Create issue ticket

考えれる230県の原因 出生体重増加

  • 妊娠糖尿病

    妊娠糖尿病 (にんしんとうにょうびょう, 英語: gestational diabetes)とは、妊娠中のみ 血糖値 が異常となる症状をいう [2] 。妊娠糖尿病は、将来のII型糖尿病リスクを増加させる [2] 。 発症機序と予後 [ 編集 ] 妊娠中は、 ヒト胎盤性ラクトゲン や エストロゲン 、 プロゲステロン などの妊娠中に増加するホルモンにより、耐糖能が悪化しがちであることによる。一般的には、出産後に耐糖能は正常化する。一方、もともと糖尿病患者が妊娠した場合は、 糖尿病合併妊娠 と呼ばれる。とは言え、もともと 糖尿病[…][ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症 4

    HOME 診断・治療指針(医療従事者向け) ライソゾーム病(指定難病19) らいそぞーむびょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)  概要 1.概要 ライソゾーム病は、ライソゾーム内の酸性分解酵素の遺伝的欠損により、ライソゾーム内に大量の脂質あるいはムコ多糖などを蓄積し、肝臓・脾臓の腫大、骨変形、中枢神経障害など、種々な症状を呈する疾患群であり、現在60種の疾患が含まれる。 2.原因 ライソゾーム内の遺伝的水解酵素の欠損又はライソゾームの機能障害を来す遺伝子の異常により発症する。 3.症状[…][nanbyou.or.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    妊娠中に母親の血清ビタミンD濃度が低いと不当軽量児や低出生体重児のリスクが増加することとも関連しているが、帝王切開とは関連がない (187) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 本態性高血圧症

    さらに,4626人を出生から20年間追跡した成績では,出生体重が小さいほど,また3歳から20歳までの身長増加率が小さいほど,それぞれ独立して20歳時の血圧上昇と血清コレステロール上昇に関連していた。 高度肥満小児を対象にした検討では,出生体重が小さいほど高血圧を含むメタボリックシンドロームになりやすい。[minds.jcqhc.or.jp] 厚生労働省「人口動態統計」によると,平均出生体重(単産)は昭和55年(1980年)3.20kgから平成21年(2009年)3.02kgまで減少傾向にあり,逆に低出生体重児(2500g未満,単産)の割合は昭和55年(1980年)4.6%から平成21年(2009年)8.3%まで増加傾向にある。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 栄養失調

    若い女性が栄養飢餓状態であることを裏付けるように、 ・働く女性の5人に1人は3カ月以上生理がこない無月経を経験している ・低出生体重児の割合が増加傾向 といったような体や将来への影響がすでに出始めています。[ogw-media.com]

  • 妊娠後期

    ちなみに私の出生体重は37週で2800g。主人は4000g近くあったそうです。妊娠してからの体重増加はプラス4.3kgで、糖負荷試験は問題ありませんでした。 赤ちゃんの大きさは、遺伝と子宮内の環境によるものがほとんどです。[st.benesse.ne.jp]

  • 産褥期

    通常は生理的な体重減少後の体重増加は20 30g/dayである。平均体重2300gの7%(230g)の体重減少が出生後3 5日で示したとしても2週間もすれば元に戻るはずである。この兆候が認められなかった場合、母乳の与え方に問題がある可能性が高く指導が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 分娩

    通常は生理的な体重減少後の体重増加は20 30g/dayである。平均体重2300gの7%(230g)の体重減少が出生後3 5日で示したとしても2週間もすれば元に戻るはずである。この兆候が認められなかった場合、母乳の与え方に問題がある可能性が高く指導が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 出生

    通常は生理的な体重減少後の体重増加は20 30g/dayである。平均体重2300gの7%(230g)の体重減少が出生後3 5日で示したとしても2週間もすれば元に戻るはずである。この兆候が認められなかった場合、母乳の与え方に問題がある可能性が高く指導が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    「ゆるい」コントロール群(FBGが7 mmol/L超)では、有害性(妊娠高血圧腎症、帝王切開、および90パーセントタイル超の出生体重児の増加)のエビデンスがみられた。今後は、血糖コントロール目標値よりも介入を比較する 試験 の方が、特に2型糖尿病の妊婦で実現可能であると思われる。[cochrane.org] 妊娠前から1型または2型糖尿病の女性では、妊娠中断、高出生体重児および周産期死亡のリスクが増加している。母親の高血糖およびインスリン抵抗性による胎児への代謝阻害は、器官発生を障害することがあり、糖尿病の母親の出生児で最も多い先天異常は心血管系異常である。糖尿病の母親の出生児は、肥満および2型糖尿病の発症リスクも高い。[cochrane.org]

さらなる症状