Create issue ticket

考えれる371県の原因 出血

  • 急性胃腸炎

    例えば、ベロ毒素を産生する腸管出血性大腸菌や赤痢菌に感染すると、溶血性尿毒症症候群を起こすことがある。 サルモネラ菌では敗血症を、カンピロバクターでは稀にギラン・バレー症候群を続発することがある。 嘔吐は1日以上続くことは少ない。このため、症状が軽症であれば経口での水分摂取を薦めることで十分である。[ja.wikipedia.org] 特に腸管出血性大腸菌感染症にロペラミドを投与することは、溶血性尿毒症症候群を誘発する恐れがあると考えられており(エビデンスは不十分)、避けるべきである。 急性胃腸炎の病原体の多くは人体外でも長時間生存できるため、院内感染の予防のためには標準感染予防策に加えて接触感染予防策を講じる必要がある。[ja.wikipedia.org] 下痢はウイルス性胃腸炎の場合は水溶便であることがほとんどだが、腸管出血性大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター等の細菌が原因の場合は血便となることがしばしばある。 各症状の出現頻度には患者年齢や病原体による差もあるが、個人差が極めて大きいのも急性胃腸炎の特徴である。症状の持続期間も個人差が大きい。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    ウイルス性の尿路感染症の中では、アデノウイルスによる出血性膀胱炎が重要である。 小児の感染症の中では、気道感染症についで頻度が高いが、特異的な症状が出にくいために見逃される危険がある。[ja.wikipedia.org] 血尿 出血性膀胱炎では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。 尿検査 尿定性で白血球反応陽性、亜硝酸塩陽性(必発ではない。尿中の硝酸塩は、腸内細菌が多いと還元されて亜硝酸塩になるため。菌によっては陰性を呈する。) 時に潜血も伴う。沈渣では、白血球を多数(多くは、100/視野以上)認め、細菌を認めることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    出血性膀胱炎 膀胱炎辞典[ja.wikipedia.org]

  • 急性膀胱炎

    ウイルス性の尿路感染症の中では、アデノウイルスによる出血性膀胱炎が重要である。 小児の感染症の中では、気道感染症についで頻度が高いが、特異的な症状が出にくいために見逃される危険がある。[ja.wikipedia.org] 血尿 出血性膀胱炎では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。 尿検査 尿定性で白血球反応陽性、亜硝酸塩陽性(必発ではない。尿中の硝酸塩は、腸内細菌が多いと還元されて亜硝酸塩になるため。菌によっては陰性を呈する。) 時に潜血も伴う。沈渣では、白血球を多数(多くは、100/視野以上)認め、細菌を認めることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    特に出血が原因であるならば急いで出血を止める必要がある。鉄欠乏性貧血ならば鉄分の摂取、行軍ヘモグロビン尿症ならば運動量の削減や靴の改善など治療の方法はそれぞれの原因次第である。ただし治療が困難な血液疾患は原因疾患の治療と平行して、対症療法として輸血を行う。[ja.wikipedia.org] Schwangershaft (独)妊娠 シンチ Scintigraphy シンチグラフィ シンプトーム Symptom (独)症状 ス トップへ ステルベン Sterben (独)死ぬ ストマ Stoma 人工肛門 スパイヘル Speichel (独)唾液,つばき スブアラ Subarachnoid hemorrhage (英)くも腹下出血[thpa.or.jp] ラプ 血管が裂けて出血すること。破裂を表すRupture(ラプチャー)より。 「ラプる」、「ラプった」などと使う。 ラプチャー 破裂。Rupture。 血管が裂けて出血することを「ラプ(らぷ)る」という。 リハ リハビリテーション科のこと。Rehabilitationより。[job.nikken-mc.jp]

  • アデノウイルス感染症

    呼吸器系以外のアデノウイルス症候群には,出血性膀胱炎,乳児での下痢,髄膜脳炎などがある。 ほとんどの患者は完治する。主に乳児,軍隊の新兵,および易感染性患者でまれに起こる劇症型を除いて,重度の原発性アデノウイルス性肺炎でも死に至ることはない。 診断 臨床検査によってアデノウイルス感染症と診断しても,管理方針が変化することはほとんどない。[msdmanuals.com] 咽頭炎、扁桃炎、肺炎などの呼吸器疾患、咽頭結膜熱、流行性角結膜炎などの眼疾患、胃腸炎などの消化器疾患、出血性膀胱炎などの泌尿器疾患から、肝炎、膵炎から脳炎にいたるまで、多彩な臨床症状を引き起こす。 咽頭結膜熱の流行をおこすのは多くは3型であるが、4型、7型、また2型、11型など他の型による場合もみられる。[niid.go.jp]

  • 骨折

    骨髄が存在する長管骨や骨盤などの海綿状骨や大腿骨が骨折した場合には、大量の内出血にともなう出血性ショックや骨髄腔内からの骨髄や脂肪滴による骨髄塞栓・肺脂肪塞栓(脂肪塞栓症)などにより死に至るケースもある。また高齢者では骨折により寝たきりとなりやすく、それに伴う認知症や肺炎などを引き起こしやすい。[ja.wikipedia.org] 部位や程度にもよるが緊急手術を行わなければ出血多量や感染症により、死に至ることもある。体外の露出によって細菌感染が起こる可能性があり、治療が複雑となることから複雑骨折と呼ばれることもあるが、複雑に骨折している(複数箇所の離断が見られる)と誤解されることも多いため、開放骨折の語が用いられることが多い。[ja.wikipedia.org] 腫脹 骨や周囲の組織の出血により骨折した部位を支持できない、疼痛のために動きを制限する、など。 脊椎の骨折では骨片が脊髄を損傷することによりその支配領域が麻痺したり、頸椎の場合では死亡する事もある。また同様に四肢の骨折では骨片によって神経や血管を損傷することもある。肋骨骨折の場合は、肺損傷や心臓損傷のおそれもある。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺腫

    TSH、FT4の値に関係なく甲状腺の疼痛が強い場合、亜急性甲状腺炎であることが多いが、未分化腫瘍内出血、亜急性化膿性甲状腺炎を視野にいれて鑑別をすすめる。サイログロブリンは多様な疾患で上昇するため、鑑別診断にはあまり用いられない。 甲状腺ホルモン亢進症や破壊性甲状腺中毒症である。[ja.wikipedia.org]

  • 口腔カンジダ症

    剥離後は出血しやすい。また、剥離して潰瘍化することは少ないが、潰瘍化した場合には2次的炎症を併発するなど症状が強く出ることもあるので注意が必要である。 口腔粘膜のどの部位でも発生するが、歯肉粘膜は比較的少ない。 組織学的には、炎症性の浮腫や好中球が主体の炎症細胞浸により上皮層の過形成が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 扁桃炎

    アレルギー性紫斑病打撲したわけでもないのに、下肢に出血班が出たり、関節痛や腹痛を起こしたりする。この病気は原因不明の血管の炎症であるが、溶連菌が一部関与しているといわれる。リウマチ熱発熱と関節痛があり、湿疹が出たり、また皮下に結節ができることもある。心臓への影響が大きく、心臓そのものの炎症である心炎、リウマチ性弁膜症を起こす。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状