Create issue ticket

考えれる2,103県の原因 出血口腔, 白血病

つまり: 出血,, 白血病

  • 血小板減少症

    ・点状や斑状の皮膚にみられる出血 ・歯ぐきからの出血口腔粘膜出血、鼻血 ・便に血が混じったり、黒い便が出る、尿に血が混じって、紅茶のような色になる ・月経過多、生理が止まりにくい ただし、いずれの症状もこの疾患に 特異的 なものではありません。 血小板減少症の主な治療法とは?[n-opi.com] 白血病とは? 白血病は血液の癌と言われていて、正確には血液を構成する血球の癌です。 19世紀後半に病理学者がこの病気を初めて見つけました。 この時代には治療法もなく白血病細胞がどんどん増え続けて血液が白くなったために、白い血の病気すなわち白血病と命名されました。 白血病の原因は?[bigwood-onlineshop.com] 病名 血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう) 部位 血液 主な症状 四肢の点状出血や紫斑、口腔出血など 診療科 関連診療科 血液腫瘍内科, 小児科 症状の解説 血小板の産生低下もしくは消費亢進,自己免疫学的機序等により血小板が減少し止血機構に欠損が生じます。[kmu.ac.jp]

  • 貧血

    特に出血が原因であるならば急いで出血を止める必要がある。鉄欠乏性貧血ならば鉄分の摂取、行軍ヘモグロビン尿症ならば運動量の削減や靴の改善など治療の方法はそれぞれの原因次第である。ただし治療が困難な血液疾患は原因疾患の治療と平行して、対症療法として輸血を行う。[ja.wikipedia.org] A)には再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、白血病、腎性貧血、悪性貧血、鉄欠乏性貧血などが、B)には遺伝性球状赤血球症、赤血球酵素異常症などの先天性の溶血性貧血や発作性夜間血色素尿症、播種性血管内凝固症候群などが、C)には慢性の出血(痔疾、潰瘍、性器出血等)と急性の出血が、D)には膠原病や癌などでみられる二次性の貧血などが含まれます。[ohta-hp.or.jp] 血液のがんである 白血病も、貧血を伴う場合がほとんど です。貧血の症状以外に熱が続くなどの症状を訴えて精密検査をしたところ、急性白血病が見つかったというケースが少なくないといわれています。 白血球を作る骨髄内の細胞ががんになると、異常な白血球ばかりが作られるようになってしまいます。これが白血病です。[healthcare.omron.co.jp]

  • グランツマン血小板無力症

    出血出血予防のための対症療法が基本で、血小板製剤による血小板輸血がもっとも効果的である。特に止血困難になったときや、外科的処置の際には血小板輸血を行う。また、鼻出血口腔出血などの粘膜出血には、血栓の分解を抑える抗プラスミン剤が有効である。根治療法としては、骨髄移植によって治癒することが可能である。[ja.wikipedia.org] 大球性貧血 巨赤芽球性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 葉酸欠乏性貧血 赤血球増殖性疾患など 真性多血症(PV) 移植片対宿主病 急性白血病 骨髄増殖性疾患 白血球増殖性疾患 急性骨髄性白血病 (AML) 慢性骨髄性白血病 (CML) リンパ系増殖性疾患 急性リンパ性白血病 (ALL) 慢性リンパ性白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球[ja.wikipedia.org] 血友病AまたはBは、これら凝固因子の中で第Ⅷ因子または第Ⅸ因子に異常が生じ、出血を止める 凝固反応 の流れが止まるために生じる出血性の疾患です。 治療としては、人の血漿の中から第Ⅷ因子または第Ⅸ因子を分離・精製し、製剤化し、患者さんに投与することで、血中の第Ⅷ因子または第Ⅸ因子の量を増やし、止血作用を正常に戻します。[ketsukyo.or.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    脳出血など致命的になるリスクも DICの診断は、基礎疾患があり、血小板減少、FDP上昇(D-dimer上昇を伴う)、フィブリノゲン低下、PT時間の延長、出血・臓器症状のあること、の条件を満たすものとされています。 出血症状としては紫斑、鼻出血口腔出血、血尿などです。[tokushukai.or.jp] 癌 、 急性白血病 がん細胞や白血病細胞に発現した組織因子により、凝固活性化をきたす。 分類 [ 編集 ] 急性DICと慢性DIC:DICの経過により分類。急性DICは、敗血症、外傷、急性白血病、常位胎盤早期剥離に合併した場合など、慢性DICは、腹部大動脈瘤、固形癌に合併した場合など。[ja.wikipedia.org] 敗血症と呼ばれる細菌やウイルスなどの体に有害な感染源が血液の中に入り込んで異常に増殖している状態 交通外傷後や心臓などの大手術後 白血病などのがん、 常位胎盤早期剥離などの妊婦に認められる病気(産科DIC) 他にも肝障害や急性膵炎、ショック、熱傷などDICを合併する病気は多岐にわたります。[medicalnote.jp]

  • 骨髄異形成

    血小板が少なくなるとささいなことで出血しやすくなり、軽度の打撲で大きなあざをつくる、歯磨き後の歯肉出血が止まりにくい、鼻出血を繰り返す、といった症状が見られますが、外傷や感染症を契機として頭の中や胃腸などに重大な出血を起こすこともあります。[web.archive.org] 白血病の症状 白血病には大きくわけて「急性骨髄性白血病」「急性リンパ性白血病」「慢性骨髄性白血病」「慢性リンパ性白血病」があります。 その中でも今回は「急性骨髄性白血病」と「急性リンパ性白血病」が当てはまる「急性白血病」について解説していきます。 症状には大きくわけて「造血障害」と「白血病細胞の臓器浸潤」の二つがあります。[tyojyu.or.jp] 赤血球減少 貧血 全身倦怠(けんたい)感、動悸(どうき)、息切れ 血小板減少 出血しやすい(鼻血、歯肉出血、紫斑(しはん)や点状出血、生理の量が増加) 白血球減少 感染しやすくなる(発熱など) 5.骨髄異形成症候群の原因 ほとんどの症例について、原因は不明です。[web.archive.org]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    ・点状や斑状の皮膚にみられる出血 ・歯ぐきからの出血口腔粘膜出血 ・鼻血 ・便に血が混じったり、黒い便が出る ・尿に血が混じって、紅茶のような色になる ・月経過多、生理が止まりにくい ・重症な場合は、脳出血 ただし、いずれの症状もこの疾患に 特異的 なものではありません。 7.[nanbyou.or.jp] ただし、ステロイドは白血病に対しても有効であるため、ステロイド投与を行う際には骨髄穿刺を行って白血病を確実に否定する必要がある。 骨髄所見は、骨髄球系、赤芽球系は正常に存在し、巨核球系は正常ないしやや増加している。[ja.wikipedia.org] B.末梢血所見 l 「白血球形態異常あり」あるいは「赤血球形態異常あり」の場合は、白血病、骨髄異形成症候群(MDS)鑑別のため骨髄検査を求める。 l 「白血球数」が3,000/µL未満の場合あるいは10,000/µL以上の場合は、白血病や再生不良性貧血あるいはMDS鑑別のため骨髄検査を求める。[nanbyou.or.jp]

  • スポーツ貧血

    スポーツ選手で見られることの多い鉄欠乏性貧血であるが、一般には鉄分の摂取が少ない場合、あるいは月経や消化管出血等の出血で鉄分を喪失した場合にはスポーツ選手であってもなくとも鉄欠乏性貧血になる。しかし、スポーツ選手に特有の鉄欠乏性貧血の理由もある。スポーツ選手は一般人に比べ大量に汗をかくことが多いが、汗の中にも微量ながらも鉄は含まれる。[ja.wikipedia.org] 白血病、肉芽腫性疾患、骨髄線維症、転移性腫瘍など 薬剤、放射線、ウイルスなどが造血細胞を傷害する(3) その他 造血因子エリスロポエチンの減少 腎障害-腎性貧血 低栄養(注、この小節の出典は) (1)出血 出血では血液成分の赤血球と血漿(水分)を同時に失うが、血漿(水分)量は短時間で回復するが赤血球の回復には時間がかかるので血液が薄くなる。[ja.wikipedia.org] 特に出血が原因であるならば急いで出血を止める必要がある。鉄欠乏性貧血ならば鉄分の摂取、行軍ヘモグロビン尿症ならば運動量の削減や靴の改善など治療の方法はそれぞれの原因次第である。ただし治療が困難な血液疾患は原因疾患の治療と平行して、対症療法として輸血を行う。[ja.wikipedia.org]

  • 本態性血小板血症

    予後 本態性血小板血症の合併症は血栓症および出血症状であり、予後を左右します。[med.osaka-cu.ac.jp] 解熱・鎮痛等抗炎症薬として使われるほどの量(500mg/day〜)では抗血小板作用は現れず逆効果になることもある(アスピリン・ジレンマ)注3、特に血小板の特に多い患者では易出血傾向も出ることが多く、血栓症と易出血症状のそれぞれに注意が必要である。特にアスピリンなどの抗血小板剤を服用する場合は易出血傾向にさらなる注意が必要である。[ja.wikipedia.org] 血栓出血症状では,血栓症状が出血症状より多い。血栓症は動脈血栓(心,脳,末梢)のほうが静脈血栓(下肢深部静脈,腸間膜静脈,脳静脈洞)よりも起こりやすい。血栓症の発症には年齢が深く関与し,高齢者に多い。出血症状は胃腸管出血が最も多い。 【検査所見】 血小板数は通常100万/μL以上で,ときに数百万/μLを超えることもある。[jmedj.co.jp]

  • 血小板血症

    予後 本態性血小板血症の合併症は血栓症および出血症状であり、予後を左右します。[med.osaka-cu.ac.jp] 解熱・鎮痛等抗炎症薬として使われるほどの量(500mg/day〜)では抗血小板作用は現れず逆効果になることもある(アスピリン・ジレンマ)注3、特に血小板の特に多い患者では易出血傾向も出ることが多く、血栓症と易出血症状のそれぞれに注意が必要である。特にアスピリンなどの抗血小板剤を服用する場合は易出血傾向にさらなる注意が必要である。[ja.wikipedia.org] そのため、正常な血液細胞が不足し、感染症、貧血、出血などがよくみられるとされています。[mpn-info.net]

  • 真性多血症

    アスピリンの合併症として消化管出血があります が、少量アスピリンを用いた臨床研究では出血の有意な増加(プラセボ(偽薬)群と比較 して)は認められず、心筋梗塞、脳梗塞の発症頻度が減少したと報告されています ( Ref 12 ) 。またアスピリンは前述した肢端紅痛症に対しても有効であり、疼痛の軽減が図れま す。[med.osaka-cu.ac.jp] ただし血小板数が150万/μlを超えた場合はヴォン・ヴィレブランド因子が消費されて減少し易出血傾向が現れることがあり、アスピリンの投与は出血傾向を助長することがあるので血小板数が150万/μlを超えた場合にはアスピリンは控えることが多い。 2005年にJAK2V617F変異遺伝子が発見されPV患者の97%で認められている。[ja.wikipedia.org] 治療 真性多血症の主たる死因が血栓症と白血病への移行であり、この合併症を予防する ことが治療の主体となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状