Create issue ticket

考えれる592県の原因 出血性下痢

  • 空腸憩室

    適応症例 原因不明の消化管出血 他の画像検査で認められる器質的異常(腫瘍・炎症病変) 手術後症例の病態解明(Roux-en-Y吻合など) 慢性下痢、吸収不良症候群 通常の大腸内視鏡挿入困難例[home.hiroshima-u.ac.jp] Ø 海外渡航歴 --- アメーバ赤痢などの感染腸炎 Ø 月経周期に一致した下血 --- 腸管エンドメトリオーシス Ø 随伴症状として、発熱、腹痛・下痢を伴う場合 --- 感染性腸炎、抗生物質起因性大腸炎、 Crohn 病、潰瘍性大腸炎、腸結核などの炎症性腸疾患 Ø 心窩部痛、胸やけ --- 胃・十二指腸潰瘍 Ø 食欲不振や体重減少 --[kanazawa-med.ac.jp] ステロイド系抗炎症剤、副腎皮質ホルモン服用中の下血 ( 黒色便 )--- 急性胃粘膜病変 Ø 抗生物質服用中の下血 ( 鮮血 暗赤色便 )--- 薬剤性大腸炎 Ø 経口避妊薬服用中 --- 虚血性腸炎 Ø 心疾患、動脈硬化、高血圧、糖尿病の既往 --- 虚血性腸炎 Ø 膠原病 (SLE 、結節性動脈周囲炎など ) の既往 --- 腸潰瘍からの出血[kanazawa-med.ac.jp]

  • 小児クローン病

    急性電撃型では大量の出血、著明な下痢など激烈な症状で発病し、 中毒巨大結腸、穿孔、敗血症などの合併症を伴います。腹痛は強い。 潰瘍性大腸炎の検査 血液検査は潰瘍性大腸炎の軽症ではほとんど変化がなく、 中等症以上の活動期には白血球増多、赤沈値の亢進や貧血をみます。 また活動期には血清総蛋白量、A/G比は低下します。[seihouen.ne.jp] 潰瘍性大腸炎・クローン病の漢方薬治療法 潰瘍大腸炎・クローン病の漢方薬治療法は、 次のような状態に分類して漢方薬を使い分けて対応します。 1. 下痢がひどいもの 2. 出血がひどいもの 3. 腹痛がひどいもの 総て合わせても一ヶ月分は19500円です。 漢方薬は煎じ薬をおすすめしています。 煎じ薬の作り方は簡単です。[seihouen.ne.jp] 潰瘍性大腸炎やクローン病に漢方は有効ですが まずは基礎的な知識を得てください 潰瘍性大腸炎の症状 潰瘍性大腸炎は結腸・直腸粘膜や粘膜下層に慢性非特異炎症があり、 粘膜面は発赤し、出血しやすく、びらん、さらに潰瘍が認められます。[seihouen.ne.jp]

  • 偽膜性大腸炎

    薬の影響で起こる予期しない副作用のうち、消化管疾患として現れる病状が、薬剤の消化管疾患に分類されます。 症状としては、腹痛や下痢、消化管からの出血などがありますが、薬によって症状は異なります。 薬剤の消化管疾患は、原因となっている薬の服用を中止することで回復に向かいます。[onaka-kenko.com] ①急性出血腸炎…ペニシリンまたはセフェム系などの抗生物質を服用した後に、血性の下痢や腹痛によって発症することが多い。アレルギーが原因といわれている。抗生物質の服用を中止すると治る ②偽膜性腸炎…抗生物質の長期服用によって正常な腸内細菌のバランスがくずれる菌交代現象が起こり、クロストリジウム・ディフィシル菌が異常増殖して発症する。[sinkura-hsp.com] 重い症状になって、出血の大腸炎(偽膜性大腸炎)を引き起こし、死亡するおそれがあります。本菌が原因となった下痢や腸炎に気づかず、放置して患者管理や衛生管理を怠ると、大変なことになります。 ここ数年、より毒性が強い変異菌株(027型など)が、下痢や腸炎を起こした入院患者等の便から検出され、重症例や死亡率の増加が懸念されています。[pro.saraya.com]

  • クロストリジウム・ディフィシル

    重い症状になって、出血の大腸炎(偽膜性大腸炎)を引き起こし、死亡するおそれがあります。本菌が原因となった下痢や腸炎に気づかず、放置して患者管理や衛生管理を怠ると、大変なことになります。 ここ数年、より毒性が強い変異菌株(027型など)が、下痢や腸炎を起こした入院患者等の便から検出され、重症例や死亡率の増加が懸念されています。[pro.saraya.com]

  • 大腸憩室炎

    内視鏡検査でも出血部位が確認できない場合は出血シンチグラフィーという検査が行われることがあります。 問診: 出血に伴って起こった症状(腹痛、下痢、潜血便)の有無、出血をもたらしやすいNSAIDs( 非ステロイド抗炎症剤)を含むアスピリンや抗血小板薬の使用歴を確認します。[onaka-kenko.com] また5 15%の症例は憩室からの出血、15 25%の症例では憩室炎が発生し、強い腹痛、下痢、発熱などを伴います。憩室炎は進行すると穿孔、穿孔腹膜炎、狭窄による腸閉塞、周囲臓器との瘻孔形成(小さな穴が通じる)を生じることがあります憩室出血はほとんどが腹部症状を伴わず、暗赤色または鮮紅色の下血が症状となります。[kinshukai.or.jp] 3.診断 腹痛を伴う鮮血下痢を認め、大腸内視鏡検査で粘膜面の発赤、浮腫、出血、さらには多発のびらん、潰瘍等を認めれば本疾患が考えられます。類似の症状を呈する疾患として潰瘍性大腸炎、感染性腸炎、薬剤性腸炎などとの鑑別診断が必要です。[coloproctology.gr.jp]

  • 急性腸間膜虚血

    原因による分類 1.腸管感染症 2.暴飲暴食または不消化物の摂取 3.中毒 4.抗生物質使用に起因する下痢 5.アレルギー性下痢(腸紫斑病も含む) 6.虫垂炎,傍直腸潰瘍に起因する下痢 7.急性膵炎 8.消化管大量出血 9.寒冷下痢 10.神経性下痢 11.放射性過剰照射性下痢 12.腸管外感染症に随伴する下痢 13.腸間膜動脈循環不全症[bdj.co.jp]

  • サルモネラ感染症

    出血大腸炎 出血腸炎 大腸炎 腸カタル 腸炎 難治性乳児下痢症 乳児下痢 抗生物質起因性腸炎 A09 感染症と推定される下痢及び胃腸炎 肺結核・鏡検確認あり A150 肺結核, 培養の有無にかかわらず喀痰鏡検により確認されたもの H00342 肺結核・培養のみ確認あり A151 肺結核, 培養のみにより確認されたもの 肺結核・組織学的確認[kegg.jp] 性腸炎 ウイルス性胃腸炎に伴う痙攣 A084 ウイルス性腸管感染症, 詳細不明 伝染性下痢症 A085 その他の明示された腸管感染症 S状結腸炎 カタル性胃腸炎 胃腸炎 炎症性腸疾患 下痢症 回腸炎 感染性胃腸炎 感染性下痢症 感染性大腸炎 感染性腸炎 感冒性胃腸炎 感冒性大腸炎 感冒性腸炎 急性胃腸炎 急性大腸炎 急性腸炎 抗生物質起因大腸炎[kegg.jp]

  • カンピロバクター腸炎

    腸管出血大腸菌(O-157) 病原体 腸管出血大腸菌 症状 下痢、血便 潜伏期間:1 10日 感染経路 菌は家畜の腸に棲んでおり、菌に汚染された食物より感染する 感染者からの感染もある 予防方法 挽肉やハンバーグは火の通ったものを食べる 牛乳は殺菌処理済みであることを確認する その他 子供や高齢者では溶血性尿毒症症候群を合併し、重症化することがある[jomf.or.jp] 腸管出血性大腸菌 特 徴 大腸菌のうち,ヒトに病原を有するものを病原大腸菌という。このうちヒトの腸管内で毒性の強いベロ毒素を産生して出血下痢を引き起こすものを腸管出血大腸菌といい,血清型によりO1・O26・O157・O111などが知られている。[city.fukuyama.hiroshima.jp] 症状としては、はじめは腹痛や水様下痢ですが、下痢は後に出血となることもあります。まれに、溶血性尿毒症性症候群(尿の量が減り血尿や蛋白尿が出る、血液中の血小板の異常な減少、赤血球が急速に破壊されるために生ずる貧血の3つの症状を特徴とする重篤な疾患)を発症することがあります。】[miyauchi-cl.jp]

  • クローン病

    症状は下痢、下腹痛などの腸管の炎症に伴う下腹部症状(潰瘍大腸炎と異なっ てあまり出血はみられない)と、全身あるいは局所の合併症があります。特に痔痩をよく合併し肛門病変が初発症状で発見されることもあります。 治療 は長期に渡り内科的が主体ですが、壌孔形成や閉塞を生じると外科的手術を必要とします。[hiroshima.med.or.jp] クローン病 大腸や小腸の壁に深い特徴的な深い潰瘍を作り、周囲の臓器と瘻孔を形成したり、瘢痕に腸が細くなり通過障害を起こしたりします。 腹痛、下痢が非常にひどく、まれに出血も認めます。高率に肛門疾患が合併し、非常に複雑な痔瘻となったり、難治の肛門潰瘍を形成したりします。[satojuichi-cl.com] はじめに 1.肛門疾患 痔疾患の自己診断法 痔疾患を悪化させないためには 2.大腸ポリープ 3.大腸癌 4.潰瘍性大腸炎 5.クローン病 6.感染性大腸炎 7.虚血性大腸炎 8.薬剤性大腸炎 9.その他 おわりに 5.クローン病 潰瘍性大腸炎と並んで代表的な非特異性炎症腸疾患です。原因は不明です。[hiroshima.med.or.jp]

  • 潰瘍性大腸炎

    3.症状 主に、血便、粘血便、下痢あるいは血下痢を呈するが、病変範囲と重症度によって左右される。軽症例では血便を伴わないが、重症化すれば、水様下痢出血が混じり、滲出液と粘液に血液が混じった状態となる。他の症状としては腹痛、発熱、食欲不振、体重減少、貧血などが加わることも多い。[nanbyou.or.jp] そして、便は出血を伴い、痙攣の腹痛と頻回の排便をもよおします。下痢は徐々にあるいは全く突然に始まることもあります。症状が重くなると、発熱、体重減少、貧血などの全身への症状が起こります。また、腸管以外の合併症として皮膚病変、眼病変や関節の痛み、子供では成長障害が起こることもあります。[kawahp.net]

さらなる症状