Create issue ticket

考えれる24県の原因 前頭洞痛

  • 前頭洞炎

    ・上顎洞炎:上顎部痛、歯痛、前頭部、側頭部 ・篩骨炎:眼の後方、眼の間の部位の痛み、「割れるような」と表現される前頭部、後頭部前頭炎:前額部、前頭部、眼窩上内側角に圧、膿性鼻漏が直立位で流下 ・蝶形骨炎:他と比べて局在性はないが、前頭および後頭部に放散する、頭頂部、側頭部痛、鼻漏は後鼻孔に流れます ・倦怠感が生じることもあります[www5a.biglobe.ne.jp] 症状は発熱、倦怠 (けんたい) 感、感染した副鼻腔がある骨の疼痛 (とうつう) ないし頭痛で、上顎炎、篩骨炎、前頭炎では頬 (ほお) 、鼻根部、前頭部に圧と浮腫を認めることがある。小児では症状がより著明で、生後3か月以内の乳児の上顎洞炎は上顎洞の発育が未発達のため、上顎骨骨髄炎の型となる。[kotobank.jp] 前頭の炎症は頭痛や眼の原因となり得ます。[iwano-jibika.or.jp]

  • 鼻・脳ムコール症

    トップ 疾患一覧 耳鼻咽喉科疾患 副鼻腔真菌症 疾患メモ 副鼻腔真菌症は,副鼻腔内に真菌塊(fungus ball)を形成する予後良好な疾患である(寄生型副鼻腔真菌症)。しかしごく稀に,真菌が副鼻腔内から急激に眼窩や頭蓋へと進展する予後不良なタイプがある(破壊型副鼻腔真菌症)。また,真菌が病原菌ではなく抗原として働くアレルギー性真菌性副鼻腔炎(allergic fungal sinusitis:AFS)という疾患概念が近年確立された。これらの病態の違いは,宿主の免疫状態と真菌の役割にあると考えられている。 好発年齢は40[…][jmedj.co.jp]

  • 上気道感染症

    最もわかりやすい所見は顔面の圧である。 副鼻腔 の位置に対応した圧痛点が見られることが多い。例えば、 上顎 ならば頬部、 前頭 ならば額、 篩骨洞 ならば目の間である。軽く押さえるだけで十分圧の所見はとれる。眼窩部は健常者も圧痛が見られるため触診しない方が良いと言われている。[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性下気道感染症

    最もわかりやすい所見は顔面の圧である。 副鼻腔 の位置に対応した圧痛点が見られることが多い。例えば、 上顎 ならば頬部、 前頭 ならば額、 篩骨洞 ならば目の間である。軽く押さえるだけで十分圧の所見はとれる。眼窩部は健常者も圧痛が見られるため触診しない方が良いと言われている。[ja.wikipedia.org]

  • 耳垢栓塞

    膿が頬(上顎)に溜まれば頬部を起こし、眼の周り(篩骨)に溜まれば眼の付け根が痛くなり、額(前頭洞)や脳のすぐ下(蝶形洞)に溜まれば頭痛を起こします。内服治療で改善できるので早めに耳鼻咽喉科を受診してください。[izuminomori-clinic.jp]

  • 急性呼吸器感染症

    最もわかりやすい所見は顔面の圧である。 副鼻腔 の位置に対応した圧痛点が見られることが多い。例えば、 上顎 ならば頬部、 前頭 ならば額、 篩骨洞 ならば目の間である。軽く押さえるだけで十分圧の所見はとれる。眼窩部は健常者も圧痛が見られるため触診しない方が良いと言われている。[ja.wikipedia.org]

  • 耳管開放症

    膿が頬(上顎)に溜まれば頬部を起こし、眼の周り(篩骨)に溜まれば眼の付け根が痛くなり、額(前頭洞)や脳のすぐ下(蝶形洞)に溜まれば頭痛を起こします。内服治療で改善できるので早めに耳鼻咽喉科を受診してください。[izuminomori-clinic.jp]

  • 出血性甲状腺嚢胞

    膿が頬(上顎)に溜まれば頬部を起こし、眼の周り(篩骨)に溜まれば眼の付け根が痛くなり、額(前頭洞)や脳のすぐ下(蝶形洞)に溜まれば頭痛を起こします。内服治療で改善できるので早めに耳鼻咽喉科を受診してください。[izuminomori-clinic.jp]

  • 蝶形骨洞粘液嚢腫

    前頭、前部篩骨では、 眼瞼腫脹、眼球突出、複視、眼 などを引き起こす。前頭篩骨の病変が眼窩内側を圧排することが最も多い。 後部篩骨洞や蝶形骨洞では 眼窩尖端症候群 の原因にもなる。 無症状の場合は、通常経過観察となる。 粘液嚢胞・粘液瘤の画像所見 CT、MR所見 CTでは 造影効果のない膨張性嚢胞性腫瘤 。類円形を呈する。[xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp]

  • 悪性中耳炎

    膿が頬(上顎)に溜まれば頬部を起こし、眼の周り(篩骨)に溜まれば眼の付け根が痛くなり、額(前頭洞)や脳のすぐ下(蝶形洞)に溜まれば頭痛を起こします。内服治療で改善できるので早めに耳鼻咽喉科を受診してください。[izuminomori-clinic.jp]

さらなる症状