Create issue ticket

考えれる150県の原因 切迫性尿失禁

  • 急性膀胱炎

    くしゃみや咳、笑った時や走った時など、おなかに力が入った時に漏れてしまう「腹圧尿失禁」、尿をためにくくなりトイレまで間に合わずに漏れてしまう「切迫尿失禁」が代表的ですが、それらの混合している方も多くみられます。正しい診断には、症状の問診、超音波や、尿の流れをみる検査等が必要ですが、痛みや恥ずかしさはありません。[hhk.jp] 混合尿失禁 腹圧切迫性の両方の症状がある場合を言います。 頻尿、過活動膀胱 急に尿がしたくなり、そのため頻尿になっている状態を過活動膀胱と言います。また急に尿がしたくなった時にトイレまで間に合わずにもれてしまうというような、切迫尿失禁がある場合もあります。 排尿トラブル・過活動膀胱 女性の尿トラブルに関する情報をご紹介しています。[nishino-cl.com] 過活動膀胱の症状は、 「頻尿(トイレが近い)」「尿意切迫感」「切迫尿失禁」 の3つの症状です。どれか1つがあてはまれば過活動膀胱の可能性があります。40歳以上の12.4%に過活動膀胱の症状があり、その割合は年齢とともに増加していることが分かりました(右図)。[sakuma-cl.jp]

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 更年期障害

    更年期と更年期障害[…][jspog.com]

  • 良性前立腺肥大症

    また、尿意切迫感があって、トイレまで間に合わずに尿が漏れてしまうような症状を、「切迫尿失禁」と言います。尿意切迫感があり、頻尿を伴うものを過活動膀胱といいますが、前立腺肥大症の患者さんの50 70%が過活動膀胱を合併します。[asahikasei-pharma.co.jp] 症状は下部尿路閉塞の症状である(尿勢低下,排尿遅延,頻尿,尿意切迫,夜間頻尿,残尿,終末時滴下,溢流または切迫尿失禁,完全尿閉)。診断は主に直腸指診と症状に基づき,膀胱鏡検査,経直腸的超音波検査,尿流動態検査,その他の画像検査が必要になることもある。治療選択肢には,5 α 還元酵素阻害薬, α 遮断薬,タダラフィル,手術などがある。[msdmanuals.com]

  • 緊張性尿失禁

    また、急に尿意が来る尿意切迫感や、切迫尿失禁などの症状を経験している方も、尿意や漏らしてしまう不安から、心因性頻尿になることがあります。 幼い子ども 幼い子どもは排尿反射が未熟なため、少しの緊張で頻尿になるケースがあります。[oab-info.com] 混合尿失禁 切迫尿失禁と腹圧尿失禁が混在する状態です。当院を受診される患者さんではこのタイプが一番多いですが、同じ混合でも切迫性メインの人も腹圧性メインの人もあり、患者さんごとに最適な治療は異なります。詳細に問診をとって、どのように治療を組み合わせていくか、判断します。[kohjin.ne.jp] 運動切迫尿失禁と知覚切迫尿失禁とに分けられます。 典型的な運動切迫尿失禁は脳卒中後の患者さんにみられます。脳の排尿中枢の障害により膀胱の蓄尿機能障害が起き,尿貯留が少量でも排尿反射が起こり,膀胱が収縮してしまうため失禁となる状態のことをいいます。このように膀胱が勝手に収縮してしまうことを無抑制収縮とよびます。[nakamura-urology.com]

  • 細菌性膣炎

    細菌性膣炎(さいきんせいちつえん、英語: Bacterial vaginosis)とは、膣の自浄作用の低下により、特定の病原微生物ではない細菌が誘引となる女性器の症状。非特異性膣炎ともいい、また、膣炎の症状をさほど伴わないさらに奥への感染につながるものも含めて細菌性膣症とも呼ぶ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性前立腺炎

    くしゃみや笑った時に漏れる腹圧尿失禁尿がたまった時に我慢ができないで漏らしてしまう切迫尿失禁があります。 前者は尿道括約筋が弱いためにおこり、後者は膀胱の筋肉の緊張や収縮が原因となっています。 腹圧尿失禁切迫尿失禁では治療薬も治療法も違ってきますので、正しく診断した上で正確な治療が必要になります。[kikuna-ekimae.com] すなわち過活動膀胱とは,尿意切迫感を必須とした症状症候群であり,通常は頻尿と夜間頻尿を伴うものである 32-34) 。切迫尿失禁は必須ではない。ここでいう尿意切迫感とは,急に起こる,抑えられないような強い尿意で,我慢することが困難なものであり,通常の尿意とは異なる。[minds.jcqhc.or.jp] 過活動膀胱 過活動膀胱の主な症状は、「頻尿(トイレが近い)」「尿意切迫感」「切迫尿失禁」の3つです。どれか1つでも当てはまれば、過活動膀胱の可能性があります。40歳以上の12%以上に過活動膀胱の症状があり、その割合は年齢とともに増加することがわかりました。日本の人口に換算すると、800万人以上の患者さんがいると推定されます。[shiozawa-clinic.com]

  • 膀胱炎

    軽症の腹圧尿失禁 に効果があり、 切迫尿失禁 と重なっている場合にも効果が期待できます。 肛門(と膣)を「5秒間ギュッとしめてからゆるめる」という動作を繰り返します。 2 3ヶ月の間、毎日続けると8割ぐらいの人に効果があります。[yamano-cl.jp] 過活動膀胱 過活動膀胱は、何らかの原因(特定できない場合もあります)によって膀胱の神経が過敏になり、急に強い尿意を感じ我慢できない状態(尿意切迫感)になります。中にはトイレまで間に合わず、または、トイレに間に合っても下着を下ろす前に尿が出てきてしまう(切迫尿失禁)方もいらっしゃいます。[arai-iin.com] 切迫尿失禁には、自律神経をコントロールするクスリや、少量のホルモン剤を用いることもあります。[sofy.jp]

  • 神経因性膀胱

    弛緩神経因膀胱ではカテーテルによる導尿を行う。 尿失禁の種類とはそれぞれ、 無抑制神経因膀胱 切迫尿失禁 自動性神経因性膀胱 反射性尿失禁 自律性神経因性膀胱 溢流性(奇異性)尿失禁のように対応する。[ja.wikipedia.org] 女性に多い腹圧尿失禁、尿意を感じるとトイレまでがまんできない切迫尿失禁、膀胱が尿でいっぱいになったために溢れ出てしまう溢流性尿失禁、排尿機能には問題が無くてもトイレに行くのに時間がかかりすぎて漏れる機能性尿失禁、そしてこれらの原因が複雑に絡み合う混合性尿失禁などで、それぞれ治療法が異なります。[tkgh.jp] 症状としては,溢流尿失禁,頻尿,尿意切迫切迫尿失禁,尿閉などがみられる。重大な合併症(例,反復性感染症,膀胱尿管逆流症,自律神経過反射)のリスクは高い。診断は画像検査と膀胱鏡検査または尿流動態検査による。治療はカテーテル法または排尿誘発法による。[msdmanuals.com]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状