Create issue ticket

考えれる111県の原因 出生~2歳に網状色素増加症発

次の結果を表示: 出生~2歳に網状色素増加症発
代わりに検索: 出生~2歳に網状色素増加症発症

  • バニオン

    出生時に、外反母趾様の母趾の異常がある場合、進行性骨化性線維異形成症の場合がある。200万人に一人の難病だが、遺伝子検査で早期診断をする必要がある。筋肉の弱りや歩行の様式(歩き方)が外反母趾の原因となることを結論付けた論文はない。 治療法には保存療法と手術療法がある。[ja.wikipedia.org]

  • 出生

    ハイリスク新生児出生体重が2500g未満の児を低出生体重児という。低出生体重児のうち1500g未満のものを極低出生体重児、1000g未満の場合は超低出生体重児という。超低出生体重児であってもNICUなどで適切な管理を行えば、生存率は80%以上であり、重篤な後遺症である脳性麻痺などの発生率は10%程度である。[ja.wikipedia.org] 在胎日数と出生体重の関係から次のような言葉もある。出生体重が在胎日数に相当する場合をAFD児という。在胎日数に対して小さい場合、体重と身長、頭囲ともに小さい場合をSFD児、体重のみが小さい場合はLFD児という。SFD児、LFD児は体質的に小さい場合とIUGRによるものの場合がある。[ja.wikipedia.org] 沐浴は異常徴候や低出生体重児では禁忌となる。それらが済んだらカンガルーケアとして早期の母子接触を促していく。出生体重2000g以下であったり、異常徴候の見られる児は新生児特定集中治療室(NICU)の適応となる。逆にハイリスク児であっても異常がみられなければ正常新生児室で十分である。初回排尿は、排便は通常24時間以内におこる。[ja.wikipedia.org]

  • 産褥期

    ハイリスク新生児出生体重が2500g未満の児を低出生体重児という。低出生体重児のうち1500g未満のものを極低出生体重児、1000g未満の場合は超低出生体重児という。超低出生体重児であってもNICUなどで適切な管理を行えば、生存率は80%以上であり、重篤な後遺症である脳性麻痺などの発生率は10%程度である。[ja.wikipedia.org] 在胎日数と出生体重の関係から次のような言葉もある。出生体重が在胎日数に相当する場合をAFD児という。在胎日数に対して小さい場合、体重と身長、頭囲ともに小さい場合をSFD児、体重のみが小さい場合はLFD児という。SFD児、LFD児は体質的に小さい場合とIUGRによるものの場合がある。[ja.wikipedia.org] 沐浴は異常徴候や低出生体重児では禁忌となる。それらが済んだらカンガルーケアとして早期の母子接触を促していく。出生体重2000g以下であったり、異常徴候の見られる児は新生児特定集中治療室(NICU)の適応となる。逆にハイリスク児であっても異常がみられなければ正常新生児室で十分である。初回排尿は、排便は通常24時間以内におこる。[ja.wikipedia.org]

  • 脱臼

    後天性脱臼(acquired dislocation) 出生後に外力や病気により起こる。 脱臼固有の症状 関節の変形一般外傷症状(脱臼固有ではない症状)疼痛 腫脹 関節血腫 機能障害 脱臼に陥る場所は多用される関節に限らず、骨と骨を繋ぐ場所ならば何処でも起こり得る。[ja.wikipedia.org]

  • 小耳症

    ( 2008年10月 ) 小耳症 とは、出生時に 耳 の形成が不完全で主に通常よりも耳が小さい状態を指す。 約6,000から10,000人に1人の確率で生まれる先天性 奇形 である。 確率的には、女児よりも男児の方が高く(男児:女児 2:1)、左の耳よりも右の耳の方に症状が出る確率が高い。また両方の耳が小耳症である場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 動脈管開存症

    動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう、英: patent ductus arteriosus; PDA)とは、胎生の哺乳類で、出生後動脈管が閉鎖しなかった結果として生じる先天性心疾患。[ja.wikipedia.org] 動脈管が出生後も開存し続けて、大動脈 肺動脈への短絡(シャント)経路として機能することにより症状を示す。 通常、左心系うっ血性心不全の発症がみられるまで現れない。肺と左心系への容量負荷が高まると運動不耐性や頻呼吸、咳が認められる。特有の連続性雑音が聴取される。また、大腿動脈ではバウンディングパルスが触知される。[ja.wikipedia.org]

  • 心房中隔欠損

    胎児期は一次・二次中隔は癒着せず、右房(の卵円孔)から押せば一次中隔がたわんで血流が通るが、出生後左心系の圧力が上がると左房からは二次中隔に支えられて一次中隔がたわめないので血流が流れなくなり、機能的に閉鎖する。[ja.wikipedia.org]

  • 子癇前症

    子癇前症は 出生前診断 で定期的に検査される。 [6] 推奨する予防は:リスクの高い場合は アスピリン の服用、少量の カルシウム補給 、医薬品による高血圧治療である [4] [7] 。子癇前症の有効な治療は胎児-胎盤の分娩である [4] 。子癇前症の症状の重さと妊娠の進行具合にもよるが分娩が勧められる場合がある [4] 。[ja.wikipedia.org]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    新生児一過性多呼吸(Transient tachypnea of the newborn: TTN)は、wet lung, II型RDSと呼ばれていたもので、出生直後において、肺胞液や羊水の吸収遅延からRDS様の症状を呈する。帝王切開での出生児に多く見られる。[ja.wikipedia.org] 1,500g未満の極低出生体重児 早期産児(とくに32週未満; 肺サーファクタントの産生はおおむね34週以後) 母体糖尿病 帝王切開児また、動脈管開存症(PDA)の併存が高頻度で見られることも知られている。 呻吟、多呼吸や努力性呼吸が見られ、チアノーゼを呈する。血液ガス分析では、PaO2の低下とPaCO2の増大とアシドーシスが見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 乳糖不耐症

    ただし、ごくまれに先天的にラクターゼが欠損している人も居り、この場合は出生時から乳糖不耐症となる。これが先天性の乳糖不耐である。これは明らかな異常であり、治療の対象となる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状