Create issue ticket

考えれる278県の原因 凝固因子減少

  • ウイルス性下気道感染症

    全身の細小血管内に血栓が形成され、その結果、凝固因子や血小板の消費性減少と、線溶反応の活性化が起こり、各種臓器の虚血性機能不全とともに、出血傾向が現れます。原疾患の治療とともに抗凝固薬、抗線溶薬、血栓溶解薬などが投与されます。 予後は原疾患により異なりますが、早期からの積極的な治療により救命できることもあります。[qlife.jp]

  • 鉄欠乏症

    ガラスビーズ管試験 ガラスビーズ管試験 では、粘着能に異状はないので血小板の減少が見られる。 歴史 1918年に グランツマン によって報告された。 凝固・線溶系 [ 編集 ] 血友病 フォン・ヴィレブランド病 フォン・ヴィレブランド病は、フォン・ヴィレブランド因子が先天的に欠損した病気。[ja.wikipedia.org] 特に血小板の減少は肝硬変の程度の目安に なります。血小板が5万程度以下になると出血しやすくなります。 また、いろいろな凝固因子(血液を固まらせるのに必要な物質)は肝臓で造ら れますので、肝障害で、凝固因子の合成が低下すれば出血の原因になります。 慢性関節リウマチ は女性に多く、約半数の患者さんに貧血が見られます。[city.gifu.med.or.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    また、血小板や血液凝固因子減少がはっきりしている場合には、血小板だけをとり出した血液製剤や、新鮮凍結血漿(健康な人の血漿を急速に冷凍したもの)、特定の凝固因子だけをとり出した血液製剤などを補充する療法も行なわれています。 出典 小学館 家庭医学館について 情報 Yahoo!辞書 コトバンクは、Yahoo!辞書と技術提携しています。[kotobank.jp] 典型例では、微小血栓による循環不全( 腎不全 、 肺塞栓 による 呼吸困難 ・ チアノーゼ 、 ショック など)、凝固因子・血小板減少や線溶活性化による出血症状( 粘膜 出血、止血不良、 脳出血 、 皮下出血 、 吐血 など)、中枢神経症状(意識障害、 痙攣 、 昏睡 )、臓器虚血( 多臓器不全 )がみられる。[ja.wikipedia.org] 内科学 第10版 の解説 播種性血管内凝固症候群(血小板/凝固系の疾患) 概念 播種性 血管内凝固症候群 ( DIC )は種々の疾患を基礎に発症する病態である.基礎疾患ごとに差はあるが,全身微小血管に血栓が多発し,その結果,各種臓器の虚血性機能不全とともに,血小板や凝固因子の消費性減少と,線維素溶解(線溶)反応の活性化がみられ, 出血傾向[kotobank.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    ガラスビーズ管試験 ガラスビーズ管試験 では、粘着能に異状はないので血小板の減少が見られる。 歴史 1918年に グランツマン によって報告された。 凝固・線溶系 [ 編集 ] 血友病 フォン・ヴィレブランド病 フォン・ヴィレブランド病は、フォン・ヴィレブランド因子が先天的に欠損した病気。[ja.wikipedia.org] 特に血小板の減少は肝硬変の程度の目安に なります。血小板が5万程度以下になると出血しやすくなります。 また、いろいろな凝固因子(血液を固まらせるのに必要な物質)は肝臓で造ら れますので、肝障害で、凝固因子の合成が低下すれば出血の原因になります。 慢性関節リウマチ は女性に多く、約半数の患者さんに貧血が見られます。[city.gifu.med.or.jp]

  • 肝硬変

    また、脾腫による血小板減少と、肝臓による血液凝固因子合成量の減少に伴う出血傾向については、軽度であればビタミンKの補充によって肝臓での血液凝固因子合成を促進する方法もあるものの、もはや肝臓による血液凝固因子合成が望めない場合は、血液凝固因子を補充するために新鮮凍結血漿の輸血が行われることもある。[ja.wikipedia.org] 肝硬変が進行すると、血小板数の減少、タンパク質であるアルブミン値の低下、γ (ガンマ) ‐グロブリン(免疫グロブリン)の増加、血液凝固検査におけるプロトロンビン時間(血液凝固因子を加えたときの血漿 (けっしょう) が固まる時間)の延長、コリンエステラーゼ(酵素)の低下などの検査異常が出てくる。[kotobank.jp] さらに、血小板の減少に加えて、肝臓による血液凝固因子の合成量も低下するために、出血傾向となり、鼻血、歯茎からの出血量増加、皮下出血に伴う紫斑(purpura)、消化管からの出血によるタール便(tarry stool)などが見られることもある。そして、これらの出血によって、貧血はさらに悪化する。[ja.wikipedia.org]

  • 血栓症

    ガラスビーズ管試験 ガラスビーズ管試験 では、粘着能に異状はないので血小板の減少が見られる。 歴史 1918年に グランツマン によって報告された。 凝固・線溶系 [ 編集 ] 血友病 フォン・ヴィレブランド病 フォン・ヴィレブランド病は、フォン・ヴィレブランド因子が先天的に欠損した病気。[ja.wikipedia.org] 予防薬の低分子量ヘパリンと第10凝固因子阻害薬が承認されたのです。 日本の患者さんでも、これらの薬剤に静脈血栓塞栓症を減少させる効果が認められ、脚の手術や腹部手術には予防薬が用いられることが多くなりました。 ただし、これらの予防薬で出血性の合併症も起こり得るので、使用は担当医の判断によります。[ncvc.go.jp]

  • 冠動脈塞栓症

    予防薬の低分子量ヘパリンと第10凝固因子阻害薬が承認されたのです。 日本の患者さんでも、これらの薬剤に静脈血栓塞栓症を減少させる効果が認められ、脚の手術や腹部手術には予防薬が用いられることが多くなりました。 ただし、これらの予防薬で出血性の合併症も起こり得るので、使用は担当医の判断によります。[ncvc.go.jp]

  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群

    図4 左冠動脈の拡張と新生血管がみられる 図5 右冠動脈の拡張と蛇行がみられる 3)出血傾向 von Willebrand因子をはじめとする凝固因子の低下,血小板の減少や機能異常により,出血傾向を示す.前述のような末梢血管の増生もあるため,鼻出血,歯肉出血,月経過多などがよくみられる.再手術時に大量の出血をきたすこともあり,注意を要する.[jpccs.jp]

  • 肺性心

    図4 左冠動脈の拡張と新生血管がみられる 図5 右冠動脈の拡張と蛇行がみられる 3)出血傾向 von Willebrand因子をはじめとする凝固因子の低下,血小板の減少や機能異常により,出血傾向を示す.前述のような末梢血管の増生もあるため,鼻出血,歯肉出血,月経過多などがよくみられる.再手術時に大量の出血をきたすこともあり,注意を要する.[jpccs.jp]

  • 心臓性喘息

    【肝硬変】 21 肝硬変は肝臓の機能が大きく低下するため、全身的にタンパク量の低下や血液の凝固に関わる因子減少が起こります。特に血小板数が減少している場合は、出血しやすく皮下出血斑などが見られることがあります。抜歯後に血が止まりにくいことが予想されますので、血液検査値を歯科医師に提示し、担当の医師にも十分相談して下さい。[jjmcp.jp]

さらなる症状