Create issue ticket

考えれる5県の原因 前庭神経炎

  • 前庭神経炎

    耳鼻咽喉科 日本めまい平衡医学会 前庭神経関連の論文[ja.wikipedia.org] 前庭神経(ぜんていしんけいえん、英: vestibular neuronitis)は、前庭神経の炎症により起こると考えられている強い回転性めまいを症状とする疾患である。 前庭神経は突発性耳性めまい症の中でも後迷路に病態をもつと推定されるものである。回転性めまいの強い発作は1回であり、反復しない。また、聞こえの症状は伴わない。[ja.wikipedia.org]

  • ライム病

    ライム病(Lyme disease、ライムボレリア症〈Lyme borreliosis〉)は、ノネズミやシカ、野鳥などを保菌動物とし、マダニ科マダニ属 Ixodes ricinus 群のマダニに媒介されるスピロヘータの一種、ボレリア Borrelia の感染によって引き起こされる人獣共通感染症の1つ。感染症法における四類感染症である。野生動物では感染しても発症しないが、人、犬、馬、牛では臨床症状を示す。名前の由来は、アメリカコネチカット州のライム及びオールドライムで1975年に最初に確認(記載は1977年)されたことにちなむ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 運動失調

    メニエール病、突発性難聴、またストレプトマイシン、カナマイシン、ミノサイクリンなどの薬物中毒による前庭神経の障害、外傷、梅毒、音響外傷、耳硬化症、内耳やその続発症などがある。前庭迷路血管に血行障害のある中枢性めまいにも認められる。一般に平衡機能障害の状態であり、めまいには耳症状を伴い、方向一定性眼振(前庭性眼振)を示す。[ja.wikipedia.org]

  • 良性発作性頭位めまい症

    出典 [ 編集 ] 二木隆:めまいの診かた・考えかた、医学書院、2011 関連項目 [ 編集 ] 三半規管 めまい 回転性めまい メニエール病 前庭神経 失調 脊髄小脳変性症 多発性硬化症 安藤ゆず - チームしゃちほこ の元メンバー。良性発作性頭位めまい症発症で脱退の原因となった。[ja.wikipedia.org] 前庭性めまいは原則として耳鳴りや難聴を伴わないものである。良性発作性頭位眩暈症(BPPV)や前庭神経が含まれる。内耳性めまいは原則的に耳鳴り、難聴を伴う。メニエール病や突発性難聴、アミノグリコシドなどの薬物性や梅毒などが含まれる。[ja.wikipedia.org] 鑑別すべき疾患としては「 メニエール病 」、「 前庭神経 」、「脊髄小脳変性症」、「小脳腫瘍」、「小脳障害」などがある。 治療 [ 編集 ] 半規管内の浮遊物を卵形嚢に戻す浮遊耳石置換法( エプリー法 ( 英語版 ) )が有効な治療法である。また、めまいが起こる頭位を取れば改善していくので、安静は避ける。[ja.wikipedia.org]

  • リンパ水腫

    内リンパ水腫を原因としていないものにこの診断名がつけられることもあり、前庭型メニエール病と診断されたものの精査してみると実際には前庭神経や椎骨脳底動脈循環不全症・頸性めまい、その他多数のめまいを症状とする病気に前庭型メニエール病の診断名がつけられてしまっている事が多い。[ja.wikipedia.org] メニエール病と鑑別すべきめまいを症状とする疾患には 外リンパ瘻・良性発作性頭位めまい症・前庭神経・遅発性内リンパ水腫・突発性難聴・内耳梅毒・ハント症候群・内耳炎・真珠腫性中耳炎・脳腫瘍・自律神経失調症・聴神経腫瘍・椎骨脳底動脈循環不全症・頚性目まい・心因性目まい・貧血・低血圧症・高血圧症・低血糖症・甲状腺機能異常、過換気症候群、薬剤による[ja.wikipedia.org]

さらなる症状