Create issue ticket

考えれる33県の原因 再発肺塞栓症

  • 深部静脈血栓症

    *下大静脈フィルターを使用する場合となるのは、 ①出血のリスクが高く、抗凝固薬が使えない場合 ②抗凝固薬を使用しても血栓が繰り返し再発した場合 ③次にを起こすと命にかかわる場合 (特に右心不全を合併した重症の急性肺血栓塞栓で、大きな血栓がある場合) *下腿に限局する静脈血栓の場合には下肢静脈超音波法により経過を観察し、中枢側に伸展した[jrs.or.jp] ・その他の治療 特に血行動態が不安定な急性を起こしている場合に、 ・血栓溶解療法 ・カテーテルを用いた血栓除去術 ・外科的血栓摘除術 また、肺動脈塞栓症を予防するために、 ・下大静脈フィルター挿入* なども挙げられますが、これらは全て専門医の判断によって選択されます。[jrs.or.jp] 治療中も積極的に足を動かす運動を行うなどの再発予防が最も重要 になります。[jrs.or.jp]

  • 血栓塞栓症

    *下大静脈フィルターを使用する場合となるのは、 ①出血のリスクが高く、抗凝固薬が使えない場合 ②抗凝固薬を使用しても血栓が繰り返し再発した場合 ③次にを起こすと命にかかわる場合 (特に右心不全を合併した重症の急性肺血栓塞栓で、大きな血栓がある場合) *下腿に限局する静脈血栓の場合には下肢静脈超音波法により経過を観察し、中枢側に伸展した[jrs.or.jp] ・その他の治療 特に血行動態が不安定な急性を起こしている場合に、 ・血栓溶解療法 ・カテーテルを用いた血栓除去術 ・外科的血栓摘除術 また、肺動脈塞栓症を予防するために、 ・下大静脈フィルター挿入* なども挙げられますが、これらは全て専門医の判断によって選択されます。[jrs.or.jp] 治療中も積極的に足を動かす運動を行うなどの再発予防が最も重要 になります。[jrs.or.jp]

  • プロテインC欠乏症

    小児期から成人期にかけては、再発性の静脈血栓 (深部静脈血栓症や塞栓症など)を発症し、とりわけ急性肺塞栓症は生命に関わります。さらには若年性脳梗塞などの動脈血栓症、あるいは習慣流産との関連も示唆されています。[nanbyou.or.jp] 小児期から成人期にかけて、プロテインC、プロテインSやアンチトロンビンの欠乏にともない、再発性の静脈血栓塞(深部静脈血栓症や栓症など)を発症します。長時間足を動かさずに同じ姿勢でいると、足の深部にある静脈に血栓ができて、大腿から下腿に発赤、むくみ、腫れ、痛みなどが出現します(深部静脈血栓症)。[nanbyou.or.jp]

  • 先天性アンチトロンビンIII欠乏症,

    小児期から成人期にかけては、再発性の静脈血栓 (深部静脈血栓症や塞栓症など)を発症し、とりわけ急性肺塞栓症は生命に関わります。さらには若年性脳梗塞などの動脈血栓症、あるいは習慣流産との関連も示唆されています。[nanbyou.or.jp] 小児期から成人期にかけて、プロテインC、プロテインSやアンチトロンビンの欠乏にともない、再発性の静脈血栓塞(深部静脈血栓症や栓症など)を発症します。長時間足を動かさずに同じ姿勢でいると、足の深部にある静脈に血栓ができて、大腿から下腿に発赤、むくみ、腫れ、痛みなどが出現します(深部静脈血栓症)。[nanbyou.or.jp]

  • 先天性プロテインC欠乏症

    先天性プロテインC欠乏症 肝臓で生成され、凝固を抑制する働きがあるプロテインCが生まれながらに欠乏している病気です。プロテインCが完全に欠乏したホモ接合体プロテインC欠乏症の場合、出生直後より致死性の電撃性紫斑病を呈します。 血中濃度が正常の約半分となるヘテロ接合体プロテインC欠乏症では、深部静脈血栓症や肺塞栓症を起こします。治療としては活性化プロテインC製剤などが用いられます。 ※「電撃性紫斑病」:重症で急激な経過をたどって死に至る、皮膚内出血を特徴とする疾患。 ページトップ[ketsukyo.or.jp]

  • 下大静脈フィルター

    主要有効性アウトカムは、3ヵ月時点での症候性再発とし、副次アウトカムには、6ヵ月時点の再発、症候性深部静脈血栓症、重大出血、死亡で3ヵ月、6ヵ月時点で評価した。またフィルター関連合併症も評価に含まれた。[carenet.com] 5) 合併症 静脈フィルター留置術の合併症として、フィルターの誤挿入、傾斜、開脚不全、破損、脚部フックの静脈壁穿孔、穿刺部位での血栓形成・血腫形成・蜂窩織炎、フィルターでの血栓形成、フィルター部での静脈閉塞、深部静脈血栓再発血栓塞再発、穿刺時の空気栓・気胸・血胸などが報告されている。[jsth.org] *下大静脈フィルターを使用する場合となるのは、 ①出血のリスクが高く、抗凝固薬が使えない場合 ②抗凝固薬を使用しても血栓が繰り返し再発した場合 ③次にを起こすと命にかかわる場合 (特に右心不全を合併した重症の急性肺血栓塞栓で、大きな血栓がある場合) *下腿に限局する静脈血栓の場合には下肢静脈超音波法により経過を観察し、中枢側に伸展した[jrs.or.jp]

  • 再発肺塞栓症

    おわりに は、発症後も再発のリスクがあります。そのため、治療中も再発の可能性を考慮した観察と看護が大切です。 深部静脈血栓症を発症しないように、安静指示の範囲内での体動や弾性ストッキングの着用を試みましょう。また、フットポンプなどを使用した、間欠的空気圧迫法を適宜実施しながら予防に努めることがとても大切です。[kango-oshigoto.jp] 慢性期には、薬物および医療用弾性ストッキングによる血栓の再発防止を行います。その他、足の静脈炎が再発する場合には、の予防のために、血管内カテーテルを通じて、大静脈にフィルター(血栓が心臓、肺動脈に行かないようにするもの)を留置することもあります。 予防法は?[daiichihosp.jp] 同氏は「肺塞栓症はきちんと治療したつもりでも畑尾選手のように元通りに回復しない例も多く、約30%は後症候群となる。そのような患者では生涯にわたって再発を予防しなければならない」と指摘した。 異変を感じたら早めの受診を もう一度ピッチに立つために...。畑尾選手は、治療に専念することを決意した。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 肺塞栓症

    おわりに は、発症後も再発のリスクがあります。そのため、治療中も再発の可能性を考慮した観察と看護が大切です。 深部静脈血栓症を発症しないように、安静指示の範囲内での体動や弾性ストッキングの着用を試みましょう。また、フットポンプなどを使用した、間欠的空気圧迫法を適宜実施しながら予防に努めることがとても大切です。[kango-oshigoto.jp] *下大静脈フィルターを使用する場合となるのは、 ①出血のリスクが高く、抗凝固薬が使えない場合 ②抗凝固薬を使用しても血栓が繰り返し再発した場合 ③次にを起こすと命にかかわる場合 (特に右心不全を合併した重症の急性肺血栓塞栓で、大きな血栓がある場合) *下腿に限局する静脈血栓の場合には下肢静脈超音波法により経過を観察し、中枢側に伸展した[jrs.or.jp] 発症後も急変のリスクがあるため、適切な治療を行いながら再発の可能性も念頭に置いておきましょう。の症状や新たな兆候が無いかを観察していきます。抗凝固療法や血栓溶解療法実施時には、出血傾向へも注意が必要です。 詳しく説明すると こんにちは。ご質問ありがとうございます。[kango-oshigoto.jp]

  • 血栓性静脈炎

    深部静脈血栓再発は、血栓塞や動脈栓症を発症する可能性があります。今後の経過のなかで再発を予防していくためには、患者さんの生活環境をふまえたうえで、運動や圧迫療法を行っていくことが大切です。[kango-oshigoto.jp] 慢性期には、薬物および医療用弾性ストッキングによる血栓の再発防止を行います。その他、足の静脈炎が再発する場合には、の予防のために、血管内カテーテルを通じて、大静脈にフィルター(血栓が心臓、肺動脈に行かないようにするもの)を留置することもあります。 予防法は?[daiichihosp.jp]

  • 血栓症

    *下大静脈フィルターを使用する場合となるのは、 ①出血のリスクが高く、抗凝固薬が使えない場合 ②抗凝固薬を使用しても血栓が繰り返し再発した場合 ③次にを起こすと命にかかわる場合 (特に右心不全を合併した重症の急性肺血栓塞栓で、大きな血栓がある場合) *下腿に限局する静脈血栓の場合には下肢静脈超音波法により経過を観察し、中枢側に伸展した[jrs.or.jp] ・その他の治療 特に血行動態が不安定な急性を起こしている場合に、 ・血栓溶解療法 ・カテーテルを用いた血栓除去術 ・外科的血栓摘除術 また、肺動脈塞栓症を予防するために、 ・下大静脈フィルター挿入* なども挙げられますが、これらは全て専門医の判断によって選択されます。[jrs.or.jp] 治療中も積極的に足を動かす運動を行うなどの再発予防が最も重要 になります。[jrs.or.jp]

さらなる症状