Create issue ticket

考えれる8県の原因 前頭左抑圧

  • 外傷性脳損傷

    2018.07.17 友の会役員体制のご紹介 軽度外傷性脳損傷友の会役員体制を追加しました。 ご紹介致します。 2017.01.30 軽度外傷性脳損傷の実際 -学際的アプローチと多重的脳画像診断学- 軽度外傷性脳損傷の実際―学際的アプローチと多重的脳画像診断学 ひらの亀戸ひまわり診療所整形外科/石橋徹 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科/相馬啓子 安田泌尿器クリニック神経泌尿器科/安田耕作 木沢記念病院脳神経外科/篠田淳 (労働者住民医療2015.10) Mild Traumatic Brain Injury:Multidisciplinary Approach and Multiple Neuroimaging[…][mild-tbi.net]

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • てんかん

    脳MRI画像 左:特発性一次性てんかんのMRI ( 正常 。2年前から半年に1回ほど、1回に5分ほど、意識消失と共に全身がけいれんする発作)、右: 二次性てんかんのMRI ( 脳腫瘍 髄膜腫(矢印) 。3年前から年に1回ほど、1回に5分ほど、右手ががくがくと動く発作)。左のMRIが成人のてんかんの95-97%を占める。 概括と症状[…][web.archive.org]

  • 脳腫瘍

    脳腫瘍 「脳腫瘍」は、脳自体から発生した「原発性脳腫瘍」と他臓器(肺や乳腺、胃や大腸など)から転移してきた「転移性脳腫瘍」に分けられます。様々な種類の腫瘍があるので、「手術」、「薬物治療」、「放射線治療」などから各腫瘍に適した治療を選択します。 また手術に際しては、脳神経機能障害を回避するため必要に応じて以下の方法を用います。 神経モニタリング 手足の運動・感覚機能や聴力、視力などを確認できる 誘発電位検査 、脳の運動や感覚を司る部位を同定する 脳表電気刺激検査 などがあります。 ナビゲーションシステム MRIやCTのデータを基に脳の中の位置を正確に知る装置です。 神経内視鏡[…][kitano-hp.or.jp]

  • 脳症

    脳症(のうしょう、Encephalopathy)とは、発熱、頭痛、意識障害、麻痺などの脳炎の急性症状を示すにもかかわらず、脳実質内に炎症が認められず浮腫が認められる状態のことである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳膿瘍

    脳膿瘍 分類および外部参照情報 DiseasesDB 6880 MedlinePlus 000783 MeSH D001922 脳膿瘍 (のうのうよう、cerebral abscess)は、 脳 の病気のひとつ。脳の中に 細菌 感染が起こり、脳組織内の 炎症 と溜まった 膿 によって脳が圧迫、占拠された状態をいう。 通常無菌状態の脳の内部にバクテリアなどが侵入して感染を起こすと、脳の組織の一部が壊死するとともに、この感染に反応して炎症が起こる。この炎症によって腫脹が起こり、腫瘍は脳に圧力を加えることとなる。 また、体液や破壊された組織細胞、 白血球[…][ja.wikipedia.org]

  • 低酸素性虚血性脳症

    国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センターよりsLOX-1が新生児低酸素性虚血性脳症の早期発見につながる有効なバイオマーカーである可能性が報告されました。 新生児低酸素性虚血性脳症は母体内で、あるいは分娩中になんらかの原因で新生児の脳への酸素供給や血流が滞ることによって引き起こされる脳障害です。 今回、出生時のsLOX-1測定がその重症度と予後予測に役立つ可能性が示唆されました。 今後は、より規模を大きくしたコホート研究を行い、さらなる臨床応用を進めていく方針と発表がされております。[nk-m.co.jp]

  • 虚血性脳卒中

    著者の結論: 急性虚血性脳卒中が疑われる人に対するステロイド投与を評価するには、エビデンスが不十分である。前回の更新以降、結論に変更はない。 アブストラクト全文を閲覧 背景: 脳卒中のほとんどは脳梗塞が原因である。虚血脳組織では、細胞毒性浮腫が発現しやすく、血液脳関門が障害されると、血管原性浮腫が起こる可能性がある。大梗塞は、生命を脅かす巨大浮腫を引き起こす可能性がある。理論的には、副腎皮質ステロイド(以下、ステロイド)による早期治療は、細胞毒性浮腫および血管原性浮腫の低減に役立ち、脳卒中後の臨床アウトカムを改善する可能性がある。 目的:[…][cochrane.org]

さらなる症状