Create issue ticket

考えれる5県の原因 前足回外

  • 踵骨棘

    Bを見ると、前足部と後足部では”ねじれる”関係性になっていますね。 図5 右足の骨格を内側から見た図 上: 下:回内 実際に骨格で表すと図4のようになります。図5の上の図は、回外という動きで、足首をよくグネッと捻挫する方向です(図6)。 図6 回外(捻挫する方向) この動きは足底筋膜が緩みます。そしてカカトの外側が地面に着きます。[fitsalon2017.com]

  • 凹足

    ②後足部の反(踵骨の反)。 ③後足部に対して前足部が転および外する。 このような形態変化の原因によって、縦軸アーチが平坦化し足のバネ機能がなくなり、歩行時の衝撃を緩和できなくなってしまう。[hallux-valgus.jimdo.com]

  • モートン中足骨痛症

    前足部への荷重時に横アーチは低下 します。 それと同時に・・・ 第1中足骨(親趾側)は内転しながらする。 第4・5中足骨(小趾側)は外転しながら回内する。 第2・3中足骨は楔状骨と形成される関節や靭帯等で強固に固定している事から回旋の動きはありません。 これらの 一連した動きにより、横アーチが低下 します。[mihira-r.jp]

  • 中足骨骨折

    今回テーピングは後足部内位、果挙上。前足部は第5列外がえし誘導、第1列底屈誘導を実施した。歩行時の第5列への荷重をMedicapteurs社製Win-podで足圧として確認、測定した。 【結果】 テーピング期間28 67日(平均38.4日)。疼痛除去期間 8 47日(平均38.4日)。骨癒合期間21 41日(平均30.4日)。[jstage.jst.go.jp]

  • 軸前短指症 - 内反母趾症候群

    立方骨の過剰内と下制により、楔状骨と舟状骨の間で働いていたロッキングメカニズムが解除され、それに伴い前足反、中足骨の外、1st Rayの下制と外転が起こります。また、この時脛骨は内旋位となるため、膝関節には内反の負荷が加わります。このような負の運動連鎖は仙腸関節や腰椎へも伝達されるため脊柱の弯曲に変位をもたらすこともあります。[chiro-journal.com] 4,14,15 足関節の内反捻挫では長腓骨筋腱が伸張されることで、前足には後方への牽引力がかかり、立方骨には内下方(内方向)への牽引力がかかります。そのため、立方骨は回内位にサブラクセーションが生じます。従って、この筋肉が立方骨症候群のメカニズムに重要な役割を果たしていると考えられます。[chiro-journal.com]

さらなる症状