Create issue ticket

考えれる73県の原因 判断力の低下, 呼吸筋麻痺

  • 低カリウム血症

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 症状としては2.5 3.5mEq/Lで消化器症状(嘔吐、食欲不振)、骨格症状(脱力、筋力低下、テタニー)、尿濃縮障害(多飲、多尿)、インスリン分泌障害(耐糖能障害)K 2.5mEq/L では四肢麻痺呼吸麻痺、イレウスを来たします。[jhf.or.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 生活上の注意 眠気、注意・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがありますので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作は避けてください。 薬をやめる場合は医師に必ず相談し、徐々に量を減らすなどの指示がでた場合も必ず指示に従ってください。[rad-ar.or.jp] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 生活上の注意 眠気、注意・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがありますので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作は避けてください。 アルコールにより薬の作用が強くあらわれることがありますので注意してください。[rad-ar.or.jp]

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp] 筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。両側性軸索運動神経障害は遠位橈骨神経を障害することもある[King et al 2002]。運動神経障害は脳神経も含み、球麻痺をおこすことがある。[grj.umin.jp]

  • 低酸素症

    症状 呼吸器・心臓血管系・脳神経系の症状 熱感、疲労感、頭重感、視力低下、人格変化、判断低下、言語能力低下 呼吸・心拍の増加、チアノーゼ、知能活動の低下、反応時間の低下、 協調運動の低下、けいれん、意識障害 有効意識時間 (Time of Useful Consciousness) 10,000 15,000 ft 1時間以内 22,000[aeromedical.or.jp] その間、県立こども総合療育センターで脳性麻痺に起因する両股関節周囲解離の手術等を受けるため入院した。[medsafe.net] 酸素が足りなくなると、脳の機能が低下しはじめ、反応の鈍化、判断低下、方向感覚の失調を引き起こす。さらに進むと、意識を失ってしまう。 「この認知障害は、酒に酔った状態に似ている。[wired.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    症状 初発症状は、手・指の萎縮と筋力低下を特徴とする。 次第に上肢・下肢の麻痺へと進行する。 進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見などをもとに、総合的に診断する。[nurseful.jp]

  • 全身麻酔

    脊椎麻酔では、急速な神経遮断による血圧低下や心停止、呼吸麻痺による呼吸障害も起こる場合がありますが、現在使用している局所麻酔薬での発生頻度は極めて低いものです。 末梢神経ブロックでは局所麻酔薬の使用量が多いので、誤って血管内に局所麻酔薬を注入すると中毒症状を起こして、一過性の痙攣や意識障害が起こることがあります。[hyogo-cc.jp]

  • 代謝性脳症

    認知症とは 認知症とは、もともと正常であった記憶や判断などの知能(認知機能)が何らかの原因によって徐々に低下し、日常生活や社会生活に支障がでてきた状態をいいます。認知機能が低下するので「認知症」といいます。 2. 認知症の症状 認知機能が低下すればどのような症状がでるのでしょうか?[wakayama-med.ac.jp] 症状 初発症状は、手・指の萎縮と筋力低下を特徴とする。 次第に上肢・下肢の麻痺へと進行する。 進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見などをもとに、総合的に診断する。[nurseful.jp] まずは物忘れから発症して、見当識障害、判断低下、精神症状などが徐々に進行してゆきます。症状を完全に治療することはできませんが、症状の進行を遅らせる薬があります。 4-2.レビー小体型認知症 3番目に多い認知症であり脳の中にレビー小体という物質が出現する病気です。[wakayama-med.ac.jp]

  • 甲状腺クリーゼ

    甲状腺ホルモンがとても低下している場合や低下していた期間が長い場合は、「うつ症状」や「記憶低下」がおこることもあり、うつ病や認知症と誤って判断されてしまう場合もあります。特に高齢者の場合は、典型的な症状がほとんどなく、活動性の低下や認知症に似た症状だけの患者さんもいて注意が必要です。[tamada-clinic.jp] 発作中のK濃度は平均1.7mEq/lであり呼吸麻痺や致死的不整脈などの致命的合併症が起こりうる。 バセドウ病眼症 [ 編集 ] バセドウ病だけでなく橋本病でも起こることがある。 不随意運動 [ 編集 ] 甲状腺機能亢進症 に伴う 不随意運動 としては 振戦 が一番有名である。手指や足指などに生じる8から10Hzの速い振戦を特徴とする。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性神経膠腫

    麻痺、片麻痺、無力症 呼吸器 呼吸困難、気管支炎、肺炎、鼻出血 その他 疲労 浮腫、味覚異常、感染症、疼痛、体重減少、カンジダ症 注6)4例(1%)以上の発現が認められた副作用 10%以上 10%未満 注8) 全身症状 発熱、悪寒 精神神経系 頭痛 不眠、めまい、失語症、意識障害、情緒不安定、傾眠、激越、錯乱、不安、無感情、行動障害、うつ[kegg.jp] 、感覚異常、神経疾患、ニューロパシー、振戦、知覚過敏、脱力、脱力、筋骨格痛、筋肉痛、関節痛、背部痛、ミオパシー 呼吸器 咳嗽、呼吸困難、鼻閉、肺炎、上気道感染 眼 眼痛、視覚異常、霧視、視力低下、視野欠損 その他 疲労 状態悪化、疼痛、浮腫、血糖値上昇、低カリウム血症、体重減少、体重増加、カンジダ症、単純疱疹、感染症、中耳炎、アレルギー反応[kegg.jp] しびれ、痙攣、振戦、片麻痺 無力症 呼吸器 上気道炎、胸水、しゃっくり 眼 霧視、眼瞼炎 その他 疲労 浮腫、熱感、CRP上昇、血糖値上昇、ヘモグロビンA 1C 上昇、血清総蛋白減少、アルブミン減少、血中ナトリウム減少、水頭症 味覚異常、体重減少、疼痛、尿崩症 注5)海外のみで認められている副作用で企業中核データシートに記載のあるものについては[kegg.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    1990年代までは, 耐性菌は抵抗低下した入院患者を中心とした感染症の問題とされ, 外来での経口抗菌薬の使用に躊躇のない【抗菌薬ゆとり時代】であった。[jmedj.co.jp] 鼻閉・鼻出血・嗄声・呼吸困難・心不全・呼吸麻痺などが続く。適切な治療により重症化は防げる。 登校基準 …原則として患者は指定医療機関に入院するので治癒するまで出席停止とする。(なお、定期予防接種がある。[nagaoka-med.or.jp] 上気道は,外界との最初の侵入門戸であり体表感染症を起こす領域で,ウイルスか細菌かで抗菌薬処方の有無を決めるのではなく,抗菌薬が必要なphase,つまり【抗菌薬処方phase】かどうかで判断することが必要となる。[jmedj.co.jp]

さらなる症状