Create issue ticket

考えれる234県の原因 副腎出血

  • 重度外傷

    執筆者: Thomas G. Weiser, MD, MPH, Associate Professor, Department of Surgery, Section of Trauma & Critical Care, Stanford University School of Medicine; Visiting Professor of Surgery, University of Edinburgh 多くの胸部外傷では、肋骨、上腹部、肺、血管、心臓、筋肉、軟部組織、胸骨などに損傷が起こります。ときに食道、鎖骨、または肩甲骨に損傷が及ぶこともあります。[…][msdmanuals.com]

  • 本態性血小板血症

    本態性血小板血症(ほんたいせい・けっしょうばんけっしょう、英名Essential thrombocythemia またはEssential thrombocytosis)とは、骨髄増殖性疾患の一つで造血幹細胞レベルの異常から主に血小板が著しく増加する血液疾患である。(ICD-10 D75.2, D47.3) 原発性血小板血症や特発性血小板増加症、血小板増多症あるいは単に血小板血症と呼ばれることもある。 血液[…][ja.wikipedia.org]

  • 副腎出血

    副腎クリーゼ ( 急性副腎不全 )の原因 副腎の 細菌感染 (髄膜炎菌・ 肺炎球菌 )・ 出血 (ワーファリン服用中)・副腎梗塞( 抗リン脂質抗体症候群 )による副腎皮質ホルモンの急激な減少 下垂体障害による副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌低下[脳外傷・脳外科手術・出産時の出血多量(シーハン症候群)・ 下垂体卒中 ] 慢性副腎皮質機能低下症[nagasaki-clinic.com] 副腎の機能が低下する原因としては、アジソン病などの病気や感染症に伴う副腎出血などが挙げられます。 迅速な治療介入が必要となりますが、副腎クリーゼにだけみられるような特徴的な症状がないため診断が難航する場合もあります。 原因 副腎クリーゼは、副腎から分泌される糖質コルチコイドと呼ばれるホルモンの不足が原因で引き起こされます。[medicalnote.jp] その他および詳細不明の副腎皮質機能不全(症) 続発性副腎皮質機能低下症 低アルドステロン症 副腎萎縮 副腎梗塞 副腎出血 副腎石灰化症 副腎皮質機能低下症 副腎皮質機能低下に伴う貧血 低レニン性低アルドステロン症 4型尿細管性アシドーシス ACTH不応症 DAX-1異常症 IMAge症候群 SF-1異常症 TripleA症候群 治療後副腎皮質[scuel.me]

  • 副腎疾患

    5.腹腔鏡下副腎摘除術でおこりうる合併症 ・発熱 手術侵襲に伴うもので、多くは点滴治療で改善します。 ・術後出血副腎周囲臓器の損傷 多くは安静により改善しますが、再手術により止血や修復を行うことがあります。 ・深部静脈血栓症、肺血栓症 下肢の深部静脈に血栓(血のかたまり)ができ、それがはがれて血流に乗り肺の血管が詰まることがあります。[jikei-ur.umin.jp] 2,副腎の腫瘍(副腎性クッシング症候群:AT) 副腎が腫瘍になり、腫瘍がコルチゾールを過剰に分泌すると、副腎皮質機能亢進症になります。副腎の腫瘍はすぐ側にある大血管に入り込むことがあり、出血、塞栓症や突然死のリスクがあります。下垂体の腫瘍よりも高齢の犬で発生しやすく、日本ではシー・ズーに好発するようです。[mah.jp] 2.副腎性クッシング症候群 コルチゾールは生命維持に必要不可欠なホルモンですが、不必要に過剰に分泌されると中心性肥満、満月様顔貌、下肢浮腫、易出血性、耐糖能障害・糖尿病、脂質異常症、骨粗鬆症を合併するクッシング症候群をひきおこします。そのうち、副腎腫瘍からコルチゾールが自律的に分泌されるものを副腎性クッシング症候群といいます。[todai-jinnai.com]

  • 副腎不全

    アジソン病患者がストレスを受けたとき、副腎皮質ホルモンを長期大量投与中に減量ないし中止したとき、急性の重症感染、両側副腎出血、血栓、外傷などが原因となる。 好酸球増多、低血糖などが見られ、血中コルチゾールは低値を示す。 全身倦怠感や脱力感などの非特異的症状で始まり、精神症状や消化器症状が見られる。微熱から38度を超える高熱も見られる。[ja.wikipedia.org] 副腎出血が起きたときにもみられます。他の疾患のために副腎皮質ステロイド薬を服用していて、急に中止したときも起こりやすいので注意が必要です。糖質ステロイド薬を服用すると、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌が低下して副腎が萎縮し、ホルモンを分泌できないからです。[medical.jiji.com] 副腎機能不全の原因と治療法 副腎機能不全は副腎自体に原因がある「原発性副腎機能不全」と、脳下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌不全が原因である「続発性副腎機能不全」に分けられます。 原発性副腎機能不全の原因は、自己免疫による炎症、結核などの感染、両側副腎出血、乳がんや肺がんなどの悪性腫瘍の副腎転移などがあります。[saiseikai.or.jp]

  • 良性移動性舌炎

    腰痛 原因が不明の時には①血管障害(大動脈瘤切迫破裂、感染性大動脈瘤、 大動脈解離 、心房細動時の 腎梗塞 LDH 単独上昇、抗血栓薬内服中の副腎出血や急性脊椎硬膜外血腫)、②感染(腎盂腎炎、腎膿瘍、脊椎椎間板炎、硬膜外膿瘍、腸腰筋膿瘍)、③腫瘍(骨髄腫や前立腺、乳房、腎臓、甲状腺、肺からの転移)を除外します。[ohashinaika.jp] 、 急性副腎不全 、糖尿病性ケトアシドーシス等。[ohashinaika.jp] 腹痛をきたす婦人科疾患 破裂性子宮外妊娠は3大大量腹腔内出血の原因の1つ(他は肝細胞癌破裂、腹腔動脈瘤破裂)です。骨盤腹膜炎は発熱はあるが下痢や嘔気、嘔吐などの消化器症状を伴わない持続する下腹部痛が主症状です。淋菌とクラミジア・トラコマティスが主な起炎菌ですが、淋菌のほうが重症となります。 虫垂炎 を鑑別します。[ohashinaika.jp]

  • アジソン病

    アジソン病は副腎を摘出したり、副腎皮質ホルモンが分泌されなくなったり、副腎出血したり、腫瘍ができたりで、副腎皮質ホルモンの分泌量が減ってしまうことが原因です。 またステロイド約の投与を急にやめた場合やクッシング病の治療の薬の投与などが原因になることもあります。 アジソン病では、心臓が小さくなるので、エックス線などで検査を行ないます。[mixi.jp] そのほか、電解質異常を確認したり、副腎皮質に対する抗体検査を行ったりすることもあります。副腎皮質に対する画像検査が行われることもあり、CTやMRIで出血、石灰化、副腎の大きさ(たとえば自己免疫が原因のときは小さくなり、感染症が原因の場合には大きくなる)などを確認します。[medicalnote.jp] 副腎機能不全の原因と治療法 副腎機能不全は副腎自体に原因がある「原発性副腎機能不全」と、脳下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌不全が原因である「続発性副腎機能不全」に分けられます。 原発性副腎機能不全の原因は、自己免疫による炎症、結核などの感染、両側副腎出血、乳がんや肺がんなどの悪性腫瘍の副腎転移などがあります。[saiseikai.or.jp]

  • 髄膜炎

    その後、菌血症の進行により、血圧低下、副腎出血、多臓器不全(敗血症)を起こすことが知られています。 治療は、一刻も早くペニシリン系やセフェム系の抗生物質を静脈注射で開始することです。抗生物質による治療の効果が出れば、2週間前後で髄膜炎症状は軽くなります。[asahi.com] 侵襲性髄膜炎菌感染症には、髄膜炎、菌血症、敗血症、髄膜脳炎、副腎出血やショック状態になるWaterhouse-Friedrichsen症候群などがあります。[wada-ped.jp] 重度の髄膜炎菌および肺炎球菌感染では副腎から大量出血してウォーターハウス・フリードリヒセン症候群を発症することがあり、多くは致死的である。 脳組織が増大し頭蓋骨内部の圧力が亢進して、膨張した脳が頭蓋底から押し出され脳ヘルニアになる場合があり、意識レベルの低下、対光反射の消失、異常肢位によって気づくことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    副腎機能不全の原因と治療法 副腎機能不全は副腎自体に原因がある「原発性副腎機能不全」と、脳下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌不全が原因である「続発性副腎機能不全」に分けられます。 原発性副腎機能不全の原因は、自己免疫による炎症、結核などの感染、両側副腎出血、乳がんや肺がんなどの悪性腫瘍の副腎転移などがあります。[saiseikai.or.jp]

  • 血小板減少症

    逆に言うとすべての症例が治療対象となるわけではな く、出血傾向に乏しい血小板3万/μl以上の症例は無治療で経過観察する場合もありま す。 ITPの治療にはこれまで 副腎皮質ステロイド 、アザチオプリンあるいはイムランなど の免疫抑制剤あるいは血小板破壊の舞台となる 脾臓摘出(摘脾) が行われてきました。[med.osaka-cu.ac.jp] 血小板数が1万 2万/µL以下に低下すると、口腔内出血、鼻出血、下血、血尿、頭蓋内出血などの重篤な出血症状が出現する。これらの症状を呈した場合は入院の上、副腎皮質ステロイドやガンマクロブリン大量療法に加え、血小板輸血も考慮する。[nanbyou.or.jp] あり (血小板数を問わない)(9) First line治療(9) 副腎皮質ホルモン 摘脾 Second line治療(10) ダナゾール デキサメサゾン大量療法 リツキサン シクロスポリン アザチオプリン シクロフォスファミド 多剤併用化学療法、等 血小板数3万以上 重篤な出血傾向なし 無治療経過観察 (1) 診断時に慢性型、急性型の区別[med.osaka-cu.ac.jp]

さらなる症状