Create issue ticket

考えれる3県の原因 出産後小頭症

  • 水痘

    また、妊婦が妊娠初期(8 - 20週目)に感染すると、2%程度の胎児に先天性水痘症候群として、低体重出生・四肢の形成不全・皮膚瘢痕・部分的筋肉萎縮・脳炎・小頭・白内障などの症状が、出産の乳児に現れる。 水痘に罹患した場合は、小児科医などの専門医による早期治療が望まれる(早期治療で軽くなる)。[ja.wikipedia.org] 妊娠初期の妊婦が水痘にかかった場合、先天性水痘症候群(四肢低形成、皮膚瘢痕、小頭など)の子どもを出産する可能性が高いといわれています。 また、水痘が治癒した、水痘帯状疱疹ウイルスが、からだの中の神経に長く潜伏感染し、加齢などの原因により免疫が低下した場合、帯状疱疹を発症することがあります。[fureai-g.or.jp] 妊娠20週までに妊婦が水ぼうそうにかかると生まれてくる赤ちゃんの約2%¹が先天性水痘症候群となり、四肢低形成(手足の形成が不良)、脈絡網膜炎(目の膜の炎症)、小頭発達障害などの症状をきたします。 また妊娠中は重症化しやすく、出産5日前から出産2日までに妊婦が感染すると赤ちゃんも重症な水痘を発症しやすくなります。[vaccine4all.jp]

  • ジカウィルス病

    2015年11月17日、胎児が小頭と確認された妊婦の羊水からジカウイルス遺伝子が検出され、11月28日には出産まもなく死亡した小頭の新生児の血液および組織からジカウイルス遺伝子が検出された [4] 。[nih.go.jp] 胎児が小頭と確認された妊婦の羊水からジカウイルスRNAが検出され、出産まもなく死亡した小頭を呈していた出生児の血液及び脳組織からジカウイルスRNAが検出された [10] 。[niid.go.jp]

  • 出生時または出生後まもなく死亡

    胎児が小頭と確認された妊婦の羊水からジカウイルスRNAが検出され、出産まもなく死亡した小頭を呈していた出生児の血液及び脳組織からジカウイルスRNAが検出された [10] 。[niid.go.jp]

さらなる症状

類似した症状