Create issue ticket

考えれる230県の原因 前庭性障害なし

  • 運動失調

    メニエール病、突発難聴、またストレプトマイシン、カナマイシン、ミノサイクリンなどの薬物中毒による前庭神経の障害、外傷、梅毒、音響外傷、耳硬化症、内耳炎やその続発症などがある。前庭迷路血管に血行障害のある中枢めまいにも認められる。一般に平衡機能障害の状態であり、めまいには耳症状を伴い、方向一定眼振(前庭眼振)を示す。[ja.wikipedia.org] 運動失調は全身疾患または神経疾患によって起こりえる。全身疾患としては過労、ビタミン欠乏、起立低血圧が知られている。神経疾患としては、小脳障害前庭障害、脊髄後索障害、末梢神経障害の可能がある。小脳障害であれば小脳徴候、前庭障害ならば内耳症状や眼振、脊髄後索障害ならばロンベルグ徴候などで診断をすることができる。[ja.wikipedia.org] 前庭運動失調症(英:vestibular ataxia、独:vestibulare Ataxie)は前庭迷路失調症ともいう。 前庭機能障害に由来し、その多くは耳科的、内耳障害性疾患の存在に起因し、もしくはそれらの後遺症として引き起こされたものである。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    《めまいと耳鳴り》の項目でも少し触れましたが前庭神経炎は内耳と呼ばれる部分の中でも前庭機能(バランスを保つ機能)の障害によって起きます。三半規管から連なる前庭神経がダメージを受けると回転のめまいを感じることになります。この場合通常は聴力低下や耳閉感、耳鳴りなどの症状は伴わず、めまい・吐き気・ふらつきが主な症状となります。[ohta-hp.or.jp]

  • 外陰炎

    接触皮膚炎 舌痛症 尖形コンジローム 前十字靱帯損傷 染色体異常(胎児) 全身性エリテマトーデス(SLE) 喘息 前庭神経炎 先天性股関節脱臼 先天性心疾患 先天性代謝異常症 先天性内反足 先天白内障 前立腺がん 躁うつ病 側彎症 鼠径ヘルニア そばかす 帯状疱疹後神経痛 対人恐怖症 大腿骨頚部骨折 大腿骨頭すべり症 大腸がん 大腸ポリープ[t-pec.jp] 神経痛 人工肛門 人工膀胱 心室細動 心身症 腎臓がん 腎臓結石 心臓弁膜症 靱帯損傷 塵肺 腎不全 心房細動 水腎症 すい臓がん 髄膜腫 睡眠時無呼吸症候群 睡眠障害 頭蓋咽頭腫 頭痛 ストレス 性行為感染症 精巣がん 声帯結節 声帯ポリープ 性同一性障害 脊髄腫瘍 脊髄損傷 脊柱管狭窄症 脊椎圧迫骨折 脊椎分離症 赤痢 舌がん 摂食障害[t-pec.jp]

  • 過敏症

    検査 1) 副交感神経、交感神経の機能亢進または低下を示す瞳孔反応の異常 2) 視覚空間周波数特性の明らかな閾値低下 3) 眼球運動の異常、特に垂直面の滑動追従運動障害前庭神経障害を含む) 4) 神経内分泌系の異常 たとえばbuspirone投与後の prolactin値異常、 pyridostigmine投与あるいはdexamethasone[id.yamagata-u.ac.jp]

  • 耳垢栓塞

    突然ぐるぐる回った(耳鳴りナシ) 良性発作頭位めまい症 前庭神経炎 歩行時ふらつく(中枢めまい) 脳血管障害 脳腫瘍 など 立ちくらみがする 起立性低血圧 貧血 など 首や肩がよくこっている 筋強直性 脳循環障害 トップに戻る 鼻の症状 1.鼻汁が出る 鼻汁が透明・サラサラまたは、粘性・ネバネバ 急性鼻炎(ウイルス性) アレルギー性鼻炎[yamamura-ent.jp] だれが出る 中耳炎 外耳炎 外耳湿疹 耳真菌症 5.耳の中でガサガサいう 耳垢 外耳道異物(虫など) 6.耳鳴がする 最近急に始まった 突発性難聴 低音障害型感音難聴 耳垢栓塞 以前より続いている 神経性耳鳴 聴神経腫瘍 回転性めまいを伴う メニエール病 トップに戻る 7.めまいがする 突然ぐるぐる回った(耳鳴りアリ) メニエール病 突発難聴[yamamura-ent.jp]

  • 前庭神経炎

    内耳を栄養する動脈(内耳動脈)さらに細い動脈に、血栓がつまり栄養する領域におうじて、主に蝸牛管、前庭器、あるいは両組織の機能が障害されると考えられます。前庭神経炎も突発難聴も、障害の程度はさまざまで、機能が消失するものから、軽症ですぐに改善するものまであります。[meniere.jp] 前庭神経炎はめまいの発症に風のような症状が先行することが多く、流行に発症することもあることから、ウイルス感染による前庭神経節 ニューロンの障害と考えられてきました。実際に前庭神経の変性・萎縮が認められ、ウイルス感染が示唆されています。他に血管障害説、脱髄病態説があります。 症状は突然発症する非常に強い回転性めまいで数時間続きます。[tokushima-u.ac.jp] 《めまいと耳鳴り》の項目でも少し触れましたが前庭神経炎は内耳と呼ばれる部分の中でも前庭機能(バランスを保つ機能)の障害によって起きます。三半規管から連なる前庭神経がダメージを受けると回転のめまいを感じることになります。この場合通常は聴力低下や耳閉感、耳鳴りなどの症状は伴わず、めまい・吐き気・ふらつきが主な症状となります。[ohta-hp.or.jp]

  • 良性移動性舌炎

    これを「 中枢めまい 」といい、脳の出血や梗塞などの血管障害や腫瘍などが あります。これに対して視覚、前庭感覚、深部知覚の異常で起こるめまいを「 末梢めまい 」といいます。視覚はレンズ、網膜、視神経などの異常で、深部知覚は糖尿病などで障害されますが、中枢を含めて圧倒的に多いめまいの原因は、前庭系すなわち内耳の障害です。[koshii-c.sakura.ne.jp] 、感音難聴、加齢難聴、耳鳴、メニエール病、良性発作頭位めまい症、前庭神経炎、前庭機能障害など ・鼻水がでる ・鼻がつまる ・くしゃみがでる ・においがしない ・ほっぺたが痛い ・顔面がはれる ・頭が痛い ・顔の動きが悪い、顔がまがる ・鼻血がでる 鼻の病名 鼻前庭炎、急性鼻炎、急性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、慢性副鼻腔炎、鼻ポリープ[abe-jibika.jp] 、舌炎 その他の病気 前庭神経炎、良性発作頭位めまい症(BPPV)、耳下腺炎・顎下腺炎・いびき・睡眠時無呼吸症候群 ダイビング 補聴器 当クリニックで専門技師による補聴器作成相談ができます。[nagakura-ac.com]

  • 神経症性障害

    パニック発作を誘発する身体疾患として、甲状腺機能亢進症および低下症、褐色細胞腫、前庭機能障害、側頭葉てんかん、上室頻脈、慢性閉塞性肺疾患が、物質としては、アンフェタミン、カフェイン、コカインなどの中枢神経刺激薬、アルコ-ル、バルビツ-ルなどの中枢神経抑制薬の急激な減量や中止後、低血糖、がそれぞれ知られています。 有効な治療法は?[ota-mentalibus-clinic.com]

  • 老人性難聴

    難聴は進行性で、多くの場合は軽度から高度の左右対称のある両側の高音障害型の感音難聴を示します。 聴神経腫瘍 ・ 聴神経腫瘍は、大多数でバランスをつかさどる前庭神経に生じる良性腫瘍です。初期には、片方の耳の難聴・耳鳴りやめまいをきたしますが、腫瘍が大きくなると顔面神経麻痺、顔面の知覚低下などが生じることがあります。[tmd-otohns.jp]

  • 不安障害

    内分泌疾患: 甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、褐色細胞腫、低血糖症、副腎皮質機能亢進症 心血管疾患: 鬱血心不全、肺塞栓症、不整脈 呼吸器疾患: 慢性閉塞肺疾患 (COPD) 、喘息、過呼吸 代謝障害: ビタミンB12欠乏、ポルフィリン症 神経疾患: 新生物、前庭機能障害、脳炎、けいれん疾患 特定不能の不安障害不安を伴うもの混合性不安抑[ja.wikipedia.org]

さらなる症状