Create issue ticket

考えれる88県の原因 再発性気管支炎

  • 慢性閉塞性肺疾患

    […] panbronchitis; DPB 気管支拡張症 bronchiectasia 再発多発軟骨 ...気管支軟骨の炎症性肥大により、次第に気道狭窄を来たす。[ja.wikipedia.org] 免疫・アレルギー性疾患 [ 編集 ] 気管支喘息 過敏肺臓 Wegener肉芽腫症 Goodpasture症候群 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 allergic bronchopulmonary aspergillosis 再発多発性軟骨 気管支 軟骨 の炎症性肥大のため気道狭窄を来たす。[ja.wikipedia.org] 肺結核 肺非定型抗酸菌症 nontuberculous mycobactelial infection NTM 嚥下肺炎 aspiration pneumonia 閉塞肺疾患 [ 編集 ] 肺気腫 慢性閉塞肺疾患 chronic obstructinve pulmonary disease; COPD びまん汎細気管支 diffuse[ja.wikipedia.org]

  • 線維性気管支炎

    概要 間質性肺炎(かんしつせいはいえん)とは、肺の間質(肺の空気が入る部分である肺胞を除いた部分で、主に肺を支える役割を担っている)を中心に炎症を来す疾患の総称です。特発性肺線維症(単に肺線維症ともいう)など多様な病型を含んでいますが、その多くは原因が不明であり、また治療も困難な疾患です。肺は血液中のガス(酸素、二酸化炭素)を大気中のものと交換する臓器であり、大気を取り込む肺胞と毛細血管とが接近して絡み合っています。この肺胞の壁(肺胞壁)や肺胞を取り囲んで支持している組織を間質といいます。[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 心房中隔欠損

    心房中隔欠損(しんぼうちゅうかくけっそん、英: atrial septal defect,ASD)は心臓の右心房と左心房を隔てる心房中隔に穴が開いた病気。 右心房と左心房を併せて心房という。左右の心房を隔てる壁を心房中隔と言う。心房中隔に穴が空いた病気。穴のことを「孔」といい、穴が開いた状態のことを「欠損」といい、開いた穴を「欠損孔」という。 左心系と右心系の血液が毛細血管を経ずに移動することを「短絡」(シャント、shunt)という。左心系から右心系への短絡を「左右短絡」、右心系から左心系への短絡を「右左短絡」という。本症は短絡性心疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺疾患

    […] panbronchitis; DPB 気管支拡張症 bronchiectasia 再発多発軟骨 ...気管支軟骨の炎症性肥大により、次第に気道狭窄を来たす。[ja.wikipedia.org] 免疫・アレルギー性疾患 [ 編集 ] 気管支喘息 過敏肺臓 Wegener肉芽腫症 Goodpasture症候群 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 allergic bronchopulmonary aspergillosis 再発多発性軟骨 気管支 軟骨 の炎症性肥大のため気道狭窄を来たす。[ja.wikipedia.org] 肺結核 肺非定型抗酸菌症 nontuberculous mycobactelial infection NTM 嚥下肺炎 aspiration pneumonia 閉塞肺疾患 [ 編集 ] 肺気腫 慢性閉塞肺疾患 chronic obstructinve pulmonary disease; COPD びまん汎細気管支 diffuse[ja.wikipedia.org]

  • 気管支拡張症

    ; DPB 気管支拡張症 bronchiectasia 再発多発軟骨...気管支軟骨の炎症性肥大により、次第に気道狭窄を来たす。[ja.wikipedia.org] [21] 人で気管支拡張症の後天的原因は、気管支の閉塞(例えば喘息、慢性気管支、汎細気管支、腫瘍、異物、肺門リンパ節腫脹、再発誤嚥性肺炎および気管支結石)および壊死を引き起こす疾病あるいは化膿性肺炎があげられる。[sagamigaoka-ac.com] 気管支喘息 過敏肺臓 Wegener肉芽腫症 Goodpasture症候群 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 allergic bronchopulmonary aspergillosis 再発多発性軟骨 気管支軟骨の炎症性肥大のため気道狭窄を来たす。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性免疫不全症

    免疫には、抗体による液性免疫と、リンパ球の中のT細胞による細胞性免疫とがあって、そのいずれかあるいは両方の生まれつきの欠陥で免疫不全となります(先天性免疫不全症候群)。また、液性免疫反応に重要な役割を果たす補体が欠損していても免疫不全が起こります(表7―13)。 液性免疫不全 血液中の主要なたんぱく質はアルブミンとグロブリンです。抗体は、グロブリンに属し免疫グロブリン(Ig)と呼ばれ、G、A、M、D、Eの5種類があります。正常の場合、血液中にはIgGがもっとも多く、A、M、D、Eの順に少なくなります。 【無ガンマグロブリン血症】[…][cocokarada.jp]

  • 多発性骨髄腫

    基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 更新・確認日:2017年04月12日 [ 履歴 ] 履歴 2017年04月12日 「多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新しました。 2015年05月26日 タブ形式に変更しました。「多発性骨髄腫の診療指針 第3版(2012年10月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」より内容を更新しました。 2006年11月14日 「多発性骨髄腫の診断」を掲載しました。 1.多発性骨髄腫とは[…][ganjoho.jp]

  • 嚢胞性線維症

    お子さんは呼吸器感染(肺炎、気管支炎)を繰り返していませんか? お子さんにキスをしたとき、塩辛く感じませんか? 合わせて、次のような症状があったら、嚢胞性線維症(CF)かもしれません。 ・生後まもなく胎便性イレウス(腸閉塞)をおこした ・咳を繰り返す ・便の量が多い ・脂肪便が出る ・便に特有の臭いがある ・体重がなかなか増えない ・副鼻腔炎がある *症状には個人差があります。全ての症状が現れるわけではありません。 Enter Copyright (C) 2012 Japan Cystic Fibrosis Network All Rights Reserved.[jcfn.jimdo.com]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 中葉症候群

    【 中葉症候群はどんな病気? 】 肺は、肺に入った気管が枝分かれするのにしたがって、その先の肺の実質組織も左の肺は上・下葉に、右の肺は上・中・下葉に分かれています。中葉症候群とは、右の中葉や左の舌状区という部分に起こる無気肺(肺の中の空気が著しく減少したり、灰の中に空気が入っていない領域が出来ること)や慢性の炎症を言います。気管支拡張症などによる中葉気管支の慢性的な炎症が主な原因とされています。 【 中葉症候群の症状 】[…][hospita.jp]

さらなる症状