Create issue ticket

考えれる131県の原因 前頭部棘波-徐波, 多巣性異常

つまり: 前頭部棘波-徐, 多巣性異常

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    を証明 てんかん性放電として頭部優位の全般性の多,光刺激により突発反応が30%でみられる 治療 原因薬剤の減量・中止 薬剤による治療,誘因をなるべく避ける生活指導 予後 治療により軽快 長期間にわたり内服が必要だが加齢とともに軽快することが多い ミオクローヌスはさまざまな病因で起こり,四肢,顔面,体幹の筋にみられ,意識消失を伴わない[jstage.jst.go.jp] 第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] されている 現病歴 刺激過敏性があることがある ミオクロニー発作は8 26歳の間,多くは12 18歳の間(平均14歳)に発症,ストレスや光刺激などで誘発されることがある 電気生理学的検査 表面筋電図で主動筋と拮抗筋同時の筋放電,giant SEP,giant VEP,長ループ反射など 脳波はjerk-locked averaging法により先行[jstage.jst.go.jp]

  • 欠神発作

    (発作起始から終了に向かって周波数が漸減する) 頭部優勢 広汎性に3 4Hz(多)複合(発作起始から終了に向かって周波数が漸減する) 全般性強直間代発作の合併 少ない 多い(80%の例で欠神発作発症後2年以内に合併する) ミオクロニー発作の合併 まれ 比較的多い(15 20%程度) 予後 多くは成人前に発作が消失(1 2年発作がなく[kksmile.com] 発症頻度 小児てんかんの1割前後 比較的稀 男女比 男児 女児(6 7割) 男児 女児 欠神発作の頻度 頻発(1日に10 100回以上) 1日に数回以内 〃 の持続 10秒程度(4 20秒) 16秒程度(4 30秒)とやや長い 〃 の反応性 発作開始直後と終了直前にはわずかに反応性がある 発作中もわずかに反応性がある 〃 の脳波 広汎性3Hz 複合[kksmile.com]

  • 特発性全般てんかん

    第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] 反応とを区別した 1952年 Livingstonが、テレビてんかんを最初に報告 1981年 Rushtonが、スペースインベーダてんかんを最初に報告 1989年 わが国で前田らがテレビゲームてんかんを報告 1992年 Waltzらは中枢神経系の光感受性を反映する光突発反応 として、4類型を報告 光突発反応の4類型 第1型:閃光に一致する後頭部[soumu.go.jp]

  • 若年性欠神てんかん

    第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] 反応とを区別した 1952年 Livingstonが、テレビてんかんを最初に報告 1981年 Rushtonが、スペースインベーダてんかんを最初に報告 1989年 わが国で前田らがテレビゲームてんかんを報告 1992年 Waltzらは中枢神経系の光感受性を反映する光突発反応 として、4類型を報告 光突発反応の4類型 第1型:閃光に一致する後頭部[soumu.go.jp]

  • てんかん

    てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」をくりかえし起こす病気ですが、その原因や症状は人により様々で、乳幼児から高齢者までどの年齢層でも発病する可能性があり、患者数も1000人に5人 8人(日本全体で60万[…][mhlw.go.jp]

  • 脳症

    脳症(のうしょう、Encephalopathy)とは、発熱、頭痛、意識障害、麻痺などの脳炎の急性症状を示すにもかかわらず、脳実質内に炎症が認められず浮腫が認められる状態のことである。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • ニューロパチー

    このほか、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)や運動ニューロパチーも、末梢神経障害の原因となる炎症性の末梢神経障害として挙げられます。 糖尿病などの代謝性疾患 代謝に異常が起こる病気も末梢神経障害の原因となります。なかでも代表的な代謝性疾患は糖尿病です。[medicalnote.jp]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 末梢神経障害

    このほか、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)や運動 ニューロパチー も、末梢神経障害の原因となる炎症性の末梢神経障害として挙げられます。 糖尿病などの代謝性疾患 代謝に異常が起こる病気も末梢神経障害の原因となります。なかでも代表的な代謝性疾患は糖尿病です。[medicalnote.jp]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群

    神経食欲不振症 神経線維腫症 進行核上麻痺 進行骨化線維形成異常症 進行性白質脳症 スティーヴンス・ジョンソン症候群 スモン 正常圧水頭症 成人スチル病 脊髄空洞症 脊髄小脳変性症 脊髄性筋萎縮症 全身性エリテマトーデス 先端巨大症 先天性QT延長症候群 先天性魚鱗癬様紅皮症 先天性副腎皮質酵素欠損症 側頭動脈炎 大動脈炎症候群[city.shijonawate.lg.jp] 95 特発門脈圧亢進症 128 リソソーム病 30 血栓性血小板減少性紫斑病 63 進行性性白質脳症 96 特発性両側性感音難聴 129 リンパ管筋腫症 31 原発性アルドステロン症 64 スティーヴンス・ジョンソン症候群 97 突発性難聴 130 レフェトフ症候群 32 原発性硬化性胆管炎 65 スモン 98 難治性ネフローゼ症候群[m-takken.jp] 好酸球性筋膜炎 後縦靭帯骨化症 拘束型心筋症 広範脊柱管狭窄症 高プロラクチン血症 抗リン脂質抗体症候群 骨髄異形成症候群 骨髄線維症 ゴナドトロピン分泌過剰症 混合性結合組織病 再生不良性貧血 サルコイドーシス シェーグレン症候群 色素性乾皮症 自己免疫性肝炎 自己免疫性溶血性貧血 視神経症 若年性肺気腫 重症急性膵炎 重症筋無力症 神経過食症[city.shijonawate.lg.jp]

    不足: 前頭部棘波-徐波
  • 原発性進行性多発性硬化症

    神経食欲不振症 神経線維腫症 進行核上麻痺 進行骨化線維形成異常症 進行性白質脳症 スティーヴンス・ジョンソン症候群 スモン 正常圧水頭症 成人スチル病 脊髄空洞症 脊髄小脳変性症 脊髄性筋萎縮症 全身性エリテマトーデス 先端巨大症 先天性QT延長症候群 先天性魚鱗癬様紅皮症 先天性副腎皮質酵素欠損症 側頭動脈炎 大動脈炎症候群[city.shijonawate.lg.jp] 95 特発門脈圧亢進症 128 リソソーム病 30 血栓性血小板減少性紫斑病 63 進行性性白質脳症 96 特発性両側性感音難聴 129 リンパ管筋腫症 31 原発性アルドステロン症 64 スティーヴンス・ジョンソン症候群 97 突発性難聴 130 レフェトフ症候群 32 原発性硬化性胆管炎 65 スモン 98 難治性ネフローゼ症候群[m-takken.jp] 123 汎発特発性骨増殖症 23 ギラン・バレ症候群 74 進行性性白質脳症 124 肥大型心筋症 24 筋萎縮性側索硬化症 75 スティーヴンス・ジョンソン症候群 125 ビタミンD依存症二型 25 クッシング病 76 スモン 126 非典型溶血性尿毒症症候群 26 クリオピリン関連周期熱症候群 77 正常圧水頭症 127 皮膚筋炎[city.okinawa.okinawa.jp]

    不足: 前頭部棘波-徐波

さらなる症状