Create issue ticket

考えれる12県の原因 利尿剤の乱用

  • 過食

    嘔吐や下剤・利尿乱用といった「排出・代償行動」がある過食症と、吐いたり下剤を使ったりしない「むちゃ食い」がある。 成長期だったので、一気に体重が増えた。それが気になり、インターネットで「ダイエット」を検索。ヒットした「下剤」をのむようになった。 食べては下剤をのんで、トイレにこもる。のむ量は90粒にもなった。[withnews.jp] また下剤や利尿乱用する人も少なくありません。体重をコントロールするためや「お腹にあるものをすっきりさせたい」、「むくみを取りたい」などが動機です。 これもくせとなり、下剤や利尿剤を大量に常用する習慣がいったんできると、止めることは非常に難しくなります。[kokorotokarada.net]

  • 胃食道逆流症

    女性における生涯有病率は,約1〜3%,男性は女性の10%の発生率です.好発年齢は,神経性食欲不振症よりもやや遅く青年期後期あるいは成人期初期です.過食症は,セルフコントロールができない異常な食欲と持続的な摂食への没頭が存在し,これらの行為を発作的に繰り返します.肥満に対する病的な恐怖,嫌悪感から自己誘発性の嘔吐を繰り返します.また,下剤や利尿[dentwave.com] 乱用し,腸から食物を除去する排出行動を繰り返します.この排出行動を認める人と認めない人がいる点も見逃せません.ダイエットや激しい運動を行い,過食による体重増加を防いでいますが,拒食症のように著しい体重の減少はありません.[dentwave.com]

  • 脂肪浮腫

    むくみが気になって利尿乱用することで 偽性 Bartter 症候群 (注: Batter 症候群とは 低カリウム血症や代謝性アルカローシスなどを特徴とします )になってしまう事もあります。また、脂肪切除術や脂肪吸引術は、当該部位のリンパ管を損傷して本当のリンパ浮腫の原因となってしまう事もあります。[mukumi.com]

  • 飢餓骨症候群

    1994年の『精神障害の診断と統計の手引き』第4版(DSM-Ⅳ)では,むちゃ食い(普通より多くの食べ物を,制御不能の感覚で摂取すること)や,自己誘発性嘔吐,下剤乱用利尿乱用などの排出行動が見られる「むちゃ食い/排出型」とそれらが見られない「制限型」に分けている。「制限型」の方が回復しがたいといわれている。[kotobank.jp] 約半数はやがて飢餓に耐えかねてむちゃ喰いを始め、その結果生じる体重増加を防ぐために自己誘発性嘔吐、下剤・利尿・浣腸の乱用などの代償行動を行い習慣化していきます。 BNは20-29才に多く90%が女性です。多くは発症前にダイエットを経験し、ANから移行することもあります。[e-healthnet.mhlw.go.jp] 拘り (強迫的傾向) 感情の統制水準が低下する 物事に興味・関心がなくなる・笑わなくなる 自傷行為 手掌・足底の黄染(高カロテン血症) 低血圧 低体温 徐脈 便秘 、 腹痛 貧血 電解質代謝異常 、特に 低カリウム血症 骨粗鬆症 続発性 甲状腺機能低下症 色素性痒疹 …胸や肩などに痒みの強い発疹が出現する皮膚疾患 電解質 代謝 異常は 利尿[ja.wikipedia.org]

  • 嘔吐

    嘔吐や下剤乱用 摂食障害では、食べた物を自分で吐いてしまったり、下剤や利尿などを不適切に過剰に使用(乱用)したりするのは、しばしば見られる症状です。神経性やせ症と神経性過食症のどちらでも見られることがあります。[edportal.jp] 自分で吐いてしまうこと(自己誘発性嘔吐)、下剤や利尿乱用は、「排出行動」と呼ばれ、過食しても体重が増えないようにしようとするという意味の「代償行動」の一つです。「浄化する」という意味の「パージング」という言葉も知られています。[edportal.jp]

  • 緩下薬乱用

    嘔吐や下剤乱用 摂食障害では、食べた物を自分で吐いてしまったり、下剤や利尿などを不適切に過剰に使用(乱用)したりするのは、しばしば見られる症状です。神経性やせ症と神経性過食症のどちらでも見られることがあります。[edportal.jp] 嘔吐や下剤・利尿乱用といった「排出・代償行動」がある過食症と、吐いたり下剤を使ったりしない「むちゃ食い」がある。 精神科を受診したが、「うつ病と摂食障害」と言われ、うつの薬を処方されただけだった。薬をのんで治ると思えず、自助グループの雰囲気にはなじめなかった。摂食障害の講演会で「理論」を聞いても、「しんどいのは今。[asahi.com] さらに、神経性やせ症の患者さんの中には「排出行動」といって食べたものを吐き出したり、下剤や利尿、浣腸を乱用したりして排出する人もいます。この排出行動や体重減少によって身体が飢餓状態になると、時に生命の危機を及ぼすことがあります。栄養が足りないために、ほとんどの主要臓器に影響を与え、無月経やバイタルサインの異常などをもたらします。[e-heartclinic.com]

  • アルドステロン拮抗薬

    UMIN試験ID UMIN000003974 最終情報更新日: 2016年4月5日 登録日:2010年8月1日 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 高血圧合併・ペースメーカ植込み後の発作性心房細動 試験開始日(予定日) 2010-07-01 目標症例数 100 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 介入 試験の内容 介入1 投与群:6ヶ月間エプレレノン(50-100mg)錠を上乗せする群 介入2 非投与群:6ヶ月間エプレレノンを投与しない標準治療群 主要アウトカム評価項目 ペースメーカーチェックによる心房細動回数、心房細動総量AF burden(全心拍に占める割合)、心房細動慢性化率[…][rctportal.niph.go.jp]

  • タンパク尿

    具体的には痛み止め薬の常用や、一部の抗生物質、免疫抑制、検査などで使用する造影による腎障害は有名です。利尿乱用によって腎障害が助長されることもあります。脱水の状態は腎臓にとって悪影響ですので注意が必要です。 感染症によっては腎障害を起こしうるものもあります。[fukuoka-vaccess.jp]

  • 泡の多い、または泡立った尿

    具体的には痛み止め薬の常用や、一部の抗生物質、免疫抑制、検査などで使用する造影による腎障害は有名です。利尿乱用によって腎障害が助長されることもあります。脱水の状態は腎臓にとって悪影響ですので注意が必要です。 感染症によっては腎障害を起こしうるものもあります。[fukuoka-vaccess.jp]

  • 遺伝性第XIII因子Aサブユニット欠乏症

    スクリーニング ・乱用薬物検査 ・覚せい検査 ・アヘン系麻薬検査 ・コカイン系麻薬検査 ・大麻・マリファナ検査 ・幻覚剤検査 ・プロラクチン(PRL) ・脳性Na利尿ペプチド(BNP) ・HTLV-1抗体《PA》 ・(1-3)β-D-グルカン ・一般細菌 薬剤感受性検査 ・遊離テストステロン ・EGFR遺伝子変異解析 10/1 8/19[medience.co.jp] 33 検査内容の変更 ・UGT1A1遺伝子多型解析 11/1 10/17 13-30 検査内容の変更 ・インフルエンザ《HI》 11/1 10/9 13-29 検査内容の変更 ・WT1 mRNA定量 10/15 10/9 13-28 検査内容の変更 ・トリメタジオン 11/1 10/1 13-25 検査内容の変更 ・リポ蛋白分画精密測定 ・乱用薬物[medience.co.jp]

さらなる症状