Create issue ticket

考えれる1県の原因 出産後成長阻害

  • 放射性腎臓症候群

    *ストロンチウムの娘核種のイットリウムは脳下垂体に蓄積するが、出産前の2-3週間にこれが起こると、肺胞に必要な脂質の生成が不十分になり、胎児の肺機能の成長阻害し、出産に見かけはなんら異常のない赤ん坊が呼吸器系疾患で死亡するケースがある。 *ストロンチウムの娘核種であるイットリウムは、すい臓にも集中し、糖尿病やすい臓がんの原因になる。[bians.jp]

さらなる症状