Create issue ticket

考えれる48県の原因 前頭痛

  • 性腺機能低下症

    類宦官(るいかんがん)は、精巣からの男性ホルモンの分泌が少ないために、声変わりしない、陰毛やひげが生えてこない、陰茎や精巣が小さいなど、男性化徴候(二次性徴)が発現しない病気である。 宦官は、昔、中国などで去勢され王朝に仕えていた男子のことで、身体的特徴が類似しているため以前はこの病名が使われていたが、最近ではあまり使われず、性腺機能低下症のなかに分類される。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    厚労省のインフルエンザ予防啓発に「うがい」なし 「根拠ない」 「うがい」が、インフルエンザの予防に明確な根拠がないと、厚生労働省は、予防対策のポスターから外している。 山形県では29日、インフルエンザ警報が発令された。 小学校では、手洗いなどの予防対策が徹底されている。 厚労省によると、1月14日から20日に報告された全国のインフルエンザの患者数は、11万人を突破した。 これから流行のピークを迎えるとみられている。 インフルエンザの予防法というと、「手洗い」、「うがい」、「マスク」。[…][web.archive.org]

  • 慢性副鼻腔炎
  • 急性アンフェタミン中毒
  • 髄膜炎

    ウイルス性髄膜炎に伴う頭痛は通常、頭部または眼窩後部に認められしばしば羞明や眼球運動に伴う疼痛が認められる。大部分の報告ではエンテロウイルスが無菌性髄膜炎の75 - 90%を占めている。[ja.wikipedia.org] 成人の髄膜炎に最も多い症状は重度の頭痛であり、細菌性髄膜炎の90%近くに認められる。次いで項部硬直(首の筋緊張、硬直により首を他動的にへ曲げられなくなる)がみられる。項部硬直、急な高熱、意識障害を髄膜炎の3徴というが、この3徴が全てみられるのは細菌性髄膜炎患者の44 - 46%程度に過ぎない。[ja.wikipedia.org] 亜急性髄膜炎の患者は医師のもと訪れる数日から数週間に持続性の頭痛、項部硬直、微熱、嗜眠を呈している。脳神経麻痺や寝汗が認められることもある。これらの症状は慢性髄膜炎と重複する。原因菌としては結核菌、クリプトコッカスなどの真菌症、ヒストプラズマ症、コクシジオイデス症、梅毒などが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 緑内障

    緑内障は、眼圧が高くなり、視野が欠けてくる目の病気です。一般的には、目のなかの房水(ぼうすい)が増大し 眼圧が上昇、視神経を圧迫することで発症します。このような緑内障にかかっているときに、使用してはいけない薬がいろいろとあります。その多くは、抗コリン作用を持ち、眼圧の上昇を来たすおそれのある薬です。抗コリン薬には、瞳を開くとともに 房水の出口をふさぎ、その排出を阻害する作用があるのです。 抗コリン薬以外では、抗パーキンソン薬のレボドパ製剤、狭心症治療薬の硝酸薬、昇圧薬のリズミックなどが[…][okusuri110.com]

  • 硬膜下血腫
  • 可逆性脳血管攣縮症候群
  • 細菌性髄膜炎

    第一群は全体の25%であり24時間以内に入院を必要とするような頭痛、錯乱、傾眠、意識障害など急性の発症を呈した。第二群は入院の1〜7日にわたって髄膜炎症状が緩徐に進行した。第二群の患者の多くは上気道症状も伴っていた。第三群は最初の髄膜炎症状が出現する前に呼吸器感染が1〜3週間続いていた。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜腫

    髄膜腫(ずいまくしゅ)または髄膜腫瘍(ずいまくしゅよう)は、脳と脊髄の周りの膜層である髄膜から発生し、非常にゆっくりと進行する腫瘍である。症状は発生箇所とその腫瘍によって圧迫される組織によって異なる。多くの場合、症状がない。時に発作、認知症、言語障害、視覚障害、半身の衰弱、尿失禁になることがある。 髄膜腫の主な要因には、放射線治療などによる電離放射線曝露、家系、神経線維腫症2型、などがあげられる。2014年には髄膜腫と携帯電話使用との関係性はないとされた。髄膜腫はいくつかの異なる種類の細胞から発生するとされ、その中にはクモ膜下細胞も含まれる。診断は一般的に医用画像による。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状