Create issue ticket

考えれる601県の原因 再発性感染症

  • 原発性進行性多発性硬化症

    数カ月から数年間の寛解期間と再発が繰り返される病態。再発原因が不明な場合もあれば、インフルエンザなどの感染が引き金になる場合もある。 一次進行型 病状が進行しない一時的な停滞期間があるが、寛解せず徐々に病状が進行していく。 二次性進行型 発症初期は再発と寛解が繰り返されるが、緩やかに進行していく。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性免疫不全症

    「HYQVIA」は、2013年に欧州で、原発免疫不全症候群および重度の続発低ガンマグロブリン血および再発感染を伴う骨髄腫や慢性リンパ性白血病(CLL)の成人(18歳以上)を適用として承認されています。 現在、ドイツ、オランダ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、アイルランド、イタリアなどの欧州諸国で処方されています。[baxter.co.jp]

  • 多発性骨髄腫

    異なります: 形質細胞腫瘍のタイプ 患者さんの年齢と全身状態 腎不全または感染のような疾患に関連した症状あるいは健康障害がみられるかどうか がんが初回治療に反応したか、または再発(再燃)かどうか 病期 このセクションの要点 意識不明の単クローン性ガンマグロブリン血症(MGUS)、マクログロブリン血症、形質細胞腫には、標準的な病期はありません[imic.or.jp] この疾患と関係する徴候や症状または健康問題( 腎不全 や感染など)の有無。 初回治療が奏効するか、再発するか。 形質細胞腫瘍の病期 意義不明の単クローン免疫グロブリン血症(MGUS)、マクログロブリン血症、形質細胞腫に対する標準的な病期分類システムはありません。[cancerinfo.tri-kobe.org] 予後(治癒の可能性)は以下の条件によって異なります: 形質細胞性腫瘍のタイプ 疾患の病期 ある種の免疫グロブリン(抗体)が存在するかどうか ある種の遺伝子変化が存在するかどうか 腎不全あるいは感染症のような疾患に関連した症状あるいは健康障害がみられるかどうか がんが初回治療に反応したか、または再発(再燃)かどうか 治療法は以下の条件によって[imic.or.jp]

  • 多発性硬化症

    数カ月から数年間の寛解期間と再発が繰り返される病態。再発原因が不明な場合もあれば、インフルエンザなどの感染が引き金になる場合もある。 一次進行型 病状が進行しない一時的な停滞期間があるが、寛解せず徐々に病状が進行していく。 二次性進行型 発症初期は再発と寛解が繰り返されるが、緩やかに進行していく。[ja.wikipedia.org]

  • 小児急性リンパ芽球性白血病

    このセクションの要点 小児急性リンパ芽球性白血病(ALL)とは、骨髄中で未成熟リンパ球(白血球の一種)が過度に多くつくられるがんの一種です。 小児ALLにはサブグループがあります。 家族歴及び放射線曝露により小児急性リンパ芽球性白血病の発生リスクに影響がでる可能性があります。 小児急性リンパ芽球性白血病を疑う症状としては発熱や挫傷があります。 小児急性リンパ芽球性白血病を発見し診断するために、血液と骨髄を調べる検査が行われます。 諸条件により予後(治癒の可能性)や治療法の選択が変わります。[…][imic.or.jp]

  • 再生不良性貧血

    再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ、英: Aplastic anemia、略称: AA)とは骨髄機能低下による貧血の1つ。英語の正確な和訳は低形成貧血であり、日本語の「再生不良性」は別の研究者が提唱したaregenerative anemiaを和訳したものである。1950年代頃までは汎骨髄癆(はんこつずいろう)という名称も用いられた。 1888年にドイツの医学者パウル・エールリヒが、汎血球減少と子宮出血を起こして死亡した21歳女性を剖検したところ、大腿骨の骨髄髄質が脂肪化していたことを発見し、aplastische[…][ja.wikipedia.org]

  • B 細胞リンパ腫

    プレスリリース 報道関係各位 ノバルティス ファーマ株式会社 この資料は、ノバルティス(スイス・バーゼル)が2017年12月10日(現地時間)に発表したものを日本語に翻訳(要約)したもので、参考資料として提供するものです。資料の内容および解釈については英語が優先されます。英語版は をご参照ください。 6カ月時点で、CTL019を投与された患者さんの30%が完全奏効、奏効が得られた患者さんの無再発率は74%であり、奏効期間の中央値には未到達[…][novartis.co.jp]

  • 骨髄異形成

    HOME 特定疾患情報 不応性貧血(骨髄異形成症候群) 医療機関情報 患者団体情報 研究班名簿 特定疾患情報 (一般利用者向け) 診断・治療指針 (医療従事者向け) FAQ (よくある質問と回答) 1. 不応性貧血(骨髄異形成症候群, MDS)とは[…][web.archive.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 Disseminated DLEとして発症し, SLEへの移行を示し急性膵炎を併発した1例を報告した。患者は41才女子, プレドニソロン60mg投与で加療中, 心窩部痛後, 急激な左腹部痛が出現した。検査上, 血清および尿アミラーゼの上昇がみられ, 腹部エコーおよびCTにより膵臓の腫大と腹腔内の浸出液を認めたことから急性膵炎と診断した。ただちに膵床ドレナージ術を施行したが回復せず死亡した。剖検所見から急性出血性膵炎, 急性多発性胃潰瘍, 肺アスペルギルス症, 肝細胞変性などが確認された。[doi.org]

  • 後天性免疫不全症候群

    小腸炎を起こし、一ヶ月以上の下痢が続き体重が減少する イソスポーラ症(1ヶ月以上下痢の続く慢性腸炎) 細菌感染 非定型抗酸菌(肺、皮膚、頚部もしくは肺門リンパ節以外の部位、または、これに加え全身性に播種したもの) 化膿細菌感染 再発サルモネラ菌血 活動性結核 ウイルス感染症 サイトメガロウイルス感染症(肝、脾、リンパ節以外) 単純[kyumed.jp]

さらなる症状

類似した症状