Create issue ticket

考えれる115県の原因 刺激がサイトカイン IL4, IL5, IL13, IL17を増やす

  • 反応性気道疾患

    .その産生細胞は主としてTh2細胞であるが,2型自然リンパ球の関与も注目されている.抗IL5抗体は,通常の治療で好酸球性気道炎症が制御し得ない重症喘息に対して,急性増悪の減少,1秒量の改善,ステロイド投与量の抑制,QOLの改善効果などを示す.抗IL5抗体療法は,好酸球性炎症型の重症喘息における,特異性が高くかつ効果的な治療として,その普及[saishin-igaku.co.jp] ヒアルロン酸の産生はINFとIL-IL-13のようなTh2サイトカイン刺激により増加する。一方でこれらのサイトカインの刺激によりEカドヘリンの産生は低下する。[isegaoka-naika-clinic.com] -4 IL-13 IL-31 痒み 5) アトピー性皮膚炎とフィラグリン keywords;フィラグリン アトピー性皮膚炎 皮膚バリア 角層 経皮免疫 6) 汗とアトピー性皮膚炎 keywords;アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis) 生体防御(host defense) 保湿(moisture) 汗(sweat) 体温調節[shoni-iji.com] なかでも、気管支ぜんそくや食物アレルギーなど様々な慢性アレルギー性疾患において、好酸球を誘導するサイトカイン (注10) であるIL-5を多量に産生する病原性記憶T細胞が多く存在することが我々の研究室や海外の研究者から報告されており、IL-5産生-病原性記憶T細胞が好酸球浸潤を伴うアレルギー疾患の発症に関与していることがわかってきました。[amed.go.jp]

    不足: IL17を増やす
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    「ヌーカラ」について 「ヌーカラ」は、IL-5が好酸球の表面にあるIL-5受容体に結合することを阻害する、モノクローナル抗体です。IL-5の結合を阻害することにより、血中、組織、および喀痰に含まれる好酸球数を減少させます。[b2b-ch.infomart.co.jp] 見られ,生物活性も類似している.IL-4/IL-13は活性化されたCD4陽性ヘルパーT細胞のTh2サブセット(Th2細胞)から産生され,2型自然リンパ球(ILC2)もIL-13を産生する.IL?[saishin-igaku.co.jp] IL-5は好酸球の増殖、活性化および生存を促進するサイトカインであり、骨髄から肺への好酸球の遊走にも深く関与しています。 メポリズマブはヒトIL-5と結合することで、IL-5が好酸球の表面にあるIL-5受容体に結合することを阻害し、血中、組織、喀痰の好酸球を減少させ、好酸球性炎症を抑制します。[jp.gsk.com] このたびの適応追加により、『ヌーカラ』が、EGPA治療における初めての抗インターロイキン-5IL-5)抗体薬として、患者さんの新たな治療選択肢となることを大変うれしく思います。」[b2b-ch.infomart.co.jp]

    不足: 刺激がサイトカイン IL4 IL17を増やす
  • アトピー

    参考文献 [ 編集 ] 神田奈緒子「 抗真菌薬はアトピー性皮膚炎の患者T細胞のIL-4、IL-5を抑制する ( PDF ) 」 、『日本医真菌学会』第45巻、2004年、 137-142頁。[ja.wikipedia.org] さらに、この「Th2細胞」からは、「IL-4」や「IL-13」という、2つのタンパク質が大量に放出されます。 実は、この2つのたんぱく質が、アトピー性皮膚炎の慢性炎症において中心的な役割を果たす、まさに『悪玉』なのです![fnn.jp] この10年間新薬がありませんでしたが、2018年春に、Dupilumab(IL-4Rαを阻害);(IL-4/IL-13に対する抗体)を用いた抗体療法が中等症以上のアトピー性皮膚炎に適応されます。米国では、さらに、PDE4阻害薬外用剤が使用されている。[jsaweb.jp] この製剤はアトピーの発症に関わるTh2型炎症を抑止するヒト型抗ヒトIL-4/13受容体抗体製剤であり、従来の治療に効果不十分な症例に対して優れた効果が確認されています。中等症から重症の患者さんの症状にあわせて、積極的に導入しておりまして、2週間隔での通院が必要となります。[h.u-tokyo.ac.jp]

    不足: 刺激がサイトカイン IL4 IL17を増やす
  • IgG4関連眼疾患

    概 要 佐藤准教授らの研究グループは、眼領域に発症したIgG4関連疾患(IgG4-RD)、IgG4陽性細胞を多数伴う悪性リンパ腫(IgG4( )MZL)、IgG4陽性細胞のない悪性リンパ腫(IgG4(-)MZL)の3群をもちいて、各病変部におけるサイトカイン(IL4, IL5, IL10, IL13, TGFb)のmRNAを定量解析。[okayama-u.ac.jp] IgG4は、抗原刺激下で、主にアレルギー反応に関与するTh2タイプのサイトカインであるIL4、IL-13によって産生が誘導される。臨床的には寄生虫感染症、天疱瘡、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの疾患で上昇することが知られている。[sugitani.u-toyama.ac.jp] 概 要 佐藤准教授らの研究グループは、眼領域に発症したIgG4関連疾患(IgG4-RD)、IgG4陽性細胞を多数伴う悪性リンパ腫(IgG4( )MZL)、IgG4陽性細胞のない悪性リンパ腫(IgG4(-)MZL)の3群をもちいて、各病変部におけるサイトカイン(IL4, IL5, IL10, IL13, TGFb)のmRNAを定量解析。[okayama-u.ac.jp] IgG4は、抗原刺激下で、主にアレルギー反応に関与するTh2タイプのサイトカインであるIL4、IL-13によって産生が誘導される。臨床的には寄生虫感染症、天疱瘡、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの疾患で上昇することが知られている。[sugitani.u-toyama.ac.jp]

    不足: IL17を増やす
  • IgG4関連肝障害

    IL-2 receptor 2255、フェリチン 480高値でした。本例は診断は何でしょうか 病理組織 2011/5/30 担当病理医 中野雅行先生 司会 銭谷幹男先生 症例11 63歳男性 施設 市立島田市民病院消化器内科(静岡県)(演者:末廣智之先生) 診断 急性肝炎 問題点 平成12年頃、C型慢性肝炎の急性増悪疑いで多飲入院歴あり。[shibata-hepa-clinic.com] IgG4の産生と役割 IgG4産生は、抗原刺激下で、主にアレルギー反応に関与するTh2タイプのサイトカインであるIL4、IL-13によって産生誘導される。IgEもTh2タイプのサイトカインで産生誘導を受けるが、IL-10、IL-12、IL-21が存在すると、産生はIgEよりIgG4の方に傾く。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] IgG4の産生と役割 IgG4産生は、抗原刺激下で、主にアレルギー反応に関与するTh2タイプのサイトカインであるIL4、IL-13によって産生誘導される。IgEもTh2タイプのサイトカインで産生誘導を受けるが、IL-10、IL-12、IL-21が存在すると、産生はIgEよりIgG4の方に傾く。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

    不足: IL17を増やす
  • 後腹膜線維症

    多中心性Castleman病はhyper IL-6 syndromeであり、現状では診断基準を満たしていてもIgG4関連疾患には含まれない。 )最近のトピックス 2014年2月にハワイにて世界各国からIgG4関連疾患の研究者が一同に会して第2回IgG4関連疾患国際シンポジウムが開催され、現状の治療に関してのコンセンサス作りが試みられた。[shiseikaidai2.crayonsite.net] IgG4の産生と役割 IgG4産生は、抗原刺激下で、主にアレルギー反応に関与するTh2タイプのサイトカインであるIL4、IL-13によって産生誘導される。IgEもTh2タイプのサイトカインで産生誘導を受けるが、IL-10、IL-12、IL-21が存在すると、産生はIgEよりIgG4の方に傾く。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] IgG4の産生と役割 IgG4産生は、抗原刺激下で、主にアレルギー反応に関与するTh2タイプのサイトカインであるIL4、IL-13によって産生誘導される。IgEもTh2タイプのサイトカインで産生誘導を受けるが、IL-10、IL-12、IL-21が存在すると、産生はIgEよりIgG4の方に傾く。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

    不足: IL17を増やす
  • アトピー性皮膚炎

    神田奈緒子「抗真菌薬はアトピー性皮膚炎の患者T細胞のIL-4、IL-5を抑制する (PDF) 」 『日本医真菌学会』第45巻、2004年、 137-142頁。[ja.wikipedia.org] この10年間新薬がありませんでしたが、2018年春に、Dupilumab(IL-4Rαを阻害);(IL-4/IL-13に対する抗体)を用いた抗体療法が中等症以上のアトピー性皮膚炎に適応されます。米国では、さらに、PDE4阻害薬外用剤が使用されている。[jsaweb.jp] この製剤はアトピーの発症に関わるTh2型炎症を抑止するヒト型抗ヒトIL-4/13受容体抗体製剤であり、従来の治療に効果不十分な症例に対して優れた効果が確認されています。中等症から重症の患者さんの症状にあわせて、積極的に導入しておりまして、2週間隔での通院が必要となります。[h.u-tokyo.ac.jp] アトピー性皮膚炎の皮膚局所における反応は、若干の異論はありますが、1)マスト細胞表面におけるIgEと種々のアレルゲンとの反応により引き起こされるマスト細胞の脱顆粒によるいわゆるI型過敏症に基づく炎症反応と、2) T細胞、特にTh2型細胞がランゲルハンス細胞、真皮樹状細胞などの抗原提示細胞と反応した結果産生されるIL-4, IL-5 などのサイトカイン[derma.med.tohoku.ac.jp]

    不足: 刺激がサイトカイン IL4 IL17を増やす
  • 自己免疫多腺性内分泌障害

    好中球機能 血清中補体濃度 一般的なマイトジェン(フィトヘマグルチニンなど)やCD3の架橋により刺激されるTリンパ球の増殖反応,または特異的抗原(破傷風菌,カンジダ菌など)によるTリンパ球の活性化 (in vitroでの観察):IPEX症候群の患者から採取した末梢血単核では,Th2サイトカイン(IL-4, IL-5, IL-10, およびIL[grj.umin.jp] IgG4の産生と役割 IgG4産生は、抗原刺激下で、主にアレルギー反応に関与するTh2タイプのサイトカインであるIL4、IL-13によって産生誘導される。IgEもTh2タイプのサイトカインで産生誘導を受けるが、IL-10、IL-12、IL-21が存在すると、産生はIgEよりIgG4の方に傾く。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] J Clin Endocrinol Metab 2000:85;331-5)へ報告した。その後,ケモカインやサイトカイン遺伝子多型に取り組み,IL-10遺伝子多型の成果をHum Immunol(Ide A, et al. Hum Immunol 2002:63;690-5)とAnn NY Acd Sci(Ide A, et al.[med.nagasaki-u.ac.jp] -13)が過剰に産生され,Th1サイトカインの一種であるインターフェロン-γの産生が低下している.[grj.umin.jp]

    不足: IL17を増やす
  • IgG4関連肝疾患

    -3 肥満細胞刺激 * Th2 (T-リンパ球) への抗原提示 IL-4 B-リンパ球刺激 IL-5 好酸球刺激 ?[ibaraisikai.or.jp] IgG4の産生と役割 IgG4産生は、抗原刺激下で、主にアレルギー反応に関与するTh2タイプのサイトカインであるIL4、IL-13によって産生誘導される。IgEもTh2タイプのサイトカインで産生誘導を受けるが、IL-10、IL-12、IL-21が存在すると、産生はIgEよりIgG4の方に傾く。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 化学伝達物質 遊離 血管の透過性亢進 真皮の浮腫 IV型アレルギー (皮膚炎 漿液性丘疹・苔癬化) 抗原 (経皮的侵入) ランゲルハンス細胞と反応 Th1 (T-リンパ球) への抗原提示 サイトカイン・IL-2・γINF 皮膚炎 アトピー性皮膚炎 (原因はまだ十分掴めてない) 抗原 (経皮的侵入) IgEと結合 ランゲルハンス細胞と反応 *へ IL[ibaraisikai.or.jp] IgG4の産生と役割 IgG4産生は、抗原刺激下で、主にアレルギー反応に関与するTh2タイプのサイトカインであるIL4、IL-13によって産生誘導される。IgEもTh2タイプのサイトカインで産生誘導を受けるが、IL-10、IL-12、IL-21が存在すると、産生はIgEよりIgG4の方に傾く。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

    不足: IL17を増やす
  • 食道炎

    原因 詳しい原因は不明ですが、IL-5、13、15、eotaxin3、TSLPなどの好酸球の活性化に関与するサイトカインがアレルギー反応の結果大量に産生され、これらが好酸球が消化管の粘膜に多数浸潤し慢性炎症を引き起こす原因となっていると考えられています。 4.[nanbyou.or.jp] 原因 詳しい原因は不明ですが、IL-5、13、15、eotaxin3、TSLPなどの好酸球の活性化に関与するサイトカインがアレルギー反応の結果大量に産生され、これらが好酸球が消化管の粘膜に多数浸潤し慢性炎症を引き起こす原因となっていると考えられています。 4.[nanbyou.or.jp] 治療法 好酸球性食道炎では、局所作用ステロイドの内服、抗ロイコトリエン受容体拮抗薬、抗IL-5抗体を用いた治療が検討されています。好酸球性胃腸炎では、ステロイドホルモンや免疫抑制薬を用いた治療が行われます。 7. 研究班 好酸球性食道炎/好酸球性胃腸炎調査研究班[nanbyou.or.jp]

    不足: 刺激がサイトカイン IL4 IL17を増やす