Create issue ticket

考えれる2,400県の原因 出生から

  • 低血糖症

    ブタでは出生直後は糖新生系酵素が不完全であるために低血糖を引き起こしやすく、神経症状を示す。 糖尿病 ヘモグロビンA1c グリコアルブミン 糖新生 糖尿病の検査 経口ブドウ糖負荷試験[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠

    バーズプランの必要性とは 出産は35歳がボーダーラインなのか 出生前検査や双子・多胎児について はじめての妊娠「お産ガイド」 出産する施設にもいろいろある。そしてお産の方法にも。気になる分娩室について。[babycom.gr.jp] 36週以前、または2,500g未満で生まれた場合は低出生体重児(未熟児とは言わない)、1,500g未満の場合は極低出生体重児、1,000g未満の場合は超低出生体重児と呼ばれる。 検査として、胎児の心拍数を母体の陣痛の強さと共に記録する胎児心拍数陣痛図がある。胎児の自律神経が発達してくると心拍数が細かく振れる様になる。[ja.wikipedia.org] 本剤服用中の女性が妊娠した場合、先天奇形を出生前に診断するため、超音波診断や羊水穿刺等の検査をルーチンに行うよう勧めるべきである。[drugsinfo.jp]

  • RSウイルス感染症

    特に、重症化しやすい低出生体重児や心臓疾患などのある乳幼児がいる場合には、手洗い、うがい、咳エチケットをしっかりと行って感染を防ぎましょう。 厚生労働省 RSウイルス感染症に関するQ&A (外部サイト) 徳島県 徳島県感染症発生動向調査流行情報 (外部サイト)[city.tokushima.tokushima.jp] 現時点では、残念ながら希望する方全員が打てる訳ではなく、①早産児(在胎28週以下で出生し、RSウイルス流行開始時に12ヵ月齢以下の赤ちゃん、あるいは29〜35週の出生で、6ヵ月齢以下の赤ちゃん)、それから、RSウイルス流行開始時に24ヵ月齢以下で、②慢性肺疾患を持つ子ども、③血行動態に異常のある先天性心疾患を持つ子どもが適応です。[kochi-ms.ac.jp] 特に、低出生体重児や、心臓や肺に基礎疾患があったり、神経や筋肉の疾患・免疫不全が存在する場合には注意が必要です。 通常、RSウイルスに感染してから2 8日、典型的には4 6日の潜伏期間を経て発熱、鼻汁などの症状が続きます。[city.yamato.lg.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    呼吸機能が未発達な低出生体重児における新生児・乳児期の感染は重症化しやすいと言われている。 乳児の場合は呼吸数に注意(通常1分間に40回程度、60回近くなると要注意)。 喘息や先天性心疾患を持つ小さい子どもは重症化しやすい。[bdj.co.jp] 出生体重児、先天性心疾患、慢性肺疾患、免疫不全(めんえきふぜん)のある方は重症化のリスクが高く、無呼吸発作や無気肺、急性脳症(きゅうせいのうしょう)、中耳炎等を合併することもあり注意が必要です。 終生免疫は獲得されないため、どの年齢でも再感染は起こりますが、一般的には年長児以降では重症化はしません。 原因はRSウイルスです。[city.meguro.tokyo.jp] また、低出生体重児や心肺系に基礎疾患や免疫不全が存在する場合は重症化のリスクは高く、臨床上、公衆衛生上のインパクトは大きいです。 重篤な合併症 重篤な合併症として注意してほしいものは、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症等があります。[kosodateouendan.jp]

  • 動脈管開存症

    動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう、英: patent ductus arteriosus; PDA)とは、胎生の哺乳類で、出生後動脈管が閉鎖しなかった結果として生じる先天性心疾患。[ja.wikipedia.org] PDAは未熟児では非常に多くみられる(出生体重1750g未満では約45%,出生体重1200g未満では約80%)。出生体重1750g未満の未熟児では15%,出生体重1500g未満の未熟児では40 50%の頻度で,有意なPDAによって心不全が起こる。 病態生理 動脈管は肺動脈と大動脈をつなぐ正常な交通であり,適正な胎児循環に必要である。[msdmanuals.com] 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)は出生後、自分で呼吸を始めると自然に閉じるはずの動脈管が閉じずに開いたままになる先天性の疾患です。 胎児の時には母親から酸素が供給されるため肺を使用していません。 そのため胎内では大動脈から肺動脈へ流れるようになっています。 この動脈管の穴は出生後2 3週間かけて閉じていきます。[fdoc.jp]

  • 早産

    2012年のWHOによる発表によれば、2010年における日本の早産率(早産による出生数/全体の出生数)は5.9%と、高所得国平均の9%やアメリカの12%と比較するとかなり低水準となっています。また早産による新生児の死亡リスクも低いです。[medicalnote.jp] 早産で生まれた赤ちゃんのことをかつては「未熟児」と呼んでいましたが、未熟児という用語は低出生体重児(出生体重が2,500g未満)の意味でも使われていました。しかし医療上の対応は早産児と低出生体重児で異なるため、現在では未熟児という用語は正式には使われなくなっています。[e-healthnet.mhlw.go.jp] 極低体重児が7割減 体重2500グラムを切って生まれる低出生体重児が増えています。中でも1500グラムに満たない極低出生体重の赤ちゃんは、生後すぐ亡くなったり何らかの疾患を負ったりする危険が高くなります。[kumadai-obgyn.net]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    新生児一過性多呼吸(Transient tachypnea of the newborn: TTN)は、wet lung, II型RDSと呼ばれていたもので、出生直後において、肺胞液や羊水の吸収遅延からRDS様の症状を呈する。帝王切開での出生児に多く見られる。[ja.wikipedia.org] RDS発症の高いリスクがある新生児(特に,母体に出生前コルチコステロイド投与のない在胎30週未満の出生児)への予防的なサーファクタント気管内投与は,新生児死亡および特定の種類の肺疾患(例,気胸)罹病のリスクを低下させることが示されている。[msdmanuals.com] 新生児一過性多呼吸 [ 編集 ] 新生児一過性多呼吸 ( Transient tachypnea of the newborn : TTN )は、 wet lung , II型RDS と呼ばれていたもので、出生直後において、肺胞液や羊水の吸収遅延からRDS様の症状を呈する。帝王切開での出生児に多く見られる。[ja.wikipedia.org]

  • パトウ症候群

    エドワーズ症候群 - 18トリソミー ダウン症候群 - 21トリソミー 高齢出産 出生前検査 新型出生前診断[ja.wikipedia.org] 従来の出生前診断から飛躍的に変化したこの検査を、マスコミは 「新型」 出生前診断 と名付け大々的に報じました。 新型出生前診断とは妊婦さんの血液中に含まれるわずかな胎児DNA断片を分析することにより、胎児の染色体異常を調べる無侵襲的検査です。[ameblo.jp] 関連項目 [ 編集 ] エドワーズ症候群 - 18トリソミー ダウン症候群 - 21トリソミー 高齢出産 出生前検査 新型出生前診断 出典・脚注 [ 編集 ][ja.wikipedia.org]

  • 卵管妊娠

    36週以前、または2,500g未満で生まれた場合は低出生体重児(未熟児とは言わない)、1,500g未満の場合は極低出生体重児、1,000g未満の場合は超低出生体重児と呼ばれる。 検査として、胎児の心拍数を母体の陣痛の強さと共に記録する胎児心拍数陣痛図がある。胎児の自律神経が発達してくると心拍数が細かく振れる様になる。[ja.wikipedia.org] 多胎妊娠は妊娠経過中に多々の合併症を生じることも多く、出生予後も単胎に比べると良くない。そのため、体外受精の時に子宮内に戻される受精卵の数は3個までと日本産科婦人科学会によって会告で通達されている。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮外妊娠

    36週以前、または2,500g未満で生まれた場合は低出生体重児(未熟児とは言わない)、1,500g未満の場合は極低出生体重児、1,000g未満の場合は超低出生体重児と呼ばれる。 検査として、胎児の心拍数を母体の陣痛の強さと共に記録する胎児心拍数陣痛図がある。胎児の自律神経が発達してくると心拍数が細かく振れる様になる。[ja.wikipedia.org] 多胎妊娠は妊娠経過中に多々の合併症を生じることも多く、出生予後も単胎に比べると良くない。そのため、体外受精の時に子宮内に戻される受精卵の数は3個までと日本産科婦人科学会によって会告で通達されている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状