス、妊娠、ACTH製剤投与 Addison病 急性副腎不全[crc-group.co.jp]

  • 家族性褐色細胞腫

    副腎皮質 良性 機能性副腎皮質腺腫(ホルモン産生あり) アルドステロン症 クッシング症候群 プレクリニカルクッシング症候群 性ステロイド過剰産生 非機能性副腎皮質腺腫(ホルモン産生なし) 悪性 副腎がん(副腎皮質癌) 副腎髄質 良性 褐色細胞腫 神経鞘腫など 悪性 悪性褐色細胞腫 アルドステロン症 アルドステロンを過剰分泌する腫瘍です。[shikoku-cc.go.jp] 最近のマルチスライススキャナーは速度が速くて解像度もきわめて高く、副腎皮質腺腫(偶発病変の頻度が高い)の同定が可能である。最近の非イオン性造影剤は、従来のイオン性造影剤に比べて安全であり、カテコールアミン放出を刺激しない。[natureasia.com] 腹部超音波検査やCTで偶然(1-5%、高齢者10%)副腎腫瘍を発見される事があり、副腎偶発腫瘍(インシデンタローマ)と呼ばれます。 約75%は副腎腺腫、薬50%はホルモンを作らない非機能性副腎皮質腺腫ですが、3cm以上の場合、 副腎癌 (副腎原発1%/転移性5%)の事があります。骨髄脂肪腫3%。[nagasaki-clinic.com]

  • 褐色細胞腫

    内分泌内科 褐色細胞腫診療マニュアル 著:成瀬光栄/平田結喜緒 診断と治療社 2012年 ISBN 9784787818515 原発性アルドステロン症 - 副腎皮質が原因 クッシング症候群 - 下垂体腺腫が原因 褐色細胞腫を考える会 - 患者会 悪性褐色細胞腫の実態調査と診療指針の作成 - 日本内分泌学会 臨床重要課題 平成19年度[ja.wikipedia.org]

  • 医原性クッシング病

    Keywords 副腎皮質ホルモン,コルチゾール,クッシング症候群,骨粗鬆症,ACTH,副腎皮質刺激ホルモン,下垂体腺腫,クッシング病,医原性クッシング症候群,甲状腺,副腎 副腎 は左右2個、腎臓の上にあり、さまざまなホルモンを分泌します。[nagasaki-clinic.com] が原因) 異所性ACTH症候群( 肺がん 、 胸腺腫 、 カルチノイド ) ACTH非依存性クッシング症候群の代表例 副腎皮質腺腫 副腎がん まれに、他の病気の治療のために使用されたコルチゾールが原因でクッシング症候群が起こることがある(医原性クッシング症候群) この場合、コルチゾールの使用を中止すればクッシング症候群の症状は改善する ([medley.life] Keywords 下垂体クッシング病,ACTH,副腎皮質刺激ホルモン,下垂体腺腫,デキサメサゾン試験,CRH試験,DDAVP試験,ダイナミックMRI,異所性ACTH産生腫瘍,big ACTH 下垂体クッシング病は、 ACTH (副腎皮質刺激ホルモン)産生する下垂体腺腫が原因です。[nagasaki-clinic.com]

さらなる症状