Create issue ticket

考えれる11県の原因 副腎皮質癌

  • クロンカイト・カナダ症候群

    腫瘍性ポリポーシスに比べると稀だが、消化管合併の報告がされており胃癌、大腸の合併が多い。 副腎皮質ホルモン治療が有効。中心静脈栄養を併用する。抗菌剤やヒスタミン受容体拮抗薬の有効性が報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • 横紋筋肉腫

    リ・フラウメニ症候群 リ・フラウメニ症候群は、軟部組織肉腫や骨肉腫、閉経前乳癌、脳腫瘍、副腎皮質、その他様々な腫瘍を伴うがん多発症候群です。[health.merrymall.net]

  • 尿毒症

    以下の理由による肝臓中の尿素生産の増加: 高蛋白食 タンパク質ブレークダウンの増加(手術、伝染、外傷、) 消化管出血 薬物(例えばテトラサイクリン、副腎皮質ステロイド) 以下の理由による尿素の除去の減少: 低血圧、心不全などによる腎臓血流の減少 尿の流出妨害 脱水症 高尿素窒素血症 腎臓学 腎不全[ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群

    下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫、副腎、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質小結節性異形成(PPNAD)など 異所性ACTH産生腫瘍 小細胞肺癌、気管支カルチノイド、胸腺腫、甲状腺髄様、膵癌、卵巣癌など 種々の原因により糖質コルチコイドが増加していることによって、引き起こされる。[ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    代表的な原因 糖尿病治療薬、ペンタミジン、キニーネなどによる薬剤性 副腎不全(副腎皮質ホルモン剤の急な中止など) インスリン産生腫瘍(インスリノーマなど) 肝細胞はそれそのものがインスリン様物質(IGF-II)を産生し、低血糖症の原因となることがある(腫瘍随伴症候群) 肝不全 重篤な慢性疾患(癌など何でも) 自己免疫性低血糖(インスリン・インスリン[ja.wikipedia.org]

  • 鞭虫症

    メベンダゾールは有意に腫瘍細胞の成長や転移を阻害し、副腎皮質に対してin vitro とin vivo の両方で効果を示した。肺癌系の細胞株を用いた実験では、有糸分裂を停止させ、カスパーゼ活性化とシトクロムc放出によってアポトーシスを誘導した。[ja.wikipedia.org]

  • 下垂体腺腫

    下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫、副腎、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質小結節性異形成(PPNAD)など 異所性ACTH産生腫瘍 小細胞肺癌、気管支カルチノイド、胸腺腫、甲状腺髄様、膵癌、卵巣癌など 種々の原因により糖質コルチコイドが増加していることによって、引き起こされる。[ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    水過剰(正常循環血液量性低ナトリウム血症) このカテゴリーで最も多いの高齢者の患者などでおこる抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、その他甲状腺機能低下症、副腎皮質刺激ホルモン単独欠損症、多飲症、reset osmostatなどがあげられる。尿中ナトリウム濃度が20 (mEq/L)を超えているのが特徴である。[ja.wikipedia.org]

  • 亜急性甲状腺炎

    鑑別すべき疾患としては、バセドウ病、橋本病急性増悪、無痛性甲状腺炎、急性化膿性甲状腺炎、甲状腺未分化がある。 通常は、疼痛、発熱などに対する対症療法が主体となり、消炎鎮痛剤などが処方される。重症例には副腎皮質ステロイドが使用されることもある。 一般に抗甲状腺薬は使用されない。[ja.wikipedia.org]

  • ポルフィリン症

    副甲状腺機能低下症 先天性副腎皮質過形成(congenital adrenal hyperplasia;CAH) ステロイドホルモン合成に関する酵素の先天的な欠損により、様々なホルモンの欠乏/過剰を来す。医師国家試験では1桁目が1のものは男性化を起こし、10桁目が1のものは高血圧を起こすと簡略して覚えられることもある。[ja.wikipedia.org] バセドウ病 (Graves'病) 甲状腺機能低下症 甲状腺炎 亜急性甲状腺炎 無痛性甲状腺炎 慢性甲状腺炎(橋本病) 副甲状腺機能亢進症 原発性副甲状腺機能亢進症 副甲状腺の腺腫、過形成、などによりPTHの過剰分泌がおこる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状