Create issue ticket

考えれる83県の原因 副甲状腺ホルモンの増加

  • ビタミンD欠乏症

    抄録 ビタミンD充足度の最良の指標は血中25(OH)D濃度である.現在,基準値は,概ね10 70ng/mlである.通常,25(OH)D濃度が基準値以下の場合を,ビタミンD欠乏症とし,くる病・骨軟化症の原因となる病態である.近年,血中25(OH)D濃度が基準値範囲内でも低値傾向を示す場合,高率に甲状腺ホルモン分泌の亢進,骨代謝回転の増加,転倒頻度[jstage.jst.go.jp]

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 妊娠後期

    妊娠28週(妊娠8か月)以降は妊娠後期といわれ、お腹が大きくなってきたのが目立つ時期です。お腹の赤ちゃんも活発に動き、赤ちゃんが動いただけで、痛いと感じる妊婦さんもいます。 妊娠後期、気になる主な疾患は『切迫早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『切迫早産』について話しましょう。 早い時期からのお腹の張りは要注意 『切迫早産』の主な症状は 「お腹の張り」 です。お腹が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。 お腹の張り[…][kosodate-support-satsumasendai.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 慢性腎不全

    腎機能が低下すると十分に変換されず利用可能なビタミンDが減ると甲状腺ホルモンの産生を抑制できなくなり血中の甲状腺ホルモン増加し骨障害や動脈硬化を起こすことになります) 重炭酸イオン(腎機能低下で酸の排泄障害がおこるため、血中に酸がたまり、血中重炭酸イオンが低下します。[ohishi-naika-clinic.jp]

  • 甲状腺髄様癌

    MEN2Aの患者さんの一部では副甲状腺の働きが高まり(副甲状腺機能亢進症)、過剰の甲状腺ホルモンが分泌される結果、血液中のカルシウム濃度が高くなります。高カルシウム血症のために尿中に排泄されるカルシウムも増加し、これが尿路結石や腎臓の機能障害を引き起こすことがあります。また高カルシウム血症は間接的に胃十二指腸潰瘍を起きやすくします。[men-net.org]

  • 急性膵炎

    急性膵炎 (きゅうせいすいえん)とは、 膵臓 に急性に炎症が生じた 膵炎 のこと。 成因 [ 編集 ] 成人の急性膵炎の原因としては アルコール と 胆石 が2大成因とされている。この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。その他は、特発性、 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 (ERCP)後、 高TG血症 、膵胆管合流異常症等が上げられる。また、 HIV 感染者では 抗ウイルス薬 による薬剤性のものが報告されている。小児の場合は 流行性耳下腺炎 、 マイコプラズマ といった感染症、 抗がん剤[…][ja.wikipedia.org]

  • 気管支原性癌
  • 甲状腺濾胞癌

    甲状腺濾胞癌 甲状腺にできる癌です。 原因は不明です。 症状は甲状腺の中の痛みのないしこりだけです。 特徴 1.ゆっくり発育し、ほとんどは正確がおとなしいです。 2.一部に肺・骨に転移するものがあります。 3.進行すると、声を出す神経や気管に進展する事があります。 診断 細胞の検査が必要です。ただし、良性の甲状腺濾胞腺腫との区別が難しい場合が多くあります。 治療 しこりを含めた甲状腺の切除、あるいは甲状腺全部の摘出が必要です。 肺・骨に転移があるときは、甲状腺全部を摘出した後に、アイソトープ治療を行うことがあります。 手術後 1.甲状腺ホルモン剤の服用が必要なことがあります。[…][hoshino-jibika.com]

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状