Create issue ticket

考えれる2県の原因 出生時または早期小児期に発症

  • QT延長症候群 15

    2015年7月2日 理化学研究所 国立循環器病研究センター -カルモジュリン結合遺伝子が発症に関与している可能性- 要旨 理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター循環器疾患研究グループの田中敏博グループディレクター、医科学数理研究グループの角田達彦グループディレクター、重水大智研究員および国立循環器病研究センターの相庭武司医長、日本医科大学の清水渉教授らによる共同研究グループは、 全エクソームシークエンス解析 [1] によってカルモジュリン結合遺伝子が QT延長症候群 [2] の発症に関与している可能性があることを発見しました。[…][riken.jp]

  • 遺伝性リンパ浮腫 1D型

    リンパ浮腫に対する治療とケア [診内研より] 学校法人後藤学園附属リンパ浮腫研究所所長 佐藤佳代子先生講演 1.リンパ浮腫とは リンパ浮腫は、組織間液の循環システムを担うリンパ管系の輸送障害および細胞性蛋白処理機能の低下により生じる。 分類として、遺伝的素因等による原因が明らかでない「原発性リンパ浮腫」と、リンパ節郭清を伴う悪性腫瘍治療や照射後の皮膚線維症等に起因する「続発性リンパ浮腫」に分けられる。 重症化すると、日常生活に支障を生じるため、早期からの取り組みが必要である。 2.リンパ浮腫の症状[…][hhk.jp]

さらなる症状