Create issue ticket

考えれる12県の原因 出生時の血小板減少症

  • 早産児の化膿症

    症状は、低出生体重、黄疸、出血斑、肝脾腫、小頭症、脳内(脳室周囲)石灰化、肝機能異常、血小板減少、難聴、脈絡網膜炎、DIC など多彩かつ重篤で、典型例は巨細胞封入体と呼ばれている。ただし、出生には上記症状の一部のみの場合や、全く無症状で後に難聴や神経学的後遺症を発 症する場合があり、早期発見が望まれる。[niid.go.jp]

  • 臍帯敗血症

    症状は、低出生体重、黄疸、出血斑、肝脾腫、小頭症、脳内(脳室周囲)石灰化、肝機能異常、血小板減少、難聴、脈絡網膜炎、DIC など多彩かつ重篤で、典型例は巨細胞封入体と呼ばれている。ただし、出生には上記症状の一部のみの場合や、全く無症状で後に難聴や神経学的後遺症を発 症する場合があり、早期発見が望まれる。[niid.go.jp]

  • 肝臓類肉腫症

    (2)骨端発育障害(X線診断によるもの) (3)低出生体重 (4)血小板減少性紫斑病(新生児期のもの) (5)肝脾腫 2)病原体診断等による基準 以下のいずれかの一つを満たし、出生後の風疹感染を除外できるもの 風疹ウイルスの分離陽性、またはウイルス遺伝子の検出 例、RT-PCR法など 血清中に風疹特異的IgM抗体の存在 血清中の風疹HI価[api-net.jfap.or.jp] が疑われ、かつ、以下の1)と2)の基準を両方とも満たすもの 1)臨床症状による基準 「Aから2項目以上」または、「Aから1つと、Bから2つ以上」若しくは「Aの(2)または(3)と、B(1)」 A.(1)先天性白内障、または緑内障 (2)先天性心疾患(動脈管開存、肺動脈狭窄、心室中隔欠損、心房中隔欠損など) (3)感音性難聴 B.(1)網膜[api-net.jfap.or.jp]

  • サイトメガロウイルス網膜炎

    症状は、低出生体重、黄疸、出血斑、肝脾腫、小頭症、脳内(脳室周囲)石灰化、肝機能異常、血小板減少、難聴、脈絡網膜炎、DIC など多彩かつ重篤で、典型例は巨細胞封入体と呼ばれている。ただし、出生には上記症状の一部のみの場合や、全く無症状で後に難聴や神経学的後遺症を発 症する場合があり、早期発見が望まれる。[niid.go.jp]

  • サイトメガロウイルス性大腸炎

    症状は、低出生体重、黄疸、出血斑、肝脾腫、小頭症、脳内(脳室周囲)石灰化、肝機能異常、血小板減少、難聴、脈絡網膜炎、DIC など多彩かつ重篤で、典型例は巨細胞封入体と呼ばれている。ただし、出生には上記症状の一部のみの場合や、全く無症状で後に難聴や神経学的後遺症を発 症する場合があり、早期発見が望まれる。[niid.go.jp]

  • 腎臓類肉腫症

    (2)骨端発育障害(X線診断によるもの) (3)低出生体重 (4)血小板減少性紫斑病(新生児期のもの) (5)肝脾腫 2)病原体診断等による基準 以下のいずれかの一つを満たし、出生後の風疹感染を除外できるもの 風疹ウイルスの分離陽性、またはウイルス遺伝子の検出 例、RT-PCR法など 血清中に風疹特異的IgM抗体の存在 血清中の風疹HI価[api-net.jfap.or.jp] が疑われ、かつ、以下の1)と2)の基準を両方とも満たすもの 1)臨床症状による基準 「Aから2項目以上」または、「Aから1つと、Bから2つ以上」若しくは「Aの(2)または(3)と、B(1)」 A.(1)先天性白内障、または緑内障 (2)先天性心疾患(動脈管開存、肺動脈狭窄、心室中隔欠損、心房中隔欠損など) (3)感音性難聴 B.(1)網膜[api-net.jfap.or.jp]

  • 梅毒性脈絡網膜炎

    (2)骨端発育障害(X線診断によるもの) (3)低出生体重 (4)血小板減少性紫斑病(新生児期のもの) (5)肝脾腫 2)病原体診断等による基準 以下のいずれかの一つを満たし、出生後の風疹感染を除外できるもの 風疹ウイルスの分離陽性、またはウイルス遺伝子の検出 例、RT-PCR法など 血清中に風疹特異的IgM抗体の存在 血清中の風疹HI価[api-net.jfap.or.jp] が疑われ、かつ、以下の1)と2)の基準を両方とも満たすもの 1)臨床症状による基準 「Aから2項目以上」または、「Aから1つと、Bから2つ以上」若しくは「Aの(2)または(3)と、B(1)」 A.(1)先天性白内障、または緑内障 (2)先天性心疾患(動脈管開存、肺動脈狭窄、心室中隔欠損、心房中隔欠損など) (3)感音性難聴 B.(1)網膜[api-net.jfap.or.jp]

  • ウィスコット・アルドリッチ症候群

    1つで,臨床的に出生から血小板容積の減少を伴う血小板減少,免疫不全に伴う易感染性,および湿疹を3主徴とするX染色体連鎖性の症候群である.わが国では,厚生省研究班で現在までに73例(原発性免疫不全症の6.8%)が登録されている.近年,いくつかの原発性免疫不全症の原因遺伝子が同定されているが,1994年に主にポジショナルクローニングによりWASP[webview.isho.jp] Keyword: Wiskott-Aldrich症候群, WAS, WASP遺伝子, 保因者診断 pp.208-213 発行日 1998年2月15日 Published Date 1998/2/15 DOI PDF (12971KB) 有料閲覧 文献概要 1ページ目 はじめに Wiskott-Aldrich症候群(WAS)は,原発性免疫不全[webview.isho.jp]

  • 先天性ヘルペスウイルス感染症

    症状は、低出生体重、黄疸、出血斑、肝脾腫、小頭症、脳内(脳室周囲)石灰化、肝機能異常、血小板減少、難聴、脈絡網膜炎、DIC など多彩かつ重篤で、典型例は巨細胞封入体と呼ばれている。ただし、出生には上記症状の一部のみの場合や、全く無症状で後に難聴や神経学的後遺症を発 症する場合があり、早期発見が望まれる。[niid.go.jp]

  • ホスカルネット

    症状は、低出生体重、黄疸、出血斑、肝脾腫、小頭症、脳内(脳室周囲)石灰化、肝機能異常、血小板減少、難聴、脈絡網膜炎、DIC など多彩かつ重篤で、典型例は巨細胞封入体と呼ばれている。ただし、出生には上記症状の一部のみの場合や、全く無症状で後に難聴や神経学的後遺症を発 症する場合があり、早期発見が望まれる。[niid.go.jp]

さらなる症状