Create issue ticket

考えれる316県の原因 出血性膀胱炎

  • アデノウイルス感染症

    流行性角結膜は通常3 4週間以内に治まるが,角膜病変はそれ以上続くことがある。 呼吸器系以外のアデノウイルス症候群には,出血膀胱,乳児での下痢,髄膜脳炎などがある。 ほとんどの患者は完治する。主に乳児,軍隊の新兵,および易感染性患者でまれに起こる劇症型を除いて,重度の原発性アデノウイルス性肺炎でも死に至ることはない。[msdmanuals.com] 咽頭、扁桃、肺炎などの呼吸器疾患、咽頭結膜熱、流行角結膜などの眼疾患、胃腸などの消化器疾患、出血膀胱などの泌尿器疾患から、肝炎、膵炎から脳炎にいたるまで、多彩な臨床症状を引き起こす。 咽頭結膜熱の流行をおこすのは多くは3型であるが、4型、7型、また2型、11型など他の型による場合もみられる。[niid.go.jp]

  • 膀胱炎

    感染症も合併が疑われるときには テトラサイクリン系 マクロライド系も使われることが多い。 出血膀胱 膀胱炎辞典[ja.wikipedia.org] 実は一口に膀胱といっても原因によって種類があり、以下のように分けることができます。 単純膀胱 出血膀胱 複雑性膀胱炎 放射性膀胱炎 間質性膀胱炎 腎盂腎炎 膀胱炎の種類 単純性膀胱炎 「単純性膀胱炎」は一般的に「膀胱炎」と言われている、 最も女性に多い膀胱炎 です。[kobayashi.co.jp] 膀胱の分類 膀胱にも種類があり、原因によって下のように分けることができます。 膀胱 ・急性(単純膀胱 ・複雑膀胱出血膀胱 ・間質性膀胱炎 いわゆる膀胱炎について 一般によくいわれている膀胱炎は急性(単純性)膀胱炎のことで、頻尿、排尿の終わりごろの痛み、残尿感といった症状があり、発熱はほとんどありません。[do-yukai.com]

  • 急性膀胱炎

    このような人は、膀胱をおこすきっかけになるようなこと(誘因)を探し出して、それを避けるように心がけることがたいせつです。 急性出血膀胱 子どもにみられる膀胱炎で、細菌は関係なく、アデノウイルスが関与していると考えられています。 とくに治療しなくても、10日程度で自然に治ります。[kotobank.jp] 急性膀胱炎 基礎疾患がなく大腸菌などの細菌が膀胱内に侵入して起こる 慢性膀胱 急性膀胱を繰り返したり、遷延することで起こる。症状のみが長く続く。別の基礎疾患がきっかけとなることもある。 出血膀胱 膀胱粘膜からの出血を伴う膀胱。細菌、ウイルス、薬剤などが原因でも起こる。また、小児にも起こる。[fanfunfukuoka.com] 膀胱に特徴的。 排尿痛 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱のほか、尿道の主症状である。 血尿 出血膀胱では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。 尿検査 尿定性で白血球反応陽性、亜硝酸塩陽性(必発ではない。尿中の硝酸塩は、腸内細菌が多いと還元されて亜硝酸塩になるため。菌によっては陰性を呈する。) 時に潜血も伴う。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    膀胱に特徴的。 排尿痛 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱のほか、尿道の主症状である。 血尿 出血膀胱では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。 尿検査 尿定性で白血球反応陽性、亜硝酸塩陽性(必発ではない。尿中の硝酸塩は、腸内細菌が多いと還元されて亜硝酸塩になるため。菌によっては陰性を呈する。) 時に潜血も伴う。[ja.wikipedia.org] 尿道では下腹部の不快感、膀胱では排尿痛、頻尿、残尿感、下腹部痛などの症状が見られます。アデノウイルスによる急性出血膀胱では、四―七日間肉眼的血尿が見られ、自然に軽快します。一方、上部尿路感染症では発熱、悪寒、不快感、背中や脇腹の痛みが見られます。[glico.co.jp] また、膀胱尿管逆流症の重症例でも水腎症を来たすことがあります。 出血膀胱 夏に多く、女児より男児に多く見られます。アデノウイルスの感染によるもので、膀胱炎症状を呈しますが、特徴的なことは真っ赤な血尿が続くことです。[info.fujita-hu.ac.jp]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    免疫抑制薬シクロホスファミドの副作用の、出血膀胱と催腫瘍作用。 静注パルス療法より連日経口服用療法の方が、総投与量が多く膀胱毒性が強い。代謝物アクロレインが尿に排出されておこる。 膀胱に尿をためないように、点滴や経口水分摂取を多くし、頻繁な排尿が推奨されている。[ja.wikipedia.org] 予防薬のmesna(メスナ)は、日本では血管に対する健康保険適用はない。 最も感度の良い検査は定期的な尿検査であり、催腫瘍作用のため、シクロホスファミド使用終了後も行う。 出血膀胱を発症したら、使用を止め、他の免疫抑制薬に替える等が望ましい。 糖質コルチコイドの副作用と共に、腎機能低下による骨ミネラル代謝異常による。[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性上気道感染症

    年齢が低い子や、免疫不全状態の人(先天性免疫不全や、免疫抑制剤を飲んでいる方)では生命に関わる肺炎、肝炎、髄膜、脳炎になることもあります。また、時に百日咳様の症状を呈したり、クループ、細気管支、肺炎、 出血膀胱 の原因にもなります。 目に感染するタイプでは濾胞様結膜炎、 流行性角結膜炎 をおこします。[sakuragaokashonika.com] 流行性角結膜炎を起こすアデノウイルスは、上気道、咽頭結膜熱などをおこすウイルスとは型が違い、感染力が非常に強く、角膜結膜の症状も非常に強いです。 その他 出血膀胱、肺炎、脳炎などをおこすこともあります。7型が流行すると、重症な肺炎の子どもが増えるので注意が必要です。 感染経路 アデノウイルスは人から人へ感染します。[mana-kodomo.com] 上気道炎,角結膜炎,胃腸炎の3つが主要症状であり,3,4型と咽頭結膜熱,8型と流行角結膜,40,41型と胃腸,11型と出血膀胱の関係がよく知られている。このようにアデノウイルスには種々の型があるが、40,41型アデノウイルスがいわゆる腸管アデノといわれる。[saitoh-clinic.com]

  • ウイルス性下気道感染症

    上気道炎,角結膜炎,胃腸炎の3つが主要症状であり,3,4型と咽頭結膜熱,8型と流行角結膜,40,41型と胃腸,11型と出血膀胱の関係がよく知られている。このようにアデノウイルスには種々の型があるが、40,41型アデノウイルスがいわゆる腸管アデノといわれる。[saitoh-clinic.com] 上気道炎,角結膜炎,胃腸炎の3つが主要症状で,3,4型と咽頭結膜熱,8型と流行角結膜,40,41型と胃腸,11型と出血膀胱の関係がよく知られています。このうちの咽頭結膜熱がプール熱といわれ,咽頭扁桃炎,結膜炎,発熱を主症状とし,幼児に好発します。プール内より集団生活や家族内での感染(通年性)が多いことが最近知られてきました。[saitoh-clinic.com]

  • 尿路疾患

    泌尿器の蛋白尿では、上記、下部尿路疾患や出血が最も多い原因です。尿沈渣では、尿石、腫瘍、外傷、細菌膀胱を示唆する所見がみられます。腎臓の疾患が原因となるのは、糸球体の障害(糸球体腎炎やアミロイド症)、腎臓の炎症性疾患や浸潤性疾患(腎盂腎炎や腫瘍)、尿細管の異常(ファンコーニ症候群など)です。[dogwan.jp] 考えられる血尿の原因 泌尿器による出血 泌尿器以外からの出血 排尿の初めの血尿 尿道の問題 (外傷・感染・尿石症・腫瘍・肉芽腫尿道膀胱三角領域:腫瘍 前立腺:感染・嚢胞・膿瘍・腫瘍 子宮:感染・腫瘍・発情前期・退縮不全 包皮/陰茎:腫瘍・外傷 常に血尿/排尿の最後に血尿 偽血尿 腎臓、尿管、膀胱 (外傷・感染・尿石症・腫瘍・寄生虫・[dogwan.jp]

  • 腎盂腎炎

    原因菌は、腟から尿道を経由して膀胱内に侵入・増殖し、出血膀胱を起こし、ついで尿管炎、腎盂腎炎を起こします。 頻尿と血尿が特徴的な症状であり、尿中に多量の沈殿物を含みます。初期には突然の血尿、排尿後の努責を認めるにすぎず、一般状態は正常です(膀胱炎の時期)。経過が進むと尿中に粘膜上皮を混じ、頻尿、時に排尿困難となります。[nichiju.lin.gr.jp] 膀胱の中には女性と子供が多く発病する出血膀胱もあります。 原因は風邪などのウイルスやアレルギーによるものと考えられ、通常の膀胱炎とは区別して治療します。[kawahara.or.jp] 【参考文献】 感染症治療ガイドライン 2015 間質膀胱について – 日本間質膀胱研究会 出血膀胱 – 厚生労働省 あなたのスマホが、お薬手帳に![epark.jp]

  • 緊張性尿失禁

    その他の閉塞性尿路疾患および逆流性尿路疾患 腎外尿溢流 閉塞性尿路疾患および逆流性尿路疾患,詳細不明 尿路閉塞 下部尿路結石 膀胱憩室結石 膀胱結石症 尿道結石嵌頓 尿道結石症 下部尿路結石 膀胱 急性出血膀胱 急性単純膀胱 急性膀胱 間質膀胱 慢性再発膀胱 慢性膀胱 慢性複雑膀胱 膀胱三角部 放射線膀胱 放射線出血膀胱[scuel.me] ①平均1回排尿量が200m以下 ②頻尿と膀胱部痛、もしくは膀胱部不快感が合併 ③麻酔をして行う水圧拡張検査後の膀胱鏡で、点状出血、五月雨状出血、亀裂などがある この3つが、専門家(日本間質膀胱研究会会員)が行った(IPD治験の際)「膀胱痛症候群/間質性膀胱炎」の定義です。 しかし臨床的には、②が自覚的に存在すれば、治療を開始します。[w-health.jp] 膀胱周囲膿瘍 細菌膀胱 びらん膀胱 膀胱周囲 アレルギー性膀胱 潰瘍膀胱 膀胱後部膿瘍 MRSA膀胱 尿膜管膿瘍 反復膀胱 膀胱 出血膀胱 神経因性膀胱(機能障害),他に分類されないもの 無抑制性神経因性膀胱 反射性神経因性膀胱 弛緩性神経因性膀胱 自律性神経因性膀胱 低緊張性膀胱 神経因性膀胱 術後膀胱機能低下[scuel.me]

さらなる症状