Create issue ticket

考えれる67県の原因 再発性胸水

  • 膀胱の悪性新生物

    左肺癌 主:二重癌 1)右肺癌(小細胞癌)治療後再発 a)浸潤・転移:左肺・横隔膜・大脳・大動脈(弓部外膜)・肝・大腸・膀胱・ダグラス窩 b)リンパ節:右肺門・膵後部・右頚部・大動脈周囲 2)甲状腺癌(乳頭状癌・潜在癌)甲状腺右葉下極(直径5mm) 副:1)胃潰瘍(ul-2) 2)左室求心性肥大 3)両腎鬱血軽度 4)脾臓鬱血・萎縮 5)血胸水[nirs.qst.go.jp] 6)下行結腸憩室(多数) 8)糞石 放・化 618 佐倉市 57才 女 主婦 食道癌術後再発 主:食道癌(低分化扁平上皮癌)治療後再発 食道全摘術術後(胸骨後・胃管造設) a)浸潤・転移:胸椎・胸膜・心外膜・大動脈外膜 b)リンパ節:左頚部 副:1)右肺気管支肺炎 2)卵巣萎縮・白体形成 3)脾鬱血 4)骨髄過形成 5)子宮筋腫(石灰化)[nirs.qst.go.jp]

  • 胸膜炎

    エビデンスが十分でなく、再発胸水や虚脱肺の症例に対する胸膜癒着術や胸腔カテーテル留置の代替法とはいえない。 1. Rodriguez-Panadero F, et al.[medical.nikkeibp.co.jp] 6.長期間にわたる外来での胸腔留置カテーテル 虚脱した肺を伴い、再発で症状を呈する悪性胸水をコントロールするために、皮下トンネルを作成し留置した胸腔カテーテルを、ディスポーザブルの真空吸引容器に接続し携帯する方法もある。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    慢性好酸球肺炎: 急性好酸球肺炎と異なり、胸水出現は少ない。再発しやすく臨床経過が長期。ステロイドに良好に反応するが、漸減中や中止後に再燃することが多く、6ヶ月以上の治療継続が必要。 急性好酸球性肺炎の診断基準(NEJM 1989) 項目 1. 7日以内の急性経過 2. 60mmHg以下の低酸素血症 3.[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 妊娠性そう痒性蕁麻疹様丘疹

    慢性好酸球肺炎: 急性好酸球肺炎と異なり、胸水出現は少ない。再発しやすく臨床経過が長期。ステロイドに良好に反応するが、漸減中や中止後に再燃することが多く、6ヶ月以上の治療継続が必要。 急性好酸球性肺炎の診断基準(NEJM 1989) 項目 1. 7日以内の急性経過 2. 60mmHg以下の低酸素血症 3.[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    【症例一覧】 症例1:大腸癌再発 腹膜播種 50代 女性 症例2:癌胸水 転移肺癌 原発不明 30代 女性 症例3:悪性リンパ腫 60代 女性 症例4:大腸癌再発 肺転移 50代 女性 症例5:関節リウマチ 50代 女性 症例6:股関節痛 40代 女性 症例7:非結核性抗酸菌症 冷え症 60代 女性 症例8:過敏性腸症候群 30代 女性[otakikou.jimdo.com]

  • 血気胸

    が出現し再ドレナージを開始.難治気胸も再発し,ドレーン抜去できぬまま全身が著しく衰弱し,術後約2ヶ月で死亡された.[haigan.gr.jp] 対し切除術,IL-2療法を施行するも局所再発を来たし追加切除,電子線照射を施行した.2011年2月右気胸を発症し,胸腔ドレナージ後に胸膜癒着療法を施行するも再発.5月17日胸腔鏡下手術を施行した.責任病変と考えられるブラを切除したが,病理組織診は血管肉腫肺転移の診断であった.第2病日ドレーンを抜去のうえ自宅退院とするも,経過観察中に右大量胸水[haigan.gr.jp]

  • 胸水を伴った気胸

    おもな気胸関連 奨励賞 1.2016年 アジア呼吸機能イメージング学会 研究プレゼンテーション賞 月経随伴性気胸 ・胸腔内子宮内膜症の特殊光を用いた微小病変の同定方法に関する研究 2.2018年 日本外科学会 優秀演題賞 月経随伴気胸 に関する 胸水の流れを考慮した手術方法 この方法を用いることで、胸腔鏡手術後の再発率を約20%に低下させ[chiba-saiseikai.com]

  • 乳び胸

    ヒトでは、胸膜癒着術は再発自然気胸、乳び胸および悪性胸水の治療で行われている。小動物臨床ではテトラサイクリンがその硬化剤として従来より用いられているが、成功率は50%ほどで治療法としてあまり期待されていない。医学では国内でOK-432を用いた胸膜癒着術での成功例が散見され、犬の乳び胸治療でも有用であったとする報告 1 もみられる。[sagamigaoka-ac.com] 胸管結紮による胸腔内へのリンパ液の漏出防止、心膜切除による右心系静脈圧の正常化によって胸水の減少に対して十分な効果が得られたと考えられる。また、外科的手術を行った場合にも再発の可能は考えられる。たとえば、胸管結紮において胸管の分岐のバリエーションが多くすべてを結紮することが困難な場合などが挙げられる。[kameidovet.com]

  • リンパ球性胃炎

    慢性好酸球肺炎: 急性好酸球肺炎と異なり、胸水出現は少ない。再発しやすく臨床経過が長期。ステロイドに良好に反応するが、漸減中や中止後に再燃することが多く、6ヶ月以上の治療継続が必要。 急性好酸球性肺炎の診断基準(NEJM 1989) 項目 1. 7日以内の急性経過 2. 60mmHg以下の低酸素血症 3.[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 好酸球性胃炎

    慢性好酸球肺炎: 急性好酸球肺炎と異なり、胸水出現は少ない。再発しやすく臨床経過が長期。ステロイドに良好に反応するが、漸減中や中止後に再燃することが多く、6ヶ月以上の治療継続が必要。 急性好酸球性肺炎の診断基準(NEJM 1989) 項目 1. 7日以内の急性経過 2. 60mmHg以下の低酸素血症 3.[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状