Create issue ticket

考えれる293県の原因 再発性感染症, 敗血症, 水痘

  • 低ガンマグロブリン血症

    (相互作用) 併用注意:非経口用生ワクチン(麻疹ワクチン、おたふくかぜワクチン、風疹ワクチン、麻疹・おたふくかぜ・風疹の混合ワクチン、水痘ワクチン等)[本剤の投与を受けた者は、生ワクチンの効果が得られない恐れがあるので、生ワクチンの接種は本剤投与後3カ月以上延期し、また、生ワクチン接種後14日以内に本剤を投与した場合は、投与後3カ月以上経過[medical.nikkeibp.co.jp] 感染しやすさ 感染症、特に細菌感染症として肺炎、中耳炎、膿皮症、敗血症等に反復して罹患し、重症かつ遷延化する。[nivr.jeed.or.jp] これに加えて,IVIGには,サイトメガロウイルス,アデノウイルス,水痘帯状疱疹ウイルス,麻疹ウイルス,風疹ウイルス,ムンプスウイルス,インフルエンザウイルス,エンテロウイルス,コクサッキーウイルスなどの抗ウイルス抗体や,抗菌薬活性の期待しにくいメタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌,バンコマイシン低感受性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)[blog.goo.ne.jp]

  • 先天性後天性免疫不全症候群
  • 先天性好中球減少症

    本疾患群は再発しやすく、しばしば生後数カ月の間に致死的な感染を発症する。重症先天好中球減少症では、好中球エラスターゼの遺伝子である ELANE の常染色体優性突然変異と顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)のシグナル伝達を活性化するタンパク質の遺伝子である HAX1 の常染色体劣性突然変異が最も頻度の高い病原性変異として認められている。[natureasia.com] こうした見逃し例を減らすためには,原発性免疫不全症候群の徴候を知っておく必要がある.原発性免疫不全症候群では,まず易感染性が疑うべき徴候である.例えば,中耳炎や肺炎を繰り返す,水痘が重症化する,肺炎球菌ワクチンを接種していても重症の肺炎球菌感染を起こす,感染症への抗菌薬,抗ウイルス薬,抗真菌薬への反応性が不良である,EBウイルス持続感染を起[shindan.co.jp] SCNは,生後より気道感染症,歯肉炎,肛門周囲膿瘍,皮膚感染症などの細菌感染症を反復し, 肺炎,敗血症などの重症感染症を合併します.[informa.medilink-study.com]

  • 重症複合免疫不全症

    重症複合免疫不全 Sever Combined Immunodeficiency(SCID)  どんな病気か? 免疫不全によって、感染にかかりやすくなる病気。 原因遺伝子により2タイプに分かれる。  症状は? ・再発、慢性で、長引く感染を起こす。しかも、正常なら大丈夫な病原体に対して。 ・抗生物質に対する反応が遅い、悪い、無い。[mixi.jp] こうした見逃し例を減らすためには,原発性免疫不全症候群の徴候を知っておく必要がある.原発性免疫不全症候群では,まず易感染性が疑うべき徴候である.例えば,中耳炎や肺炎を繰り返す,水痘が重症化する,肺炎球菌ワクチンを接種していても重症の肺炎球菌感染を起こす,感染症への抗菌薬,抗ウイルス薬,抗真菌薬への反応性が不良である,EBウイルス持続感染を起[shindan.co.jp] 全身に感染症が広がる”敗血症”と呼ばれる合併症が起きた場合には、治療が困難になり重篤になる可能性があります。 検査・診断 血液検査 血液に含まれる免疫細胞を調べます。きちんと外敵を倒すはたらきが機能しているかどうか確認します。特にリンパ球と呼ばれるT細胞やB細胞、NK細胞の数を調べ、正常に外敵を攻撃できるのか詳細に調べます。[medicalnote.jp]

  • 原発性免疫不全症

    感染しやすさ 感染症、特に細菌感染症として肺炎、中耳炎、膿皮症、敗血症等に反復して罹患し、重症かつ遷延化する。[nivr.jeed.or.jp] 「HYQVIA」は、2013年に欧州で、原発免疫不全症候群および重度の続発低ガンマグロブリン血および再発感染を伴う骨髄腫や慢性リンパ性白血病(CLL)の成人(18歳以上)を適用として承認されています。 現在、ドイツ、オランダ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、アイルランド、イタリアなどの欧州諸国で処方されています。[baxter.co.jp] (難病情報センター資料) 1.主に抗体産生不全によるもの 反復性気道感染症(中耳炎、副鼻腔炎を含む)、 重症細菌感染症(肺炎、髄膜炎、敗血症など)、気管支拡張症、膿皮症、化膿性リンパ節炎、遷延性下痢 2.主に細胞性免疫不全によるもの 遷延性下痢、難治性口腔カンジダ症、ニューモシスチス肺炎、ウイルス感染の遷延・重症化(ことに水痘) 免疫グロブリン[heisei.or.jp]

  • 野兎病髄膜炎

    口内炎 再発ヘルペスウイルス口内炎 ヘルペスウイルス咽頭炎 ヘルペスウイルス歯肉口内炎 その他の型のヘルペスウイルス感染 ヘルペスウイルス肝炎 ヘルペスウイルスひょう疽 ヘルペスウイルス感染,詳細不明 ヘルペスウイルス感染 再発単純ヘルペス 単純ヘルペス 痘瘡 痘瘡 サル痘 サル痘 ウイルス(性)いぼ 疣 疣贅 ウイルス[scuel.me] (入院例に限る) H00366 水痘 dsDNAウイルス 先天性風しん症候群 H00395 風疹 ssRNAウイルス 梅毒 H00354 梅毒 スピロヘータ 播種性クリプトコックス症 H00364 クリプトコッカス症 菌類 破傷風 H00337 破傷風 グラム陽性菌 バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症 H00331 バンコマイシン耐性[genome.jp] , 詳細不明 皮膚炭疽 A220 皮膚炭疽 H00328 肺炭疽 A221 肺炭疽 胃腸炭疽 A222 胃腸炭疽 炭疽敗血症 A227 炭疽敗血症 炭疽髄膜炎 A228 その他の型の炭疽 炭疽 A229 炭疽, 詳細不明 地中海熱 A230 メリテンジス菌によるブルセラ症 H00325 バング熱 流産熱 A231 ウシ流産菌によるブルセラ症[kegg.jp]

  • 皮膚感染症

    本剤は、2008年7月に成人と小児における敗血症、肺炎、腎盂腎炎および複雑性膀胱炎を適応症として承認され、2012年9月には腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎および胆管炎の適応症が、また、2015年6月には発熱性好中球減少症の適応症が承認されています。[taiho.co.jp] また,通常の乾癬(尋常乾癬)に移行し、感染や薬剤投与などをきっかけに膿疱が再発することがあります。 皮膚症状のほかに、しばしば関節炎や、まれに目の症状や粘膜病変を起こします。関節炎や全身炎症反応が長期にわたると、関節や背骨の変形や、まれにアミロイドが腎臓、消化管や心臓に沈着するために内臓の症状を起こすことがあります。[nanbyou.or.jp] 2.帯状疱疹 1) 原因 水痘・帯状疱疹ウイルスによります。多くのヒトは子供の頃に水ぼうそう(水痘)になります が、それが治った後もウイルスは神経細胞を取り巻く細胞(サテライト細胞)の中に潜んでいます。[hiroshima.med.or.jp]

  • D因子不足による再発性ナイセリア感染症

    およびリンパ組織形成不全がより高頻度 正常免疫グロブリンの選択的な抗体欠損 不明 — 再発の副鼻腔肺感染 ときにアトピーの症状(例,アトピー皮膚炎,喘息,慢性鼻炎) 選択的IgA欠損 不明 一部の症例では TACI 無症状のことが最も多い 再発の副鼻腔肺感染,下痢,アレルギー(アナフィラキシー性の輸血反応[まれ]を含む),自己免疫疾患[msdmanuals.com] ヘルペスウイルス感染 1) 原発性ヘルペス性歯肉口内炎 2) 再発性口腔ヘルペス 3) 水痘・帯状疱疹感染 b. その他 3. 真菌由来歯肉疾患 a. ヵンジダ感染 1) 広汎型歯肉ヵンジダ症 b. 線状歯肉紅斑 c. ヒストプラスマ症 d. その他 4. 遺伝性歯肉病変 a. 遺伝性歯肉線維腫症 b. その他 5.[jstage.jst.go.jp] 敗血症、髄膜炎、肺炎発症者の呼吸器分泌物に曝露した家族および同居者、医療従事者は曝露後における抗菌薬による予防投薬が推奨されている 1,2) 。[niid.go.jp]

  • レプトスピラ性髄膜炎

    口内炎 再発ヘルペスウイルス口内炎 ヘルペスウイルス咽頭炎 ヘルペスウイルス歯肉口内炎 その他の型のヘルペスウイルス感染 ヘルペスウイルス肝炎 ヘルペスウイルスひょう疽 ヘルペスウイルス感染,詳細不明 ヘルペスウイルス感染 再発単純ヘルペス 単純ヘルペス 痘瘡 痘瘡 サル痘 サル痘 ウイルス(性)いぼ 疣 疣贅 ウイルス[scuel.me] (入院例に限る) H00366 水痘 dsDNAウイルス 先天性風しん症候群 H00395 風疹 ssRNAウイルス 梅毒 H00354 梅毒 スピロヘータ 播種性クリプトコックス症 H00364 クリプトコッカス症 菌類 破傷風 H00337 破傷風 グラム陽性菌 バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症 H00331 バンコマイシン耐性[genome.jp] , 詳細不明 皮膚炭疽 A220 皮膚炭疽 H00328 肺炭疽 A221 肺炭疽 胃腸炭疽 A222 胃腸炭疽 炭疽敗血症 A227 炭疽敗血症 炭疽髄膜炎 A228 その他の型の炭疽 炭疽 A229 炭疽, 詳細不明 地中海熱 A230 メリテンジス菌によるブルセラ症 H00325 バング熱 流産熱 A231 ウシ流産菌によるブルセラ症[kegg.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    HOME PID知識の箱 真菌易感染症・慢性粘膜皮膚カンジタ(CMC) 真菌易感染・慢性粘膜皮膚カンジタ(CMC) 【監修】 北海道大学 山田 雅文先生 慢性皮膚粘膜カンジダ (CMC)は皮膚、爪、粘膜などの再発、難治性カンジダ感染を特徴とする原発性免疫不全である。[emeneki.com] 獨協医大・片桐一元) 食物アレルギー - スキンケアでアレルギーを予防する (自治医大・梅本尚可) 蕁麻疹 - 放っておくと慢性化することもあります (帝京大ちば・小林孝志) しもやけ - 手足が赤紫色に・・、それはしもやけです (神崎皮フ科・神崎俊一) 掌蹠膿疱症 - 手足に黄色いブツブツを繰り返します (川口工業総合病院・高河慎介) 水痘[saitamahifuka.org] おもに 口腔 ,皮膚,爪, 気管支 ,肺,腟などに病変を生じ,敗血症,心内膜炎を招くこともある。健康人に常在している菌であるが,免疫抵抗力が衰えたときなどに病原性を発揮し,いわゆる日和見 (ひよりみ) 感染症を起す。各種抗生物質の多用で細菌が死滅し,代りに 真菌類 が増殖するという菌交代現象で誘発されることが多い。[kotobank.jp]

類似した症状