Create issue ticket

考えれる47県の原因 出生時に見られた障害

  • トキソプラズマ感染症

    ,脳内石灰化,精神運動機能障害です.このほかに,リンパ節腫脹,肝機能障害,黄疸,貧血,血小板減少などがられることがあります.出生に症状がなくても,眼病変などについては思春期頃までは遅発性の発症リスクが存在します.[zousantsushin.jp] した胎児の先天性トキソプラズマ症の発症率は約40%です.胎児への感染率は妊娠末期になるほど上昇しますが,胎内感染が起こった場合の重症度は妊娠初期ほど高くなります.胎児が感染しても何も症状が出ないこともあれば,流死産に至る場合もあります.症状が出る場合にも,その重症度は様々です.先天性トキソプラズマ症の4大徴候は,水頭症,脈絡膜炎による視力障害[zousantsushin.jp]

  • 頭蓋内出血

    患児の出生後、早期に新生児救命救急の設備を備えた病院に転送することを怠った過失の有無について 裁判所は、X1には、1月16日午前029分出生の直後、アプガースコアは悪くなかったものの、中枢神経系の異常を示す落陽現象がられ、同110分ころ呼吸障害のため1時間余り酸素の投与がされた、同3時には顔色は青白く、目を閉じ、手足を全く動かさない等[medsafe.net]

  • 結節性悪性黒色腫

    てんかん発作の際は、脳波に乱れがられる。てんかんの原因は遺伝要因(結節性硬化症など)、環境に要因(出生の脳障害など)などさまざまである。 複雑部分発作 :大脳の全体でなく、一部が過剰に興奮したために生じるてんかん発作( 「部分発作」)で、意識の低下がある( 「複雑」)もの。 治験情報の検索[nanbyou.or.jp]

  • 出血性甲状腺嚢胞

    《続きを見る》 19 magnesium 30 下痢、低ナトリウム血症、便がゆるんだ、児高カリウム血症、全身倦怠感、出生児イオン化マグネシウム値高値、出生児低カルシウム血症、出生児呼吸障害、出生児症候性動脈管開存症、出生児筋緊張低下、出生児骨化障害、出生児高カルシウム血症、吸収障害、呼吸苦、固定薬疹、急性前立腺炎、新生児出生血清クレアチニン[selimic.imic.or.jp] 値上昇、汎血球減少、注射部位反応、筋肉痛症状、肝機能異常、肺炎、腎機能障害、腹満、腹痛、茶水様便、血清マ...[selimic.imic.or.jp] 《続きを見る》 20 rituximab 25 下腿潰瘍、偽膜性腸炎再発、冠動脈疾患、呼吸不全、心不全症状増悪、心電図異常、感染エピソード、感染症、敗血症、死亡、無顆粒球症、白血球減少、細胞性拒絶反応、肝炎、肝酵素上昇、肺炎、肺結核、血清IgG低下、血清病、視力障害、非特異型末梢性T細胞リンパ腫、インフュージョンリアクション、かゆみ、ストレス[selimic.imic.or.jp]

  • 高カルシウム食

    (3)生殖機能の障害 前述したPrasadらの報告による男子の生殖器の発育不全が,亜鉛を投与することによって成人への正常な発育変化を示したこと,鶏の卵や妊娠中のラットに亜鉛欠乏が起こると,出生に骨格異常や奇形が現れることなどからても,亜鉛の欠乏は精子形成や雄の第1次および第2次生殖器官の発育に障害をおよぼし,また雌においては発情から分娩[jlzda.gr.jp]

  • 視神経膠腫

    ※貧血母斑:出生から存在する、局所的な毛細血管の機能障害によって皮膚をこすった時に生じる蒼白斑のことです。 ※若年性黄色肉芽腫:幼少時にられる黄色がかった小さな発疹で、数年で自然消失します。 ※褐色細胞腫:副腎髄質細胞から発生する腫瘍です。腫瘍からカテコールアミンといわれるホルモンが過剰に産生され、重症の高血圧などを引き起こします。[jpma-nanbyou.com]

  • サイトメガロウイルス網膜炎

    このような異常がられた児では、後に難聴・精神発達遅滞・視力障害といった何らかの神経学的障害が明らかになる場合が多いです。出生に何らかの異常がられなかった児でも、後に1割程度で何らかの神経学的障害られます。[city.yokohama.lg.jp] そこで、出生に何らかの異常がられなかった児でも、何らかの神経学的障害が現れないかどうか、定期的に神経学的なチェックが必要です。なお、母親が以前にサイトメガロウイルスに感染したことがあって抗体をもっている状態では、病気や薬によって免疫が抑制されない限り、胎児の段階で赤ちゃんが感染することは、まれです。[city.yokohama.lg.jp]

  • 神経線維腫症 1型

    ※貧血母斑:出生から存在する、局所的な毛細血管の機能障害によって皮膚をこすった時に生じる蒼白斑のことです。 ※若年性黄色肉芽腫:幼少時にられる黄色がかった小さな発疹で、数年で自然消失します。 ※褐色細胞腫:副腎髄質細胞から発生する腫瘍です。腫瘍からカテコールアミンといわれるホルモンが過剰に産生され、重症の高血圧などを引き起こします。[jpma-nanbyou.com]

  • 爪下線維腫

    てんかん発作の際は、脳波に乱れがられる。てんかんの原因は遺伝要因(結節性硬化症など)、環境に要因(出生の脳障害など)などさまざまである。 複雑部分発作 :大脳の全体でなく、一部が過剰に興奮したために生じるてんかん発作( 「部分発作」)で、意識の低下がある( 「複雑」)もの。 治験情報の検索[nanbyou.or.jp]

  • コフィン・ローリー症候群

    成長:出生の体格は正常範囲内ですが、生後成長障害。骨年齢遅延がられます。通常成長ホルモンなど内分泌系検査は正常です。 循環器:僧帽弁、三尖弁、大動脈弁の異常、心筋症、原因不明の心不全、大動脈、肺動脈の拡張などの例があり、心臓エコー検査で調べる必要があります。 歯科:歯の低形成、反対咬合、隙間のあいた歯並び、大きい切歯などがみられます。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状