Create issue ticket

考えれる28県の原因 出生時体重減少

  • 産褥期

    身長は約50cm,体重は3000 3200gである。体重は4日間は300g/day程度の生理的体重減少が認められるものの、生後10日で出生の値前後に戻る。その後は30g/dayの割合で3か月まで上昇を続ける。胸囲は32cm,頭囲は33cmである。12ヶ月後に胸囲45cm,腹囲45cmとなりその後頭囲は胸囲を下回るようになる。[ja.wikipedia.org]

  • 分娩

    身長は約50cm,体重は3000 3200gである。体重は4日間は300g/day程度の生理的体重減少が認められるものの、生後10日で出生の値前後に戻る。その後は30g/dayの割合で3か月まで上昇を続ける。胸囲は32cm,頭囲は33cmである。12ヶ月後に胸囲45cm,腹囲45cmとなりその後頭囲は胸囲を下回るようになる。[ja.wikipedia.org]

  • 出生

    身長は約50cm,体重は3000 3200gである。体重は4日間は300g/day程度の生理的体重減少が認められるものの、生後10日で出生の値前後に戻る。その後は30g/dayの割合で3か月まで上昇を続ける。胸囲は32cm,頭囲は33cmである。12ヶ月後に胸囲45cm,腹囲45cmとなりその後頭囲は胸囲を下回るようになる。[ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    (小児等への投与) 1.低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。[medical.nikkeibp.co.jp] 2.承認に、小児で白血球数減少が認められたのは442例中33例で、このうち9例において好中球数が1000/mm3以下に減少し、白血球数減少が認められた症例の多くは、投与開始7日後あるいは8日後の検査日において回復がみられたので、顆粒球数減少(好中球数減少)もあわせて十分観察を行い、異常が認められた場合には投与を中止し、必要があれば、他の抗菌薬[medical.nikkeibp.co.jp]

  • つわり

    この研究では、妊娠初期の、食事がとれないほど深刻な吐き気・嘔吐のつわり症状があった場合や、妊娠前に比べ5%以上の体重減少を伴う妊娠悪阻(治療が必要になるほど重症化したつわり)になった場合と、赤ちゃんの出生体重との関連を調べました。[med.u-toyama.ac.jp]

  • 分娩中の胎児仮死

    身長は約50cm,体重は3000 3200gである。体重は4日間は300g/day程度の生理的体重減少が認められるものの、生後10日で出生の値前後に戻る。その後は30g/dayの割合で3か月まで上昇を続ける。胸囲は32cm,頭囲は33cmである。12ヶ月後に胸囲45cm,腹囲45cmとなりその後頭囲は胸囲を下回るようになる。[ja.wikipedia.org]

  • 抗うつ薬毒性

    欧米で問題となった自殺や自殺行為、攻撃性などの衝動性亢進、離脱(禁断)症候群と依存性の問題、投与患者の6割以上に発現する性機能障害、常用量範囲での胎児毒性(出生体重減少、けいれん発作誘発、離脱症候群誘発など)、従来型「抗うつ薬」では見られない骨折や骨密度減少、消化管出血「問題」など多岐にわたる有害作用がある。[yakugai.gr.jp]

  • 強度近視-聴覚神経消失症候群

    SMSの乳児は一般に正期産で出生体重、身長および頭囲は正常である。身長、体重増加は乳児期早期から徐々に減少していく。SMS の約20%の子供では、頭囲は年齢に対して3パーセンタイル以下である。 顔面正中部低形成、短く上向きの鼻、テント状の厚くめくれた上唇、小顎症などを特徴とするわずかな顔貌異常は乳児期早期に認めことが可能かもしれない。[grj.umin.jp] の異常 -高コレステロール血症/高中性脂肪血症 -便秘の既往 -明白な発作を伴わない脳波異常 頻度の少ない (25%-50%) -心臓欠陥 -甲状腺機能異常 -てんかん -免疫機能異常(特に低IgA) 時々 ( 25%) -腎臓/尿路異常 -てんかん発作 -前腕異常 -口唇/口蓋裂 -網膜剥離 乳児期 身体的特徴 胎児期に約50%に胎動の減少[grj.umin.jp]

  • 卵巣過剰刺激症候群

    逆に出生の児の体重減少する。 (日本産科婦人科学会報告による) その他関連事項について 排卵の予知法 卵子が受精できるのは排卵後約一日、精子に受精能があるのは射精後約3日間です。妊娠が成立するためにはこの期間に精子と卵が出会わなければなりませ ん。したがって、排卵のタイミングを知ることは治療の基本となります。[dr-tsutsumi.jp]

  • 肝臓類肉腫症

    たすもの 1)臨床症状による基準 「Aから2項目以上」または、「Aから1つと、Bから2つ以上」若しくは「Aの(2)または(3)と、B(1)」 A.(1)先天性白内障、または緑内障 (2)先天性心疾患(動脈管開存、肺動脈狭窄、心室中隔欠損、心房中隔欠損など) (3)感音性難聴 B.(1)網膜症 (2)骨端発育障害(X線診断によるもの) (3)低出生体重[api-net.jfap.or.jp] (4)血小板減少性紫斑病(新生児期のもの) (5)肝脾腫 2)病原体診断等による基準 以下のいずれかの一つを満たし、出生後の風疹感染を除外できるもの 風疹ウイルスの分離陽性、またはウイルス遺伝子の検出 例、RT-PCR法など 血清中に風疹特異的IgM抗体の存在 血清中の風疹HI価が移行抗体の推移から予想される値を高く超えて持続。[api-net.jfap.or.jp]

さらなる症状