Create issue ticket

考えれる219県の原因 分娩後出血

  • 凝固異常
  • 子宮分娩後出血

    カテーテルの挿入 腹部カバーを外した状態 分娩出血について 分娩出血の予防と治療に関するWHO勧告(2012年) WHOの定義では通常,分娩出血(PPH)は,「分娩24時間以内に500ml以上の出血があること。[3bs.jp] PMID: 30134136 【Back Ground】 分娩出血は母体死亡の重大な原因であり、分娩の母体に合併症を引き起こす。これに対して分娩直後の子宮収縮薬投与は、出産出血率を低下させるため全例で投与が推奨されている。[kameda.com] 子宮筋腫が分娩出血に寄与することがある。分娩出血の既往はリスクの上昇を示唆することがある。[msdmanuals.com]

  • 血友病

    妊娠管理 : 妊娠中に母親の第IX因子が増加しないため,分娩時の支持療法や,分娩出血予防のため,保因者への凝固因子の投与が必要となる可能性が高い.保因者には分娩の遅発性出血のモニタリングを行うこと.[grj.umin.jp] 第VIII因子とは異なり,妊娠中に母親の第IX因子は増加しないため,分娩時の支持療法や分娩出血予防のため,保因者への凝固因子の投与が必要となる可能性が高い.保因者のなかには,月経過多は見られないが分娩出血が主な徴候である者もいる[Yang & Ragni 2004].[grj.umin.jp] 鼻出血,消化管出血,口腔内出血の既往がある場合には,ベースライン時に全血球計算と血小板数を測定する.女性の場合,月経過多や分娩出血の有無も確認する.[grj.umin.jp]

  • 分娩後出血

    分娩出血 または 分娩異常出血 (PPH)とは、分娩24時間以内の出血量が500 ml以上または1,000 mlであること。この出血に加え、低血圧の兆候や症状が存在することである。 分娩に伴う出血は避けられないものだが、その量が異常に多い場合、母体に様々な影響が出てくる。[ja.wikipedia.org] カテーテルの挿入 腹部カバーを外した状態 分娩出血について 分娩出血の予防と治療に関するWHO勧告(2012年) WHOの定義では通常,分娩出血(PPH)は,「分娩24時間以内に500ml以上の出血があること。[3bs.jp] 出産前のフィブリノゲン濃度推定出血量との相関関係を分析した。著者らは、出産前フィブリノゲン濃度 3.3g/L の女性の方が分娩出血のリスクが高いであろうという仮説を検証した。分娩出血は、経腟分娩では 700 mL、帝王切開では 1000mL と定義された。[knight1112jp.at.webry.info]

  • 本態性血小板血症

    にて入院となった.入院も血小板は徐々に増加し,炎症や急性出血等の他の原因の可能性が低く,血液内科とも相談し,分娩加療の方針にて,妊娠38週4日帝王切開分娩となった.産褥2日目,PLT 231.1万/mlまで増加.骨髄穿刺を行い,bcr/abl再構成がないことや巨核球の著明な増多を認めたため本態性血小板血症と確定診断した.血栓症状は認めなかった[jsog-k.jp] 2次性血小板増加症の原因 (1)運動 (2)分娩 (3)薬剤(エピネフィリン、サイトカインなど) (4)急性出血や溶血に起こる急性血液再生 (5)血小板減少症からの回復(リバウンド) (6)摘脾後あるいは無脾症 (7)鉄欠乏性貧血 (4)急性炎症・感染症(細菌性・真菌性・結核性) (5)慢性炎症 (a)慢性リウマチ・結節性動脈周囲炎・結合組織疾患[med.osaka-cu.ac.jp] .今回我々は,妊娠後期に血小板の増加を指摘され,本態性血小板血症と診断し分娩後治療を行った症例を経験したので報告する.症例は,29歳,1経妊1経産.前回CPDにて予定帝切された時には異常を認めなかった.妊娠初期より近医を受診し問題なく経過していた.妊娠36週に前医での術前検査にてPLT 120.1万/mlと高値のため当院紹介となり,精査,分娩管理目的[jsog-k.jp]

  • 血友病A

    は48時間以内に第VIII因子の凝固活性がベースラインに戻るため,分娩出血が起きることがある[ Lee et al 2006 ].[grj.umin.jp] 出血の既往歴や家族歴の聴取(重症度の予測に役立つ) 関節や筋肉の評価(出血性関節症や深部筋の筋肉内血腫の既往を認める場合) A・B・C型肝炎とHIVのスクリーニング(1985年以前に血液製剤や血漿由来の凝固因子濃縮製剤の投与歴がある場合) ベースラインの全血球計算と血小板数の測定(鼻出血,胃腸出血,口腔内出血,女性の場合は月経過多や分娩出血[grj.umin.jp] 妊娠管理: ヘテロ接合体女性に対しては,ベースラインの第VIII凝固因子が正常であることが判明するまで妊娠中,注意深く観察し,分娩出血時間が延長しないかどうかを注意深く監視する. 研究中の治療: 長期作動型の第VIII因子濃縮製剤,バイパス製剤,遺伝子治療に関する臨床試験が継続中である.[grj.umin.jp]

  • ヴォン・ヴィレブランド病

    明らかな外傷を伴わないあざ 長引くもしくは繰り返す鼻血 歯磨きもしくはデンタルフロスにおこる歯肉からの出血、歯磨きもしくは抜歯の長引く出血 月経過多、特に初潮以降つづく月経過多 外科手術、外傷、分娩の長引く出血 VWD診断の一部として症状の発生及びその重症度を点数化する標準臨床評価ツール[ Tosetto et al 2006 , Bowman[grj.umin.jp] 遅延性、二次性の産後出血は問題となることがある。VWF値を分娩速やかに妊娠前に戻る[ Castaman et al 2013 ]。 研究中の治療法 現在臨床試験中の遺伝子組み換えVWFは、近いうちに利用可能となる見込みである。[grj.umin.jp]

  • 後天性血友病

    20〜30歳代の女性では 妊娠 ・ 分娩 出血が止まらない症状が多く、 甲状腺疾患 の年齢層と重なります。 初発症状は皮下出血が最も多く、筋肉内出血と合わせて70%です。消化管、関節、後腹膜などにも出血が生じますが、先天性血友病Aで頻繁におこる関節内出血は少ないのが特徴です。過多月経は 甲状腺機能低下症 と共通の症状です。[nagasaki-clinic.com] 【症例】38才,1経妊1経産.当院で妊娠初期より妊婦健診を行い,経過は異常を認めなかった.自然破水に陣発して妊娠40週0日に自然分娩に至った.分娩時の出血量は276gで,分娩子宮復古は問題なく退院に至った.産褥15日目に出血多量のため外来受診し,内診上,腟内に多量の凝血塊を認め,Hb7.8mg/dlのため入院管理となった.子宮内膜掻爬術[jsog-k.jp] した1症例 西島 千絵 1), 和田 康菜 1), 名古 崇史 1), 森川 香子 1), 西ヶ谷 順子 1), 斉藤 寿一郎 1), 石塚 文平 2) 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院産婦人科 1), 聖マリアンナ医科大学産婦人科 2) 【緒言】後天性血友病は稀な病態であり,死亡率は高く,早期診断かつ適切な治療が必要である.今回我々は,分娩[jsog-k.jp]

  • グランツマン血小板無力症

    血小板無力症(けっしょうばんむりょくしょう、thrombasthenia)あるいはグランツマンの血小板無力症(Glanzmann's thrombasthenia; GT)は、血小板の機能異常によって、粘膜や皮膚の出血が止まりにくくなり、出血傾向を来たす疾患である。先天性血液凝固障害のひとつで、常染色体劣性遺伝の遺伝形式をとる。 1918年、グランツマン(Glanzmann)によって、血小板数が正常にもかかわらず出血傾向を生じる疾患として報告された。報告時の疾患名はhereditary hemorrhagic thrombastheniaで、直訳すると遺伝性出血性血小板無力症である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性第Ⅹ因子欠乏症

    は48時間以内に第VIII因子の凝固活性がベースラインに戻るため,分娩出血が起きることがある[ Lee et al 2006 ].[grj.umin.jp] 出血の既往歴や家族歴の聴取(重症度の予測に役立つ) 関節や筋肉の評価(出血性関節症や深部筋の筋肉内血腫の既往を認める場合) A・B・C型肝炎とHIVのスクリーニング(1985年以前に血液製剤や血漿由来の凝固因子濃縮製剤の投与歴がある場合) ベースラインの全血球計算と血小板数の測定(鼻出血,胃腸出血,口腔内出血,女性の場合は月経過多や分娩出血[grj.umin.jp] 妊娠管理: ヘテロ接合体女性に対しては,ベースラインの第VIII凝固因子が正常であることが判明するまで妊娠中,注意深く観察し,分娩出血時間が延長しないかどうかを注意深く監視する. 研究中の治療: 長期作動型の第VIII因子濃縮製剤,バイパス製剤,遺伝子治療に関する臨床試験が継続中である.[grj.umin.jp]

さらなる症状