Create issue ticket

考えれる315県の原因 前頭部棘波-徐波, 痙攣

つまり: 前頭部棘波-徐, 痙攣

  • 低血糖症

    血糖値が30mg/dl以下になると痙攣、昏睡になり、対応が遅れると意識が戻らないこともある。交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。[ja.wikipedia.org] 身体症状は心拍数や拍出量の増加、血糖と脂質の上昇、代謝の亢進、手足の冷え、呼吸が浅い、眼の奥が痛む、動悸、頻脈、狭心痛、手足の筋肉の痙攣、失神発作、月経前緊張症、手指の震えなどがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 酒害

    (高知用)「東名高速バス酒酔い運転事件の教訓から」  職場と地域から飲酒運転をなくすために  2006、7,23 山村陽一 1、 東名高速道酒酔い運転の衝撃  中央道酒酔い事件の1年後 ・ 業界あげての防止対策実施 ・ アルコール検知器で未然に防いだ事例2件 ・ 東名高速道の飲酒運転へ至る運転手の飲酒状況 2、 へし折られた天狗の鼻 ・ 事故防止のために国鉄に採用された私 ・ 事故の全責任は私にある ・ 私の間違いは、どこにあったか(中途半端な知識、関係団体の無知) 3、 交通職場にある他人事意識と忘れたい心理 ・ 運転手、現場管理者の他人事意識(俺は大丈夫、ウチは大丈夫) ・[…][blog.livedoor.jp]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 慢性アルコール依存症
    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 松果体嚢胞
    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 急性腎不全

    治療を行わない場合は痙攣、昏睡へと進行する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • イレウス

    腹部手術後、腹膜炎、低カリウム血症や鉛中毒、薬剤の作用により、腸管の運動麻痺が生じ腸管の痙攣が原因となるもの。 機械的閉塞でみられる古典的な仙痛パターンはめったに起こらない、腹部膨満感、腹痛、悪心、嘔吐、排便・排ガスの途絶が生じ、単純性イレウスでは間欠的な、複雑性では持続的な痛みを伴う。腸管内容が吸収されないため、脱水症を生じる。[ja.wikipedia.org] 痙攣性腸閉塞 痙攣性は鎮痙薬の投与などで治療します。 保存的治療では閉塞が解除されれば、腸管の運動に合わせて、徐々に飲水、流動食、5分粥、全粥と食事形態を上げていきます。入院期間は1〜2週間程度です。その他は疾患により数日〜数週間の入院が必要になることもあります。[tokushukai.or.jp] 機械性イレウス(狭義の腸閉塞) 単純性イレウス(閉塞性イレウス) 複雑性イレウス(絞扼性イレウス)腸の捻れ、腸重積、ヘルニア嵌頓機能的イレウス 麻痺性イレウス 痙攣性イレウス 腸管内に腫瘍、胆石、便塊、異物や食べ物での閉塞、寄生虫による閉塞、炎症や瘢痕による狭窄、卵巣癌などによる腹腔内病変による腸管圧迫閉塞等によるものや、腸管および腸間膜が[ja.wikipedia.org]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • アルツハイマー病

    東京工科大学は10月10日、中東では健康食として知られる「ニゲラサチバ」の種子油に含まれる「チモキノン」が、アルツハイマー病の原因であるアミロイドβの神経細胞毒性を保護する作用があることを発見したことを発表した。 同成果は、同大応用生物学部の鈴木郁郎助教らによるもの。詳細は、「第8回ヨーロッパ神経科学会」、「第35回日本神経科学会大会」および「日本薬学会第133年会」などで紹介されたほか、科学雑誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載された。[…][news.mynavi.jp]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 子癇前症

    症状基本的には痙攣発作と意識消失である。あえて典型例を示すのなら、誘導期:意識消失、瞳孔散大、対光反射消失、眼筋痙攣、顔面痙攣 強直性痙攣痙攣が全身に広がる、後弓反射、呼吸停止、これらは10秒程度続く。 間代性痙攣:間歇的痙攣、瞳孔散大、チアノーゼ、これらが1分程度続く。[ja.wikipedia.org] 前述の通り、子癇発作の直後は体動や光などわずかな刺激で再度の痙攣発作を誘発し、生命に関わる。そのため子癇の状況で、特別脳出血を疑う所見がない限り頭部CTなどは原則として撮ることはない。 子癇の治療の目標としては、痙攣の制御、低酸素血症の補正、高血圧の管理、分娩の管理である。[ja.wikipedia.org] 子癇の本質は高血圧にともなう脳組織の循環障害と機能障害であり、非妊娠個体においても痙攣や意識障害などの中枢神経症状として発症する高血圧脳症(高血圧クリーゼ)の類縁疾患である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 前頭部棘波-徐波

さらなる症状

類似した症状